MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】の画像をチェック! navigate_next

サバが直結仕掛けにもちょっかいを出してくるも無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた

本誌編集滝は本格的にヤリイカ直結に挑むことに! 最初はデカスルメのダブルでした。

なんとなくできそうだぞ! ヤリイカ直結に挑戦だ!

難しさもあるが面白さはそれ以上!

1.7mほどの竿だとアタリが見やすい。30cmの差はかなり大きいぞ。

ヤリイカの直結はイカを見るまで安心できない。

ポイントは広範囲。潮や状況により狙い分ける。水深は200m近いこともある。

パラソルと言えるぐらいの大型も増えてきたぞ!

直結には短めのヤリイカ竿がマッチする。アタリが小さいので感度の良いものがオススメ。

アワせるときは同時に電動のスイッチをオン! 竿先を見ていると乗っているのがわかる。

ヤリイカ釣りにとってサバは〝天敵〟と言えるぐらいやっかい。なんせ、ブランコ仕掛けを落とせば落下中に仕掛けは止まるは、プラヅノすべてにサバが掛かってしまうなど、「釣りにならない状態」になる。こんなときに威力を発揮するのが「直結仕掛け」だが、最近は「サバがいるからしょうがなく直結仕掛けを使う」という消極派よりも、「おもしろいし釣れるから」という積極派が増えてきている。
難しさはありますが、一発で数を付けられるという魅力がある。
同じ直結をやるにしても、「仕方なしに」と「楽しむため」では、まったく違うではないか。
最近のヤリイカ直結釣りは、誘って掛けるという釣りに変化してきている。このため、竿先を真剣に見つめ、時に水深200mという深場からのわずかな乗りをキャッチし、アワせて掛けるという、マルイカ釣りのような感覚に変化してきている。
この日は沖ノ瀬から洲崎沖へ。小型主体だったイカは中型以上へ。サバは朝からうじゃうじゃいて、直結仕掛けにもちょっかいを出してくるが無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた。
ヤリイカ釣り、今年こそ本気で始めよう!

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル