MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

東伊豆・初島沖のキャスティングゲームがベストシーズンを迎えている。メインターゲットはベイトを飽食し丸々と太ったブリやワラサで、攻略は主にトリヤマを見つけて始まる“ナブラ撃ち”。それゆえ、この海域でのこのゲームは “ブリトップ”とも呼ばれている。

ブリサイズこそ出なかったものの、全員がヒットだ! ワラサ多数、そして貴重な4㎏超のヒラマサもキャッチされた!!

この日はダブルヒット、トリプルヒット連発! 

まずは全員でトリヤマを見つけることからこのゲームは始まる。

ファーストヒットは4kgオーバーのヒラマサ。根に絡むポイントで。

トップゲームはヒットの瞬間がすべて目視できるから非常にエキサイティング。

このエリアの釣りに注目している「メロン屋工房」永井真人氏は、もちろん自身が製作するルアー「TWシリーズ」のプロトで。ブリトップを視野に入れたロッドも製作中だ。

ほい、きたーっ!

「ルアーファクトリークオーター」のビルダー田中氏もワラサをキャッチ。

当日のベイトはサンマで、トッププラグへ高反応。初島海域において非常に高い実績を誇る「ボラドール170F」(マングローブスタジオ)。

ヒラマサに次いでワラサもきっちりキャッチの鵜ノ沢氏。足繁くこの海域に足を運ぶ一人だ。

当日は大シケということもあり、バラシが多発。ネットインするまで油断はできない。

状況によってはジギングで攻める。ジギングタックルの用意もお忘れなく!

ブリ&ワラサ、ターゲットはそれだけではない。数こそ少ないがヒラマサやカンパチ、メジマグロなどの可能性もある。首都圏から2時間足らずのフィールドで、これほどまで魅力的なゲームが展開される海域は、そうはないだろう。
さて、12月下旬の取材時のベイトはサンマ。群れの移動は速いが大シケの波間にブリやワラサが群れ泳ぐ姿が見られるような状況で、活性も高くトッププラグに高反応。ダブルヒット、トリプルヒットが連続し、非常にエキサイティングなゲームが展開された。
結果は、ブリサイズこそ出なかったものの、全員ヒット、ワラサ多数、そして貴重な4㎏超のヒラマサもキャッチされたのである。
初島海域における“ブリトップ”は、行けば必ず釣れるほど確率の高い釣りではない。だが、ただひとつよい結果への近道があるとすれば、それはフィールドに足繁く通うことである。簡単な釣りではないからこそ、通って釣ったときの喜びはきっと大きいはずだ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読