MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。

サバが直結仕掛けにもちょっかいを出してくるも無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた

本誌編集滝は本格的にヤリイカ直結に挑むことに! 最初はデカスルメのダブルでした。

なんとなくできそうだぞ! ヤリイカ直結に挑戦だ!

難しさもあるが面白さはそれ以上!

1.7mほどの竿だとアタリが見やすい。30cmの差はかなり大きいぞ。

ヤリイカの直結はイカを見るまで安心できない。

ポイントは広範囲。潮や状況により狙い分ける。水深は200m近いこともある。

パラソルと言えるぐらいの大型も増えてきたぞ!

直結には短めのヤリイカ竿がマッチする。アタリが小さいので感度の良いものがオススメ。

アワせるときは同時に電動のスイッチをオン! 竿先を見ていると乗っているのがわかる。

ヤリイカ釣りにとってサバは〝天敵〟と言えるぐらいやっかい。なんせ、ブランコ仕掛けを落とせば落下中に仕掛けは止まるは、プラヅノすべてにサバが掛かってしまうなど、「釣りにならない状態」になる。こんなときに威力を発揮するのが「直結仕掛け」だが、最近は「サバがいるからしょうがなく直結仕掛けを使う」という消極派よりも、「おもしろいし釣れるから」という積極派が増えてきている。
難しさはありますが、一発で数を付けられるという魅力がある。
同じ直結をやるにしても、「仕方なしに」と「楽しむため」では、まったく違うではないか。
最近のヤリイカ直結釣りは、誘って掛けるという釣りに変化してきている。このため、竿先を真剣に見つめ、時に水深200mという深場からのわずかな乗りをキャッチし、アワせて掛けるという、マルイカ釣りのような感覚に変化してきている。
この日は沖ノ瀬から洲崎沖へ。小型主体だったイカは中型以上へ。サバは朝からうじゃうじゃいて、直結仕掛けにもちょっかいを出してくるが無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた。
ヤリイカ釣り、今年こそ本気で始めよう!

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読