MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。

perm_media 《画像ギャラリー》伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】の画像をチェック! navigate_next

この釣りはやってみると意外と簡単。だが、腕の差がはっきりと出るテクニカルな釣りだ

キンメまみれ。もう、なにがなにやら分かりません。

ズラズラずらーりと次々においしいキンメが浮上してくる須崎沖。

これだけ釣れれば、無表情にもなりますわ。

朝の第一投目は、最も釣れる。気合を入れて釣ろう。

こんな大型も釣れる。

近年は繊細なアタリをとらえる感度のよいキンメ専用竿が主流。アタリがあったら道糸を送りだそう。

深場釣りのエキスパートの斎藤武博さん。

なんと2人の釣果! 日ムラがあるが当たれば、こんな釣果はザラ。

須崎沖のキンメダイ釣りでは、胴付き仕掛けで沖釣りでも最もヘビーといわれるタックルを使用。いわゆる深場用大型リールがここでは大活躍する。
オモリは約2㎏の鉄筋棒。仕掛けを投入したら、基本的にはオモリは回収しない。海に捨ててくる。
捨てるというと言葉が悪いが鉄筋棒は鉄、海底で錆びて海底付近の生き物たちの住処の一部になったり、栄養になったりするので問題ない。
キンメダイのポイントの海底は、船から見える伊豆半島や伊豆七島の島々がそのまま海に沈んでいると思って欲しい。それだけ根がきつい。だから、オモリは根掛かり必至。それを前提で釣りを行う。そして、「オモリを根掛かりさせる」が、この釣りのテクニックのカギになのだ。
仕掛けは15〜25本バリ。これだけでも豪快で漁師的な釣り。だが、半日で20枚も釣れば御の字の貴重な魚だ。
この釣りはやってみると意外と簡単。だが、腕の差がはっきりと出るテクニカルな釣りだ。釣り物が少なくなるこの機会に深場釣り最高峰のキンメ釣りにぜひチャレンジしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル