MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 城ヶ島沖のマアジは超安定かつ絶好調だっ!【城ヶ島沖】

城ヶ島沖のマアジは超安定かつ絶好調だっ!【城ヶ島沖】

寒いのをガマンして釣りに行くんだから、かなりカタイ釣りで釣り納めにしたい、もしくは初釣りにしたいですよね。でも、少し夢があるって言うか、一発に賭けたい気持ちもあって、結局何を釣りに行こうか迷っちゃう。カタイのを取るか、夢を取るか。そんな欲張りな人にオススメなのが、小坪港「洋征丸」のアジ・マダイ五目だ。

幅広のおいしいヤツを釣り放題! 今後はマダイも期待できる

この日は、貸し竿で挑戦したグループのみなさんもみな大漁だ!

とにかく怒濤の食いが続いた。

三戸浜沖で小型を釣って、その後本命場所の城ヶ島沖へ。安定感抜群の場所だ。

乗船すると、各釣り座にタオル、バケツ、あて木、まな板などが用意されている。

城ヶ島沖は90~100mをねらう。

サバと赤タンのミックスエサもよく食った。

最初に釣る小アジで泳がせもOK。

この日はトップ80匹だ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪港「洋征丸」。

「アジは安定しています。だいたいトップで70匹前後、いい日には100匹超えることもありますよ」と高木洋征船長は言う。
現在、まず最初に浅場で小型のアジをねらい、そのアジをエサに泳がせでブリやヒラメなどをねらうのも可能だ。その後は深場のアジの本命場所にステージを移し、良型の入れ食いラッシュを堪能できる。
釣り物が「アジ・マダイ五目」とあるように、マダイももうひとつの本命で、イワシミンチでマダイをねらうこともできる。取材日はマダイの顔は見られなかったが、これから良型が多く出るんだとか。一時は泳がせでブリ、ワラサ級に沸いた。こちらも水温次第ではまだまだチャンスはある。
「マダイはねらって釣るんですよ。深場で出ればデカイですからなかなか取るのも難しいですが、これからが本番です」
アジでお土産をキープしつつ、夢を釣っちゃいましょう!

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
最新記事
手軽に釣れて初心者にも優しいターゲット!東京湾のイシモチが開幕から好調!金沢八景「黒川丸」ではトップ50匹、30cm級もまじる!手軽な一方、腕の差が出るためベテランも納得の魚だ!
山賀丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
紅い超高級魚!波崎沖のアカムツが秋の本格シーズン突入!波崎港「浜茄子丸」での当日は制限尾数の10匹達成達が5人!取材翌々日には、今季最大53㎝(2.1㎏)のビッグワンも飛び出した!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読