MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

新年は験担ぎでマダイ釣りから始めてはいかがでしょう! 気分爽快の三段引きを味わいに、さあ、大海原に出かけよう!

深場の大ダイ高確率ヒット! 浮かないマダイは落とし込みで攻略

冬晴れの日の朝日は美しい。初日の出に大漁祈願。

富浦港「第三共栄丸」に乗船し、深場の魚礁周りでみごと5.1㎏の大ダイをキャッチした木更津市の佐藤忠男さん。

朝マヅメに竿が入った! 落とし込みの誘いが的中。

板橋区の平良智也さん。良型キャッチのあとは順調に数を重ねる。

究極のライトゲームであるひとつテンヤマダイ釣りでおめでタイを釣ろう。

食べごろサイズが釣れる。

きれいな弧を描くマダイロッド。大ダイとの一進一退のかけひきが釣り人を虜にする。

小型マダイは数釣りだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富浦港「第三共栄丸」。

内房・富浦沖のマダイが深場で好調だ。ここは東京湾口にあたり、古くは生きエビエサのシャクリマダイ釣りが盛んに行われていた。近年多くの船がコマセ釣りでマダイを狙っているが、魚影の濃さは、相変わらずお墨付きだ。
「秋からイナダ、ワラサがずっと釣れてました。うちはマダイ専門ですから、青物は狙わないのですが、よくまじりました。傾向としては、ワラサポイントでマダイがよく食ってます。大型狙いは深場の魚礁周りがポイントです」とは、夏場以外、ほぼ周年コマセマダイ専門で出船している富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長。
新年の狙いは、ズバリ深場の大ダイ。水深90m前後の魚礁周りに回遊しているマダイがターゲット。相手が百戦錬磨の大型だけに、時合いは短い。朝イチ、潮変わりなどがそれだ。そのときに確実にエサがタナに入っていれば、高確率ヒットが望める。誘いのコツは落とし込み。じわじわっとマダイにエサを近づけるイメージだ。
ハリス長は10m。春のマダイとは異なり、あまりボトムから浮かないこととエサ取りが多いことを意識して釣りをしよう。

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
最新記事
和歌山県などでも発見されているが、国内では主に小笠原諸島、屋久島、琉球列島に生息。1mを超える大型のハタだ。
駿河湾・石花海のヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入する。釣れるヤリイカはみな肉厚で全体的に丸みを帯び、味も濃厚。連日、後半には乗り乗りタイムに突入するので、前半不調でも、後半に期待大だ。
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
ヤリイカで特に実績が高かった人気のスパイラル形状がリバイバル「МDスティックSPL 11S」ダイワ
相模湾のアマダイが絶好調!葉山あぶずり港「たいぞう丸」では当日、50cmがダブル&49cm&47・5cmが取り込まれた!シロアマダイ44・5cmもヒットし、3色揃い踏み!相模湾のアマダイ釣りは今がチャンスだ!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読