MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】

「昨日は底から4〜5mまでの反応が多くてね。その少し上までゆっくりチョンチョン見せて、フォールさせるのが良かったですよ。でも、毎日パターンは変わるのでいろいろ試してくださいね」。船上にはやる気を煽る?丁寧なアナウンスが響き渡る。声の主は金沢八景「太田屋」のルアー船担当、佐野一也船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》サイズアップ! 冬の良型タチウオゲーム再開だ!【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

サイズは上々。最大で114㎝もキャッチ、型狙いの冬タチウオの魅力を満喫できた半日だったのではないだろうか?

タチウオ人気は、近年さらに上昇中。土日となれば満船だ。のんびり釣りたいなら平日がねらい目。

100から150gの重めジグで攻略だ。

抜き上げが基本だが、バラシも覚悟しよう。

姿形からはあまり想像できないトルクフルなファイトで応戦してくれる。

パープルカラーのメタルジグは、湾内の定番カラーだ。

指3本サイズもまじる。

タチウオをキャッチするとき、鋭い歯に注意しよう。

食味抜群の 東京湾タチウオ。1本が貴重だぞ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」。

ポイントは走水沖の水深70m台。前日の平均釣果は10本ちょっと。数はぼちぼちといったところだが、指4本以上が多く、半日釣りの釣果としては十分に満足感が得られる状況だったという。
取材日はのっけからタチウオの好反応に遭遇できた。バリバリ食う、という状況ではないが、ポツリポツリと、しかも決まった人が釣果を重ねていく。ジグかアクションか? なにかが要因となっているのは間違いない。意識的であれ無意識であれ、こうした差が出やすいのが、タチウオゲームの魅力でもある。
この日は数こそ前日に及ばなかったものの、サイズは上々。最大で114㎝もキャッチされ、型狙いの冬タチウオの魅力を満喫できた半日だったのではないだろうか?
年が明けても、まだまだシーズンは続く。ドラゴン級を狙っての初釣り、いかがだろうか?

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル