MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

駿河湾のほぼ中央、由比沖のタチウオが、11月のスタート以来絶好調! 多少の上下動はあるが、おおむねトップ50~70本と釣れに釣れているのだ。サイズは指3~3.5本平均で、指2本のいわゆる“シラガ”サイズは数十本に1本まじるかどうか、という程度。写真にもあるように、大型クーラーはみな満タンだ。

ほとんどの人が30本以上という釣果! サイズは指4本以上を、全員キャッチ。最大はジギングにヒットした1.3㎏のまさにドラゴン!!

当日の最大はなんと1.3㎏! 顔つきが3本サイズとは全然違う。まさにドラゴンだ。

大型はギャフで取り込む。「大きい!」と思ったら、すぐに船長を呼ぼう。

ジギング絶好調! 取材日はフォールによくヒットしていた。

アベレージはこのサイズ。指3~3.5本だ。

これも指4本の大型! このサイズはエサもルアーも全員がキャッチした。

当日はピンク系のジグにヒットが集中。状況によってヒットカラーは変わるので、様々な色を用意しておこう。

駿河湾のタチウオは脂が乗っているのはもちろん、身がとにかく甘い! 絶品ですヨ。

3本以上がこれだけ釣れれば十分でしょ!

エサはサンマの切り身。

新製品の「TGチビマサムネCB」(スミス)も大活躍!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比「神栄丸」。

取材当日は、エサのトップが63本、ジグは50本。ほとんどの人が30本以上という釣果。サイズは指4本以上を全員キャッチし、最大はジギングにヒットしたなんと1.3㎏のまさにドラゴン!! エサでも1㎏ジャストを筆頭に、キロ前後が数本取り込まれた。ちなみに、1.3㎏の最大よりもさらに太いサイズのヒットもあったが、これは残念ながら水面ポチャ…。
「例年2月ぐらいまで楽しめます。サイズもいいし、数も釣れていますし、何より食べて美味しい。そんな由比沖のタチウオをぜひ釣りに来てください!」とは「神栄丸」石原佑紀船長。
これは絶対にオススメです!

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
茅ヶ崎港「ちがさき丸」ではLT五目が好調!色々釣れて、手軽に楽しめる!秋はイナダなど青物、アジ、イサキ、ソウダガツオ、キジハタなど釣れる魚はみな美味しい!
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読