MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。

perm_media 《画像ギャラリー》伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】の画像をチェック! navigate_next

この釣りはやってみると意外と簡単。だが、腕の差がはっきりと出るテクニカルな釣りだ

キンメまみれ。もう、なにがなにやら分かりません。

ズラズラずらーりと次々においしいキンメが浮上してくる須崎沖。

これだけ釣れれば、無表情にもなりますわ。

朝の第一投目は、最も釣れる。気合を入れて釣ろう。

こんな大型も釣れる。

近年は繊細なアタリをとらえる感度のよいキンメ専用竿が主流。アタリがあったら道糸を送りだそう。

深場釣りのエキスパートの斎藤武博さん。

なんと2人の釣果! 日ムラがあるが当たれば、こんな釣果はザラ。

須崎沖のキンメダイ釣りでは、胴付き仕掛けで沖釣りでも最もヘビーといわれるタックルを使用。いわゆる深場用大型リールがここでは大活躍する。
オモリは約2㎏の鉄筋棒。仕掛けを投入したら、基本的にはオモリは回収しない。海に捨ててくる。
捨てるというと言葉が悪いが鉄筋棒は鉄、海底で錆びて海底付近の生き物たちの住処の一部になったり、栄養になったりするので問題ない。
キンメダイのポイントの海底は、船から見える伊豆半島や伊豆七島の島々がそのまま海に沈んでいると思って欲しい。それだけ根がきつい。だから、オモリは根掛かり必至。それを前提で釣りを行う。そして、「オモリを根掛かりさせる」が、この釣りのテクニックのカギになのだ。
仕掛けは15〜25本バリ。これだけでも豪快で漁師的な釣り。だが、半日で20枚も釣れば御の字の貴重な魚だ。
この釣りはやってみると意外と簡単。だが、腕の差がはっきりと出るテクニカルな釣りだ。釣り物が少なくなるこの機会に深場釣り最高峰のキンメ釣りにぜひチャレンジしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル