MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイを確実に手にしたいなら、ひとつテンヤだ!【外房・川津沖】

マダイを確実に手にしたいなら、ひとつテンヤだ!【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイ釣り発祥の海、外房。この釣り方は全国に飛び火したが、最近はブームも去り、落ち着いた感も。だが、再び人気上昇傾向にある。その理由は、茨城のほぼ全エリアで春から秋までひとつテンヤでマダイが釣れていたことと、千葉海域も外房から飯岡沖までマダイが安定してあがっていたから。広範囲で楽しめたことが最大の理由だ。

浅場から深場まで広範囲がポイントだ。イワシが回遊してきたら、ボーナスチャ〜〜ンス!!

吉清紘生船長もマダイ釣り名人。わからないことがあれば、気軽に聞こう。

マダイがヒット!! 良型が掛かるとドラグ音が船上に鳴りひびく。アドレナリン放出中。

良型は必ずタモ入れしてもらおう。マダイを水面で上手にタモのなかへ誘導しよう。

フォール中にバイトした中ダイ。冬はボトムが基本だが、中層でバイトすることもしばしば。

エサの基本は生エサで手返し早く。しかし、あまりにもエサ取りが多い場合は、ワーム系の人工エサを使うのも一手。

テンヤの親バリにしっかりとフッキングした中ダイ。フォール中にバイトした。

見事なベンディングカーブを描くテンヤマダイロッド。これが究極のライトゲームの魅力のひとつだ。

小ダイは抜き上げ。「手返し早く」がこの釣りの基本。小ダイが活発のときに大ダイもヒットするので油断しないように。

このサイズを掛けることがテンヤマダイ釣りの第一歩。フライや天ぷらがおすすめ。

カンダイがヒット。大きな個体は10㎏を超す。

うれしいゲストのカサゴ。サイズがいい。

肉厚のヒラメは常連ゲスト。外房も今期ヒラメは多い。

カジメのなかをすみかとするメバル。外房のメバルは金メバルだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「とみ丸」。

「イワシが回遊してきたら、大ダイチャンスですよ!」とは、ひとつテンヤマダイ釣り専門船、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長。
毎年、初冬になると外房エリアには北からカタクチイワシの大群が南下してくる。そのイワシを追って青物が回遊し、その下や周りに大型のマダイが着いていると言われている。
「今期はイワシの群れの下ではなく、イワシの群れの周りで大ダイがヒットしていました。とにかく、イワシが来たらチャンスだと思ってください」
残念ながら、乗船日はイワシとの遭遇はなかったが、イワシがいなくても、マダイは高活性。鯛メシと呼ばれている小ダイの数釣りが楽しめるので、お土産には困らない。
当面は、水深10m台の浅場から水深60mの深場まで広範囲を流すという。
テンヤやカブラのサイズは、3号から10号まで各種そろえて、外房の冬のマダイたちと遊ぼう!!

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読