MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

東伊豆・初島沖のキャスティングゲームがベストシーズンを迎えている。メインターゲットはベイトを飽食し丸々と太ったブリやワラサで、攻略は主にトリヤマを見つけて始まる“ナブラ撃ち”。それゆえ、この海域でのこのゲームは “ブリトップ”とも呼ばれている。

perm_media 《画像ギャラリー》ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】の画像をチェック! navigate_next

ブリサイズこそ出なかったものの、全員がヒットだ! ワラサ多数、そして貴重な4㎏超のヒラマサもキャッチされた!!

この日はダブルヒット、トリプルヒット連発! 

まずは全員でトリヤマを見つけることからこのゲームは始まる。

ファーストヒットは4kgオーバーのヒラマサ。根に絡むポイントで。

トップゲームはヒットの瞬間がすべて目視できるから非常にエキサイティング。

このエリアの釣りに注目している「メロン屋工房」永井真人氏は、もちろん自身が製作するルアー「TWシリーズ」のプロトで。ブリトップを視野に入れたロッドも製作中だ。

ほい、きたーっ!

「ルアーファクトリークオーター」のビルダー田中氏もワラサをキャッチ。

当日のベイトはサンマで、トッププラグへ高反応。初島海域において非常に高い実績を誇る「ボラドール170F」(マングローブスタジオ)。

ヒラマサに次いでワラサもきっちりキャッチの鵜ノ沢氏。足繁くこの海域に足を運ぶ一人だ。

当日は大シケということもあり、バラシが多発。ネットインするまで油断はできない。

状況によってはジギングで攻める。ジギングタックルの用意もお忘れなく!

ブリ&ワラサ、ターゲットはそれだけではない。数こそ少ないがヒラマサやカンパチ、メジマグロなどの可能性もある。首都圏から2時間足らずのフィールドで、これほどまで魅力的なゲームが展開される海域は、そうはないだろう。
さて、12月下旬の取材時のベイトはサンマ。群れの移動は速いが大シケの波間にブリやワラサが群れ泳ぐ姿が見られるような状況で、活性も高くトッププラグに高反応。ダブルヒット、トリプルヒットが連続し、非常にエキサイティングなゲームが展開された。
結果は、ブリサイズこそ出なかったものの、全員ヒット、ワラサ多数、そして貴重な4㎏超のヒラマサもキャッチされたのである。
初島海域における“ブリトップ”は、行けば必ず釣れるほど確率の高い釣りではない。だが、ただひとつよい結果への近道があるとすれば、それはフィールドに足繁く通うことである。簡単な釣りではないからこそ、通って釣ったときの喜びはきっと大きいはずだ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル