レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


午後3時に出船、最初にメッキ狙いだ。その後にナイトゲームでアジングに挑戦

このメッキが湾内LTの主役。かなり楽しめるぞ。

滅多にお目にかかれないイトヒキアジがヒット。ここでは珍しくないという。

クロダイは常連ゲスト。専門に狙うことも可能だ。

根岸船の高架をくぐって沖へ出る。

小気味いい引きをLTで満喫しよう。

何が来るかわからないこの釣り。思わぬ大物もヒットする。

根岸湾は波静かな湾。ここには温排水が出ていて、死滅回遊魚のメッキが居ついているのだ。

1月中の夜は、アジングがおすすめ。

アジングでキャッチしたマアジ。湾内のアジの味はすこぶるよいという。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

「年が明けてしばらくはメッキとアジングがおすすめかな。ルアーではこの二つがメインになると思うよ」
とは福住(ふくずみ)武彦船長。
いずれのプランも、東京湾内だけでなく全国的にみてもレアなオフショアゲーム。しかし、魅力たっぷりの釣りだけに、ぜひ本誌でも紹介すべく、同船取材に乗り込ませていただいた。
午後3時に出船、最初にメッキ狙い。その後にナイトゲームでアジングに挑戦した。メッキは直前の状況が良かっただけに入れ食いスタート? と期待したが、急激な水温低下で大苦戦。イトヒキアジの連続ヒットで盛り上がったものの、本命はポツリポツリで日没。
気を取り直してアジング! と意気込んだがこちらも急激な水温低下は同じ。しかし、活性が低いなかでも、腕達者は順調に数を重ねていた。
「4回目です。来れば20本以上釣っています。釣って楽しいし、食べて美味しいからまた来ました」とは平塚市の野呂昌明さん。
とはいえ、オデコも出る状況のなか15本をキャッチ。腕の差がはっきり出るところが、アジングの魅力でもある。
メッキ狙い、アジングともに、1月いっぱいは十分に楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読