沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


恐れることは何もないぞ! 最初はレンタルでもOKだ。ゾロゾロ鈴なりもカンタン!

大型キンメの3点掛け。これだけでも十分お土産になる。

大型キンメのズラズラ鈴なりになることも少なくない。ぜひ挑戦を!

400mほどのやや深場のポイントでは大型が。取材当日は潮が速く釣りずらかったが、潮が適当な速さで流れる日は、このサイズが鈴なりになる。

投入は治具を使う。ミヨシから順番に投入し、順番がきたらオモリを投げ入れる。

治具のワクを持っていれば、パラパラと仕掛けが出てゆく。投入は1日8回。治具に巻いた仕掛けを8セット用意する。

アタリがあったら追い食いを狙う。糸を出すのか、巻くのか、おい食いのさせかたは状況によって変わる。

巻き上げたら、移動中に新しい仕掛けに道糸とオモリをつなぎ投入の準備を整えておく。

宇佐美港から出船し、伊東南沖から大島沖のキンメダイを狙う。使うオモリは鉄筋の1.8㎏、リールはPE12号が1200m巻ける大型サイズが必要だ。ヘビータックルでの本格的なキンメ釣りといっていいだろう。ただし、だからといってビギナーには手がだせない難しい釣りというわけでは、まったくない。
必要なものは全て船宿でレンタルすれば良い。エサ付きの仕掛けも販売しているので、手ぶらで来てもOKだ。
写真のような大型がいい日は30枚ほど釣れている。ビギナーもぜひ挑戦を!

キンメダイ釣りのタックルはこうだっ。お金の掛かる釣りだが、レンタルならリーズナブル

リールはPE12号が1200m巻けるものを。

オモリは鉄筋の1.8㎏。

本格的なキンメ釣りでは、深場専用竿にPE12号以上を1000m以上巻ける大型電動リールという組み合わせが必要だ。これをそろえるのがビギナーには最初のハードルとなるだろう。
大型電動リールは定価20万から40万円前後と高価だ。竿は廉価版もあるが、それでも安いものではない。さらに仕掛けが胴付き15〜20本バリとおおがかりなもので、市販品だと1組千数百円から二千数百円前後。それを投入回数(場所により7、8回ほど)分用意すると1万円から2万円ほどになる。タックル代で数十万円、乗船料金が2万円弱、それに加えて仕掛け代が必要だ。キンメ釣りは他の浅場の釣りより多少お金がかかるのは覚悟しなくてはならないだろう。
ただし、レンタルタックルを用意している船も多いので、ビギナーはタックルを借りて挑戦してみてもいいだろう。たとえば、某船宿の場合。キンメ乗合の乗船料金竿が1万8000円。竿とリールのレンタル代が3000円、イカタンエサ付きの15本バリ仕掛けを1セット1000円で販売している。投入回数は8回なので、仕掛けを8セット買えば8000円。合計2万9000円で手ぶらでキンメ釣りが可能だ。
一度釣行してキンメにハマってしまったら自前のタックルを購入してもいいが、「年に1、2回ぐらいはキンメを釣りたい」というひとなら、レンタルでも十分だろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

川奈沖はサイズが魅力! コマセ釣りでワラサを狙う!(水弘丸)

東伊豆エリアのワラサ釣りもシーズンに入った。「9月後半から初島で食いだしましたね。数は多くなかったけど、毎日確実にアタリがありました。それから川奈沖でも食いだして、数釣れましたが少しムラがありますね。本番はこれからだと思いますよ」と、網代港「水弘丸」の水野克行船長は言う。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

人気の深海釣り! 富戸沖のアカムツ&キンメダイ(ひろし丸)

今回は東伊豆・富戸沖でキンメとアカムツを狙った。札幌からはるばる来てくれた内山夫妻に、いいお土産を持ち帰らせることができるか!?


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読