沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


恐れることは何もないぞ! 最初はレンタルでもOKだ。ゾロゾロ鈴なりもカンタン!

大型キンメの3点掛け。これだけでも十分お土産になる。

大型キンメのズラズラ鈴なりになることも少なくない。ぜひ挑戦を!

400mほどのやや深場のポイントでは大型が。取材当日は潮が速く釣りずらかったが、潮が適当な速さで流れる日は、このサイズが鈴なりになる。

投入は治具を使う。ミヨシから順番に投入し、順番がきたらオモリを投げ入れる。

治具のワクを持っていれば、パラパラと仕掛けが出てゆく。投入は1日8回。治具に巻いた仕掛けを8セット用意する。

アタリがあったら追い食いを狙う。糸を出すのか、巻くのか、おい食いのさせかたは状況によって変わる。

巻き上げたら、移動中に新しい仕掛けに道糸とオモリをつなぎ投入の準備を整えておく。

宇佐美港から出船し、伊東南沖から大島沖のキンメダイを狙う。使うオモリは鉄筋の1.8㎏、リールはPE12号が1200m巻ける大型サイズが必要だ。ヘビータックルでの本格的なキンメ釣りといっていいだろう。ただし、だからといってビギナーには手がだせない難しい釣りというわけでは、まったくない。
必要なものは全て船宿でレンタルすれば良い。エサ付きの仕掛けも販売しているので、手ぶらで来てもOKだ。
写真のような大型がいい日は30枚ほど釣れている。ビギナーもぜひ挑戦を!

キンメダイ釣りのタックルはこうだっ。お金の掛かる釣りだが、レンタルならリーズナブル

リールはPE12号が1200m巻けるものを。

オモリは鉄筋の1.8㎏。

本格的なキンメ釣りでは、深場専用竿にPE12号以上を1000m以上巻ける大型電動リールという組み合わせが必要だ。これをそろえるのがビギナーには最初のハードルとなるだろう。
大型電動リールは定価20万から40万円前後と高価だ。竿は廉価版もあるが、それでも安いものではない。さらに仕掛けが胴付き15〜20本バリとおおがかりなもので、市販品だと1組千数百円から二千数百円前後。それを投入回数(場所により7、8回ほど)分用意すると1万円から2万円ほどになる。タックル代で数十万円、乗船料金が2万円弱、それに加えて仕掛け代が必要だ。キンメ釣りは他の浅場の釣りより多少お金がかかるのは覚悟しなくてはならないだろう。
ただし、レンタルタックルを用意している船も多いので、ビギナーはタックルを借りて挑戦してみてもいいだろう。たとえば、某船宿の場合。キンメ乗合の乗船料金竿が1万8000円。竿とリールのレンタル代が3000円、イカタンエサ付きの15本バリ仕掛けを1セット1000円で販売している。投入回数は8回なので、仕掛けを8セット買えば8000円。合計2万9000円で手ぶらでキンメ釣りが可能だ。
一度釣行してキンメにハマってしまったら自前のタックルを購入してもいいが、「年に1、2回ぐらいはキンメを釣りたい」というひとなら、レンタルでも十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

ブランド激旨!キンメダイをフルレンタルで釣りに行こう(ほうえい丸)

冬将軍が訪れるとキンメダイが食べたくなる。そんな釣り人も多いだろう。煮付けが代表の料理だが、伊豆下田須崎沖のキンメダイは、「新島キンメ」とか「トロキンメ」とも呼ばれ、伊豆の特産でブランド魚。身の脂の乗りが半端なく、刺身はむろん、炙り刺身、しゃぶしゃぶなどで食べたら、誰もが舌鼓を打つこと間違いなし。


キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

キンメがLTで手軽に…ワラサやイカ竿でOK!仕掛けご紹介(水弘丸)

常連さんたちの道具を見ると、リールこそ大型だが、竿は本当に青物用。ある常連さんの竿は「バンディッド・アオモノM‐200」(シマノ)だ。本当にワラサ釣りで使う竿である。リールは、「道糸が300m巻いてあれば十分です。道糸は6号から太くても10号まで。6号がベストですね」と水野船長。道糸6号が300mって…。


ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ドラグガチ締めてガンガン勝負! イカブリ仕掛け(秀正丸)

ヤリイカがいる場合、エサの確保はとても重要なので、しっかりとアタリを取れるヤリイカ専用タックルを持参するのが望ましい。1.7~1.9mほどの先調子ヤリイカ竿に、小型の電動リールを組み合わせる。オモリは80号なので、先調子気味のゲームロッドなどでもいいだろう。


スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

スローピッチジャークで狙う! 半夜のキンメ・クロムツ(松栄丸)

「おすすめのタックルセッティングは、ラインはPE1.5号、リーダーはフロロの6号です。現在のところはエサ釣りと同船なので、メインラインは細いくても太すぎてもトラブルが多くなってしまいます。とくに太いと水切れと感度が悪くなってしまうので、一番バランスがいいのが1.5号です」


金色の眼を持つ深海の人気魚”キンメダイ”仕掛け(ほうえい丸)

金色の眼を持つ深海の人気魚”キンメダイ”仕掛け(ほうえい丸)

「はい、やるよ。前から入れて」。「ほうえい丸」土屋忠宏船長の声に、一瞬で甦る若き頃の記憶。銭洲、御蔵、新島、利島、金洲に神子元…「忠兄ィ」こと土屋船長の元で繰り広げた、エキサイティングな釣りの数々が走馬灯の如く脳裏を過る。この日は忠兄ィと28年振りのキンメ釣り。


最新の投稿


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読