MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、クロマグロという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、クロマグロという魚を知ろう!

クロマグロは、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。日本沿岸を含む太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる。

クロマグロ(スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属)の生態

日本近海。太平洋北部、全世界の温帯域を回遊しているが、北半球に多く、南半球には少ない。マグロ類には、ほかにビンナガマグロ、キハダマグロ、メバチマグロなどがあるが、クロマグロは胸びれがもっとも短く、もっとも大きくなり、魚類中もっとも早く泳ぐとも。寿命はだいたい20年ほどで、体長3メートル400キロに達する。
西日本では、生まれたばかりの手のひらサイズを新子、関東では当歳魚の30センチ前後までをカキノタネ、それ以上をメジ(マグロ)などという。重さ20キロ、体長1メートルを超えると市場では大物といい、マグロ類専用の競り場で扱われる。

ホンマグロの値段は?

大きさ、早さだけではなく、値段の方も魚類中では一番。2012年の初競りではご祝儀相場とはいえ、1キロあたり21万円、1本でなんと5649万円なんて豪邸が建ちそうな値段をつけた。もちろんこれは初競りの一番、すなわちその日いちばんいいマグロの値段。平均すると上物のマグロで1キロあたり1万円前後。今回登場する20キロから50キロクラスだとキロあたり卸値で2000円から3000円というところ。それでも20キロ1本で4万円から6万円だと、釣った方がお得だよ!

「クロマグロ」の寿司…後味良し。舌に残らず、うまい記憶だけが続く

梅雨が去ったと思ったら台風が来て、九州では大雨による被害が甚だしい。夏本番になったばかりなのに日本列島は大丈夫だろうか?

「異常気象だって騒いじゃいるが、本当は杉の植えすぎだよ。間伐しないからモヤシのようなのがニョロニョロ、山が荒れてるのが原因さ。人災だと思うなオレは」

「市場寿司」でうまい赤身を食べていると、納め専門の(店売りをしていない)鮮魚店をやっているIさんが珍しく真顔で話す。この人、多摩地区屈指の渓流釣り師。いつも大雨の被害などがあると山の荒廃について語る。確かに年々歳々大雨の被害が甚大化している。

こんなことを考えながらも、頭の方は「なぜ、こんなにうまいんだろう、この赤身」という疑問に覆い尽くされている。

「たかさん、このマグロ、どこの?」

「ははん? わかる? これオレが持ってきたやつ。うめーだろ」

「そう、こいつ(Iさんは)築地だけじゃなく小田原とか沼津にも仕入れに行くから、おもしろいもの持ってくるんだ。これ相模湾で獲れたやつだって」

「夏のマグロは猫またぎなんて言うやついるけど、そんなことねーよ。相模湾で上がるのは二十キロから大きくても五十キロくらいが多いけど、味はピカイチ。オレなんざー、マグロの赤身のうまさは相模湾もので知ったんだかんね」

「値段からしてうち(市場寿司)向きだしね」

「去年の今頃、伊豆でマグロを釣りに出たんだ、魚屋仲間とさ。初めてなのに全員一本ずつ釣れてさ、ホントにうれしかったね」

二かん、三かんとつまんでも、まだ食べ飽きない。赤身のうまさはさわやかな酸味と、魚らしいうま味にあるのだろう。特に、酸味のせいか後味がいい、舌に残らないで、うまい記憶だけが消えないで続く。

たかさんが一切れ口に放り込み

「これは明日の方がもっとうまいかもよ。今日は酸味にも、うま味にも落ち着きがないというか、味の座りがよくない。後は明日、だね」

この日はあまりにもうまい赤身の記憶と食べ足りなさで、仕事がはかどらないこと甚だしかった。

翌日は砂刷り(腹の部分の脂のあるところ)と赤身をつまんだが、やはり赤身の味わいがダントツによかった。赤身はすし飯との相性も抜群にいい。

「刺身よりも握りの方がうまい!」

昨日よりも数段上の味わいに、完全にノックアウトされて、朝ご飯も遅い昼ご飯も赤身の握りで通した。うまいものは飽食しろ! なのだ。

「たかさん、また仕入れてね」

さて、ある日の午後、Iさんの保冷車が『市場寿司』の前に止まる。見事な相模湾マグロを見ていたら、多摩川縁にすし店を構えるゲンさんがマグロを受け取りに来た。ゲンさんの「ゲン」は漫画ルパン三世の次元大介に似ているため(?)だという。すなわちIさん、ゲンさん、たかさんは幼なじみなのである。

店じまいした店内でお茶を飲む、茶菓子代わりが相模湾マグロの塩漬け。軽く焼いたのが実にうまい。

「こんなのが釣れたらうれしいだろうね」。「うんうん」とゲンさんがうなづく。

「ゲンさん、釣ったことあるの?」、「あるさ」。

「オレたちの中で釣りしないのは、たかだけ」

「三人とも団塊の世代なのに若いよね。髪は黒々ふさふさだし、太ってないし」

「ひとり老けてるやつがいるけどね。見せてやろうか? 脱帽」

帽子(髪)を取った人がひとり。そこにはハエも止まれません!

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。

関連記事
キマダラヒメダイは、スズキ目フエダイ科ヒメダイ属する海水魚の一種。小笠原諸島や鹿児島、沖縄では重要な食用魚。しかしマダラヒメダイはなかでも珍しい種。
更新: 2019-06-17 07:00:00
シラコダイとは、伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県外房から九州南岸の太平洋沿岸、屋久島までの浅い岩礁域に生息している魚。相模湾などの定置網にもよく入り、大きくなってもせいぜい全長15cmほどのサイズ。
更新: 2019-05-04 07:00:00
ギンメダイは福島県以南の太平洋沿岸、九州西岸、東シナ海大陸棚縁辺、九州からパラオ海嶺、ハワイ諸島の水深150から650mに生息。キンメダイの生息する水深と重なる。
更新: 2019-04-29 12:00:00
生息域は国内では新潟県から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、千葉県外房〜九州南岸の大平洋沿岸、種子島、琉球列島。海外では済州島、台湾、中国北海、東インド洋、西太平洋に広く生息する。
更新: 2019-04-13 07:00:00
ムツは、スズキ目ムツ科ムツ属の魚。北海道〜九州の太平洋・日本海・東シナ海、台湾の水深200〜700mに生息する。
更新: 2019-03-28 07:00:00
最新記事
御前崎の沖に位置する金洲の五目釣りがおもしろくなっている。イサキ、マダイのほか、青物のヒットもある。仕掛けはハリス6号、6mの2本バリ。付けエサはオキアミ、またはイカタンを使う。
更新: 2019-06-25 12:00:00
夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!
更新: 2019-06-25 07:00:00
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読