MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】

剣崎沖のマダイは周年楽しむことができる。これからの時期は水温低下とともに、適水温を求めて深場に落ちていく、いわゆる「落ち」のシーズンに入っていくが、このエリアもほかエリア同様、高水温が続き、まだまだ浅い場所で釣れている。

perm_media 《画像ギャラリー》剣崎沖のマダイ、水温高めで高活性だっ!! 【三浦半島・剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

青物が一段落した剣崎沖は、じっくりマダイをねらうには良い時期で、1㎏前後主体ながら、連日トップ5枚前後を記録

この時期のマダイはしっかり脂を蓄え、とてもうまいぞ。

キーンと張り詰めた空気は気持ちがシャキっとする。

状況に合わせた釣り方でマダイを連発させた名手の武田さん。

一日のうちでも誘った方が良い時間帯、静かに待った方が良い時間帯があった。その見極めで釣果に差が出る。

この日は1㎏前後の食べ頃サイズ主体だった。

水深は35mほどとまだまだ浅場。パワフルなやり取りが楽しめる。

「ハリス分プラス2、3mで食いましたよ」。まん丸に太った美ダイ。

1枚の価値が高い剣崎沖のマダイ。これから深場も攻めていく。

引いて楽しく食べておいしいイシダイも。

良型イナダで一時沸いた。

マダイという魚は、市場価値が高いだけでなく、釣り人にとっても特別な思いや価値のある魚だ。一年の初めはマダイから、という人も多いことだろう。近年、マダイは釣りやすい魚になってきてはいるが、近場で、しかも激戦区である剣崎沖で釣り上げるマダイは、より価値の高い一枚となることだろう。
現在の剣崎沖は、ここ最近の寒さから考えると「真冬の釣り」を想像するが、実際は水深40m前後をねらう、まだ秋から冬の釣りの感覚だ。
「これから深場も見ていきますが、まだ35mぐらいの浅場でも食います。ここで食ううちは、ねらっていきます」と某船宿の船長は語っていた。
青物が一段落した剣崎沖は、じっくりマダイをねらうには良い時期で、1㎏前後主体ながら、連日トップ5枚前後を記録。ボウズのない日も多く、マダイファンにはねらい目なのだ。
冬場のマダイというと、低いタナをねらうのが相場だが、現在のタナは高め。ハリス分プラス2〜3mが標準で、それよりタナを下げるとたちまちエサ取りの餌食となる。ハリスは8mが一般的だが、時に6mのほうが良いときもあるという。誘いもその時その時で状況が変わってくる。
さまざまな複合技を駆使して食わせた一枚は、至上の喜びとなる。さあ、マダイで始めよう。

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル