MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。

サバが直結仕掛けにもちょっかいを出してくるも無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた

本誌編集滝は本格的にヤリイカ直結に挑むことに! 最初はデカスルメのダブルでした。

なんとなくできそうだぞ! ヤリイカ直結に挑戦だ!

難しさもあるが面白さはそれ以上!

1.7mほどの竿だとアタリが見やすい。30cmの差はかなり大きいぞ。

ヤリイカの直結はイカを見るまで安心できない。

ポイントは広範囲。潮や状況により狙い分ける。水深は200m近いこともある。

パラソルと言えるぐらいの大型も増えてきたぞ!

直結には短めのヤリイカ竿がマッチする。アタリが小さいので感度の良いものがオススメ。

アワせるときは同時に電動のスイッチをオン! 竿先を見ていると乗っているのがわかる。

ヤリイカ釣りにとってサバは〝天敵〟と言えるぐらいやっかい。なんせ、ブランコ仕掛けを落とせば落下中に仕掛けは止まるは、プラヅノすべてにサバが掛かってしまうなど、「釣りにならない状態」になる。こんなときに威力を発揮するのが「直結仕掛け」だが、最近は「サバがいるからしょうがなく直結仕掛けを使う」という消極派よりも、「おもしろいし釣れるから」という積極派が増えてきている。
難しさはありますが、一発で数を付けられるという魅力がある。
同じ直結をやるにしても、「仕方なしに」と「楽しむため」では、まったく違うではないか。
最近のヤリイカ直結釣りは、誘って掛けるという釣りに変化してきている。このため、竿先を真剣に見つめ、時に水深200mという深場からのわずかな乗りをキャッチし、アワせて掛けるという、マルイカ釣りのような感覚に変化してきている。
この日は沖ノ瀬から洲崎沖へ。小型主体だったイカは中型以上へ。サバは朝からうじゃうじゃいて、直結仕掛けにもちょっかいを出してくるが無事通過。4杯掛け、5杯掛けといった「ならでは」のシーンが見られた。
ヤリイカ釣り、今年こそ本気で始めよう!

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読