MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

午後3時に出船、最初にメッキ狙いだ。その後にナイトゲームでアジングに挑戦

このメッキが湾内LTの主役。かなり楽しめるぞ。

滅多にお目にかかれないイトヒキアジがヒット。ここでは珍しくないという。

クロダイは常連ゲスト。専門に狙うことも可能だ。

根岸船の高架をくぐって沖へ出る。

小気味いい引きをLTで満喫しよう。

何が来るかわからないこの釣り。思わぬ大物もヒットする。

根岸湾は波静かな湾。ここには温排水が出ていて、死滅回遊魚のメッキが居ついているのだ。

1月中の夜は、アジングがおすすめ。

アジングでキャッチしたマアジ。湾内のアジの味はすこぶるよいという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

「年が明けてしばらくはメッキとアジングがおすすめかな。ルアーではこの二つがメインになると思うよ」
とは福住(ふくずみ)武彦船長。
いずれのプランも、東京湾内だけでなく全国的にみてもレアなオフショアゲーム。しかし、魅力たっぷりの釣りだけに、ぜひ本誌でも紹介すべく、同船取材に乗り込ませていただいた。
午後3時に出船、最初にメッキ狙い。その後にナイトゲームでアジングに挑戦した。メッキは直前の状況が良かっただけに入れ食いスタート? と期待したが、急激な水温低下で大苦戦。イトヒキアジの連続ヒットで盛り上がったものの、本命はポツリポツリで日没。
気を取り直してアジング! と意気込んだがこちらも急激な水温低下は同じ。しかし、活性が低いなかでも、腕達者は順調に数を重ねていた。
「4回目です。来れば20本以上釣っています。釣って楽しいし、食べて美味しいからまた来ました」とは平塚市の野呂昌明さん。
とはいえ、オデコも出る状況のなか15本をキャッチ。腕の差がはっきり出るところが、アジングの魅力でもある。
メッキ狙い、アジングともに、1月いっぱいは十分に楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル