MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】の画像をチェック! navigate_next

サバが直結仕掛けにもちょっかいを出してくるも無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた

本誌編集滝は本格的にヤリイカ直結に挑むことに! 最初はデカスルメのダブルでした。

なんとなくできそうだぞ! ヤリイカ直結に挑戦だ!

難しさもあるが面白さはそれ以上!

1.7mほどの竿だとアタリが見やすい。30cmの差はかなり大きいぞ。

ヤリイカの直結はイカを見るまで安心できない。

ポイントは広範囲。潮や状況により狙い分ける。水深は200m近いこともある。

パラソルと言えるぐらいの大型も増えてきたぞ!

直結には短めのヤリイカ竿がマッチする。アタリが小さいので感度の良いものがオススメ。

アワせるときは同時に電動のスイッチをオン! 竿先を見ていると乗っているのがわかる。

ヤリイカ釣りにとってサバは〝天敵〟と言えるぐらいやっかい。なんせ、ブランコ仕掛けを落とせば落下中に仕掛けは止まるは、プラヅノすべてにサバが掛かってしまうなど、「釣りにならない状態」になる。こんなときに威力を発揮するのが「直結仕掛け」だが、最近は「サバがいるからしょうがなく直結仕掛けを使う」という消極派よりも、「おもしろいし釣れるから」という積極派が増えてきている。
難しさはありますが、一発で数を付けられるという魅力がある。
同じ直結をやるにしても、「仕方なしに」と「楽しむため」では、まったく違うではないか。
最近のヤリイカ直結釣りは、誘って掛けるという釣りに変化してきている。このため、竿先を真剣に見つめ、時に水深200mという深場からのわずかな乗りをキャッチし、アワせて掛けるという、マルイカ釣りのような感覚に変化してきている。
この日は沖ノ瀬から洲崎沖へ。小型主体だったイカは中型以上へ。サバは朝からうじゃうじゃいて、直結仕掛けにもちょっかいを出してくるが無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた。
ヤリイカ釣り、今年こそ本気で始めよう!

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル