MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
走水沖のアジは厳冬期を迎えさらにウマイ!【東京湾・走水沖】

走水沖のアジは厳冬期を迎えさらにウマイ!【東京湾・走水沖】

水温が低下する厳寒期は、多くの魚が体に脂を蓄え、美味しくなる。それがブランド魚ともなれば、よりいっそう美味しくなるはずだ。都心から近い東京湾におけるブランド魚の代表といえばアジ。そこで走水沖のブランドアジを狙って、12月19日に走水港「海福丸」へと釣行してきた。

perm_media 《画像ギャラリー》走水沖のアジは厳冬期を迎えさらにウマイ!【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

12月中旬の状況は、水温の変動が激しいことや潮具合によってムラがあるものの、いいときには半日で40匹を超える釣果も出ている

走水沖にできたビシアジ船団。

ヒット連発! 子気味良い引きを堪能だ。

走水沖のアジは幅広の個体が多い。

中小型でも美味しい!

これは良型!

ゲストのサバもこの時期は美味しい。

マダイがまじることもある。

宿でひいたイワシミンチをコマセに使う。

仕掛けはハリス2〜3号の2〜3本バリで!

付けエサはアカタン。ゲスト狙いでサバの切り身を使うのもおもしろい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「海福丸」。

速い潮流が通すことで有名な東京湾口の走水沖。走水沖のアジは体高のある引き締まった筋肉質な魚体が特徴のブランドアジだ。その走水沖のアジは、これから厳寒期にかけて身に脂がよく乗り、味もいっそう良くなる。
走水港「海福丸」は真沖一帯のブランドアジを狙って周年出船している。この冬は高水温が長く続き、季節の進行が遅れている。ちょうど季節の変わり目に当たった12月中旬の状況は、水温の変動が激しいことや潮具合によってムラがあるものの、いいときには半日で40匹を超える釣果も出ている。海の状況が落ち着けば、安定した釣果が期待できるだろう。
コマセ釣りの基本ともいえるビシアジ。船下にアジを呼び込むように、テンポ良くコマセの詰め替えを行い、タナをしっかりと合わせれば小気味良い引きが楽しめる。ビギナーでも十分に楽しめるので、この冬、美味しいアジを求めてトライしよう。

以上の記事は「つり丸」2012年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル