MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。

恐れることは何もないぞ! 最初はレンタルでもOKだ。ゾロゾロ鈴なりもカンタン!

大型キンメの3点掛け。これだけでも十分お土産になる。

大型キンメのズラズラ鈴なりになることも少なくない。ぜひ挑戦を!

400mほどのやや深場のポイントでは大型が。取材当日は潮が速く釣りずらかったが、潮が適当な速さで流れる日は、このサイズが鈴なりになる。

投入は治具を使う。ミヨシから順番に投入し、順番がきたらオモリを投げ入れる。

治具のワクを持っていれば、パラパラと仕掛けが出てゆく。投入は1日8回。治具に巻いた仕掛けを8セット用意する。

アタリがあったら追い食いを狙う。糸を出すのか、巻くのか、おい食いのさせかたは状況によって変わる。

巻き上げたら、移動中に新しい仕掛けに道糸とオモリをつなぎ投入の準備を整えておく。

宇佐美港から出船し、伊東南沖から大島沖のキンメダイを狙う。使うオモリは鉄筋の1.8㎏、リールはPE12号が1200m巻ける大型サイズが必要だ。ヘビータックルでの本格的なキンメ釣りといっていいだろう。ただし、だからといってビギナーには手がだせない難しい釣りというわけでは、まったくない。
必要なものは全て船宿でレンタルすれば良い。エサ付きの仕掛けも販売しているので、手ぶらで来てもOKだ。
写真のような大型がいい日は30枚ほど釣れている。ビギナーもぜひ挑戦を!

キンメダイ釣りのタックルはこうだっ。お金の掛かる釣りだが、レンタルならリーズナブル

リールはPE12号が1200m巻けるものを。

オモリは鉄筋の1.8㎏。

本格的なキンメ釣りでは、深場専用竿にPE12号以上を1000m以上巻ける大型電動リールという組み合わせが必要だ。これをそろえるのがビギナーには最初のハードルとなるだろう。
大型電動リールは定価20万から40万円前後と高価だ。竿は廉価版もあるが、それでも安いものではない。さらに仕掛けが胴付き15〜20本バリとおおがかりなもので、市販品だと1組千数百円から二千数百円前後。それを投入回数(場所により7、8回ほど)分用意すると1万円から2万円ほどになる。タックル代で数十万円、乗船料金が2万円弱、それに加えて仕掛け代が必要だ。キンメ釣りは他の浅場の釣りより多少お金がかかるのは覚悟しなくてはならないだろう。
ただし、レンタルタックルを用意している船も多いので、ビギナーはタックルを借りて挑戦してみてもいいだろう。たとえば、某船宿の場合。キンメ乗合の乗船料金竿が1万8000円。竿とリールのレンタル代が3000円、イカタンエサ付きの15本バリ仕掛けを1セット1000円で販売している。投入回数は8回なので、仕掛けを8セット買えば8000円。合計2万9000円で手ぶらでキンメ釣りが可能だ。
一度釣行してキンメにハマってしまったら自前のタックルを購入してもいいが、「年に1、2回ぐらいはキンメを釣りたい」というひとなら、レンタルでも十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読