MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】

いや〜今年の冬は寒いですね〜。たまの休みに釣行を予定していても季節風がビュンビュンと吹くし…。でもこんな時にも出船率抜群で、釣果が安定している頼もしい味方が東京湾のアジ釣りだ。湾内だけに多少の風なら出船できるし、寒い季節でも比較的数釣りが期待できる。

perm_media 《画像ギャラリー》水温低下も元気いっぱい、東京湾の大型激うまアジ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

狙うは『走水アジ』と呼ばれる激旨ブランドアジで、これに運が良いと脂の乗った極上サバもまじるのだ

今年もいい釣りがしたいです〜!! コレは初日の出ではないけれど、朝日に祈ってみたりして。

出船率が高くて、釣果も安定している、東京湾のアジは冬の沖釣りの強い味方だ!

陽が出ていて、風がなければ、それほど寒くないですよ。冬も釣りに出かけよう!

3点掛けもある食いのよさ。このところトップ50匹台で安定している。

大型アジや大サバはタモですくおう。どちらも激ウマだからネ。

中、小型が釣れたら干物にするのもおすすめ。乾いた冬の空気がおいしい干物を作ってくれる。

これが釣れたらラッキー。脂乗り乗りのマサバ。しめサバがマジで旨いですよ〜。

状況によってアオイソメも効果あり。赤タンアオイソを切るハサミも忘れずに。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」。

周年アジ釣り専門の浦賀港「前田丸」では、このところトップ50匹台と安定釣果を継続中。
「今のところはいい感じだね。水温が下がり切る2月くらいまではこのまま行くんじゃないかな」と前田悦男船長は話す。
「前田丸」が狙うのは、主に観音崎沖から走水沖にかけての『観音のアジ』、『走水アジ』と呼ばれる激旨ブランドアジで、これに運が良いと脂の乗った極上サバもまじる。
「30㎝くらいの中サバの時もあるけど、大抵マサバだから今の時期は脂が乗ってて、すごく旨いよ」とのことなので、釣れたらラッキー。
釣行時には邪魔になる季節風も、干物作りには絶好のアシストとなる。中、小型が釣れたら開いて干物にするのもおすすめだ。
ご近所に配っても喜ばれるし冷凍保存も利くから、遠慮なく? 釣りまくろう!

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル