MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型マダイだけでなく高級ゲストも!【南伊豆神子元島周辺〜白浜沖】

大型マダイだけでなく高級ゲストも!【南伊豆神子元島周辺〜白浜沖】

マダイの好ポイントをたくさん抱える南伊豆海域。浅場から深場までさまざまだが、これからの厳寒期におもしろくなるのが神子元島周りと白浜沖だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大型マダイだけでなく高級ゲストも!【南伊豆神子元島周辺〜白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

好漁場多数の南伊豆、厳寒期でも各ポイントには濃い反応がある。試行錯誤してマダイ攻略を楽しんでいただきタイ

厳寒期は俄然おもしろくなる神子元島周り。マダイだけでなくシマアジの期待もある。

良型マダイゲット! 指示ダナは海面下40m前後。

冬場の神子元島周辺は、磯釣りのコマセも効いて、マダイやシマアジが集結するという。

白浜沖の深場もこの時期はおもしろい。マダイは掛かればサイズがいい。

神子元島より陸に近い横根沖ではイサキの食いが活発だった。

横根沖でヒットしたキロ級のマダイ。

2本バリは有効だ。

イサキも好調!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田柿崎「兵助屋」。

マダイの好ポイントを多数抱えた南伊豆海域。これから厳寒期にかけて、当エリアでおもしろくなるのが神子元島周りと白浜沖だ。
「冬の神子元島周辺は、磯釣りのコマセが効くのか、マダイの濃い反応が見られるようになります。そしてシマアジが掛かることもありますよ」とは下田柿崎「兵助屋」の鈴木俊和船長。
取材は12月中旬。海上は凪で、鈴木船長が選択したポイントは神子元島周辺。開始から濃い反応があるも、食いは渋くアタリは3回。いずれも良型だが、2発は惜しくもバラシ。「この反応なら、下がっていく水温に慣れれば、もっとアタりますよ」と鈴木船長。本誌発売以降が楽しみだ。
神子元島周りだけでなく、白浜沖も期待が高まる。こちらは深場がメインで、掛かれば良型が多い。取材の数日前には4㎏台と5㎏台がすでに取り込まれている。また良型のメダイも多く、数釣れることもしばしばだ。白浜沖は西風に強く、西〜南西の強風時におもに狙うポイントだ。
ロングランだったワラサも一段落し、冬場はマダイをじっくり狙える時期。各ポイントには濃い反応があるので、試行錯誤してマダイ攻略を楽しんでいただきたい。

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
最新記事
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル