MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

これからの季節、無性に釣りたくて食べたくなる魚の筆頭といえばキンメダイだろう。深場の釣りでちょっぴりマニアックな感があるけれど、実は釣り方もさまざまで気軽にエントリーできる釣りもあるのだ。

この日は貸し竿の初心者も多く見られたが、船長の言うとおりにやってみんな良型をゲット。つまり誰でも楽しめるというワケだ

「普段はオニカサゴをよくやるんですが、同じタックルでできるので、ここのキンメに挑戦してみました」。第1投から良型キンメが出た。

「うまそう!」。30㎝オーバーの良型がざっくざく。

「朝イチはいいのが食うよ」との船長の言葉通り、おいしそうなサイズが食ってきた。

タックルはイカタックルを流用している人が多かった。この気軽さがうれしい。後半はオニカサゴかキントキ&カイワリをねらうが、タックルはそのままでOKだ。

エサは紅染めのイカ短冊。ロッドホルダー(設置済み)とマグネットが用意されているので安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「水弘丸」。

「PE6号300mあれば十分。ビシアジやヤリイカの道具があればOK」
こんな手軽な道具立てでおいしいキンメダイが狙えるとわかれば、「いっちょやってみっかな!」と思いませんか?
ここ、網代港「水弘丸」の早朝LTキンメはタックルこそライトだが、良型キンメが次々と顔を出す魅力的な釣りなのだ。
「朝はとにかくいいサイズが食いますよ。ここでうまく数を稼げば、数釣りも可能です」と水野克行船長。
この日は貸し竿の初心者も多く見られたが、船長の言うとおりにやってみんな良型をゲット。つまり誰でも楽しめるというワケなのだ。
「ずっとやれば数は伸びますがサイズが小さくなります。ウチは良型狙いなので後半は別の魚を狙います」
定番のオニカサゴのほか、船長がオススメするのがキントキとカイワリの五目釣り。こちらも良型が数釣れて満足できるハズ。ぜひ挑戦を!

投入は落ち着いて、回収後は即エサ付けを

水深は220〜250mぐらいが多かった。

海底から15mほど縦長にキンメの反応が出ている。「こんな反応のときはバッチリ食うよ」(水野船長)。

投入回数が限られる深場の釣りは、次の投入に備えて準備を万端に!

ミヨシから順番に投入していく。船が反応を探しているときはオモリを持っていつでも投入できるようにしておきたい。

「水弘丸」のLTキンメ船は、後半に別の釣りをするリレー船形式を取っている。時間いっぱいまでやれば数は釣れるが、日が高くなるにつれ小型が多くなるからだ。このため、朝はとにかく重要なのだ。そして、投入さえできれば高確率でキンメをゲットできる。
投入はミヨシから左右1番、左右2番と順番に投入する。
仕掛けは、船備え付けのマグネット板に並べておき、オモリを軽く投げるだけでOKだ。慌てなければ初めてやっても十分に対応できる。
仕掛け落下中は軽くサミングしながらまっすぐ落ちるようにする。着底したら、船長から出た指示ダナまで巻き上げる。
「タナは海底から5〜7mぐらいのことが多いです。正確に上げてください」
これらの一連の動作は置き竿のままでいいという。
「ライトなので竿を持って誘う人がいますが、タナがボケちゃうことが多いので、置き竿でやってください」
うまくいけば、タナを取ってスグにアタリがあるはずだ。
「最初のアタリがあったら、1mずつ巻いて、次のアタリを出しましょう。スグに巻いてしまっては、1投で数匹しか釣れませんよ」
投入回数の限られる釣りだからこそ、1回でできるだけたくさんの魚を付けたい。
1mずつ巻いていき、ある程度追い食いさせられたと思ったら、自分の判断で巻き上げてOKだ。巻き上げは中速程度で、あまり早すぎると魚が外れてしまうので注意。
初めてキンメを釣ることができれば、その美しさとうまそうな魚体をうっとりと眺めてしまうことになる。しかし、ここでモタモタしている場合じゃない。
「仕掛けを回収したら、スグにエサを付けて次の投入の準備をしてください。反応が見つかればスグに投入しますから」
この、準備の差が釣果の差になると言ってもいいぐらい。最終的に投入回数にも影響するのだ。
カンタンで誰でも楽しめるLTキンメだが、この準備だけはしっかりとやりたい。
「後半は五目がいいよ。コマセ釣りでキントキ、カイワリなど大きいのが釣れるよ」

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読