MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のヒラメが絶好調! 今期は数、型ともに良しっ!!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメが絶好調! 今期は数、型ともに良しっ!!【鹿島沖】

寒さが厳しくなってきたが、今シーズンも常磐エリアのヒラメが熱い。12月からヒラメの全面解禁を迎えた鹿島沖は活況に沸いている。

perm_media 《画像ギャラリー》鹿島沖のヒラメが絶好調! 今期は数、型ともに良しっ!!【鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

今の時期は「寒ビラメ」と呼ばれて一番美味しいとき。肩まで盛り上がった肉厚の身は甘みが強く絶品だっ

当日最大は、この4.2㎏!

絶好調の今シーズンは、アタリが多く楽しめる。

キロ前後のサイズは多数上がった!

「やった、デカイぞ〜!」。

「今夜はヒラメを堪能します!」。

エサはマイワシ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「山千丸」。

鹿島沖が熱い。ツ抜けも珍しくないほどの釣れっぷり。そして、数もさることながら「大判」と呼ばれる大型サイズも多い。さらにモンスタークラスの超特大サイズもターゲットになる。ヒラメフリークの桃源郷といっても過言ではないエリアなのだ。
取材当日は風が強く、潮が濁って食い渋りが予想された。鹿島「山千丸」は風の強さに応じて横流しと潮流しで狙い分けた。その甲斐あって4.2㎏の大判を頭に、2㎏アップまじりでキロ前後多数と絶好調だった。
船がポイントの上を通過するとアタリが集中したので、どうやらポイントにはヒラメが多数集まっているようなのだ。この魚影の濃さに加え、これからは「渡り」と呼ばれる大型も南下して合流。大型のアイナメやマトウダイなどの高級外道もまじるので、今後も期待十分だ。
また、今の時期は「寒ビラメ」と呼ばれて一番美味しいとき。肩まで盛り上がった肉厚の身は甘みが強く絶品。刺身はもちろん、最近人気のシャブシャブや小型は干物なども楽しめる。
鹿島沖のヒラメは3月いっぱいまでがシーズン。まさに旬真っ盛りの鹿島沖。暖かい服装で楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル