MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシ回遊で大型シーズンへ! 御宿沖のヒラメ【御宿沖】

イワシ回遊で大型シーズンへ! 御宿沖のヒラメ【御宿沖】

冬期を迎え各地でヒラメが盛況だ。外房御宿沖でも12月中旬くらいから好釣果が聞かれ出し、御宿岩和田港の「広丸」では連日「乗船者の倍程度」と安定している。

船中20枚近くのヒラメが上がったが、内1㎏以下のいわゆるソゲ級は1、2枚。ほとんどが1.5〜2㎏級で3㎏近いものも上がった

1.5〜2㎏クラス中心でソゲは少ない。さらに3㎏、4㎏の大型もまじる。

お父さんと息子さん、親子で連続ヒットの場面も!

たまらん瞬間です!

この日は船中まんべんなくアタリがああり、船中20枚のヒラメ上がった。

この日は3㎏弱が最大だったが、イワシの群れがくると4㎏、5㎏、さらに大型も出るぞ。

比較的に船数も少なく、穴場的な釣り場の御宿沖。アタリも多く安定して釣れている。今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「広丸」。

御宿沖の特徴は、なんと言っても良型がそろうこと。取材日にも船中20枚近くのヒラメが上がったが、内1㎏以下のいわゆるソゲ級は1、2枚。ほとんどが1.5〜2㎏級で3㎏近いものも上がった。
「根周りを攻めることが多いので、タナは高めがいいですよ。最低でも50㎝から1mは切って欲しいなー。高いタナでやってるとデカイのは一発で食い込む。その衝撃はたまらないですよ」とは「広丸」の青柳邦廣船長。
例年1月下旬になるとイワシの群れが入り、それを追って渡りの大型ヒラメが回遊するから、ますます期待が膨らむ。比較的船数も少なく、のんびりとヒラメ釣りが楽しめる同エリアは穴場的存在。じっくり大判ヒラメと対峙するにはもってこいの釣り場だ。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読