キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


恐れることは何もないぞ! 最初はレンタルでもOKだ。ゾロゾロ鈴なりもカンタン!

大型キンメの3点掛け。これだけでも十分お土産になる。

大型キンメのズラズラ鈴なりになることも少なくない。ぜひ挑戦を!

400mほどのやや深場のポイントでは大型が。取材当日は潮が速く釣りずらかったが、潮が適当な速さで流れる日は、このサイズが鈴なりになる。

投入は治具を使う。ミヨシから順番に投入し、順番がきたらオモリを投げ入れる。

治具のワクを持っていれば、パラパラと仕掛けが出てゆく。投入は1日8回。治具に巻いた仕掛けを8セット用意する。

アタリがあったら追い食いを狙う。糸を出すのか、巻くのか、おい食いのさせかたは状況によって変わる。

巻き上げたら、移動中に新しい仕掛けに道糸とオモリをつなぎ投入の準備を整えておく。

宇佐美港から出船し、伊東南沖から大島沖のキンメダイを狙う。使うオモリは鉄筋の1.8㎏、リールはPE12号が1200m巻ける大型サイズが必要だ。ヘビータックルでの本格的なキンメ釣りといっていいだろう。ただし、だからといってビギナーには手がだせない難しい釣りというわけでは、まったくない。
必要なものは全て船宿でレンタルすれば良い。エサ付きの仕掛けも販売しているので、手ぶらで来てもOKだ。
写真のような大型がいい日は30枚ほど釣れている。ビギナーもぜひ挑戦を!

キンメダイ釣りのタックルはこうだっ。お金の掛かる釣りだが、レンタルならリーズナブル

リールはPE12号が1200m巻けるものを。

オモリは鉄筋の1.8㎏。

本格的なキンメ釣りでは、深場専用竿にPE12号以上を1000m以上巻ける大型電動リールという組み合わせが必要だ。これをそろえるのがビギナーには最初のハードルとなるだろう。
大型電動リールは定価20万から40万円前後と高価だ。竿は廉価版もあるが、それでも安いものではない。さらに仕掛けが胴付き15〜20本バリとおおがかりなもので、市販品だと1組千数百円から二千数百円前後。それを投入回数(場所により7、8回ほど)分用意すると1万円から2万円ほどになる。タックル代で数十万円、乗船料金が2万円弱、それに加えて仕掛け代が必要だ。キンメ釣りは他の浅場の釣りより多少お金がかかるのは覚悟しなくてはならないだろう。
ただし、レンタルタックルを用意している船も多いので、ビギナーはタックルを借りて挑戦してみてもいいだろう。たとえば、某船宿の場合。キンメ乗合の乗船料金竿が1万8000円。竿とリールのレンタル代が3000円、イカタンエサ付きの15本バリ仕掛けを1セット1000円で販売している。投入回数は8回なので、仕掛けを8セット買えば8000円。合計2万9000円で手ぶらでキンメ釣りが可能だ。
一度釣行してキンメにハマってしまったら自前のタックルを購入してもいいが、「年に1、2回ぐらいはキンメを釣りたい」というひとなら、レンタルでも十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

激うまアコウ・キンメ・クロムツを狙って仕留めよう!(太郎丸)

うまい魚の代名詞、深場のアコウダイやキンメダイのシーズンが冬だと思っている方が多いと思いますが、実はこの時期、最も美味しいとツウ達が口を揃えて言うのをご存知でしたか?そんな魚をターゲットにアコウ五目で日々、相模湾の沖ノ瀬へ出船し、コンスタントな釣果を揚げているのが三浦半島小坪港の「太郎丸」だ。


3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

3kgオーバー浮上! 超大型を狙うなら今だ! キンメダイ(ほうえい丸)

ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。


型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

型と味には自信あり! 狙いは1kgオーバーのジャンボイサキ(村正丸)

川奈沖のイサキは型と味の良さがウリだ! 半日船、それも大抵マダイとのリレーで出船ということもあって「数ではトップ20〜30匹と他地区と比較して見劣りするかもしれないけど、型と味の良さでは絶対負けませんよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。


確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

確立した深海ルアーゲーム、大型キンメダイを釣る!【新島沖】

新島沖を舞台にしたキンメゲームが好調だ。「ほとんど出船ごとに型をみているよ。全員が釣ることも珍しくはないしね。みなさん狙いは3㎏クラスって感じで頑張っているね」と話す、弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。


ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

ジャンボイサキの多点掛け! 高級ゲストも!【東伊豆・宇佐美南沖】

春から夏にかけて東伊豆エリアで盛んになるのが、東伊豆南エリアへの遠征釣りだ。航程2時間ほどのポイントは、魚影が濃く、大型イサキ中心にシマアジやマダイ、イシダイ、ときにはヒラマサもまじる高級五目釣りが楽しめる。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読