MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとあし早く春告魚! 那珂湊沖のオキメバル【那珂湊沖】

ひとあし早く春告魚! 那珂湊沖のオキメバル【那珂湊沖】

春告魚と呼ばれ、早春の人気ターゲットであるメバル釣りが早くも開幕した。尺クラスのメバルが胴付き仕掛けに鈴なりで上がる釣り味が魅力。食べても美味しい人気魚だ。

「全部のハリに付いてきたよ」と言う釣り人の足元はメバルで足の踏み場もないほど。この多点掛けこそが、オキメバル釣りの醍醐味

那珂湊沖で開幕したオキメバル。大型まじりでオキメバル(ウスメバル)の多点掛けが楽しめる。

底を切って置き竿にしておけば簡単にアタリが出る。追い食いさせて多点掛けを狙おう。

うまく追い食いさせると、ハリ数分パーフェクトも決して難しくない。

1、2、3、4…。鈴なりがウレシイ!

良型マゾイのまじりも多い。こちらもおいしい魚だ。

フラッシャーサビキ仕掛けにイカタンの付けエサを付ける。

竿はガクガクと激しく揺さぶられている。もう頃合と電動リールのスイッチを押すと、時おり巻き上げが止められるほどの重量感だ。取り込まれるメバルは尺クラスの大型ぞろい。「全部のハリに付いてきたよ」と言う釣り人の足元はメバルで足の踏み場もないほど。この多点掛けこそが、オキメバル釣りの醍醐味だ。
那珂湊港のオキメバル釣りは、水深も130m前後と浅いため、深場専用タックルを持っていなくても青物竿やイカ用の電動リールを流用できる手軽な釣りだ。
この日はウネリがきつくメバルの食いは悪い。それでも多点掛けはしばし見られ、トップは38匹を釣り上げてクーラーは埋まっていた。春告魚と呼ばれるメバル、これから早春にかけて本番を迎える。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
超大人気!東京湾のテンヤタチウオ。川崎「つり幸」では120㎝オーバー船中10本以上の日もあり、今シーズンの最大は141㎝!取材日も指6本、指7本などドラゴンが乱舞!おもしろくないわけがない!
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
最新記事
超大人気!東京湾のテンヤタチウオ。川崎「つり幸」では120㎝オーバー船中10本以上の日もあり、今シーズンの最大は141㎝!取材日も指6本、指7本などドラゴンが乱舞!おもしろくないわけがない!
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読