MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
やっぱり今がねらいドキッ! 南房のオニカサゴ【南房・白浜沖】

やっぱり今がねらいドキッ! 南房のオニカサゴ【南房・白浜沖】

前アタリが竿先に現れたときの興奮。そして竿先を下げて、本アタリが訪れるまで待つ間の期待感と不安感が入りまじったドキドキ感。やがて強い本アタリが来て、アワせて魚がハリに乗ったことを感じ取った瞬間の爆発的な興奮。これがたまらない。だからオニカサゴ釣りが大好きだ。

オニカサゴがスーパーなどでお目にかかることができないのは…、水揚げされたオニカサゴは高級料亭などに直送されてしまうから

潮が流れず苦戦したが、少し流れ出すと良型が連発!

ポイントは白浜沖。オニのすみかだ。

最大は1.5㎏!

船長はサバとバイオベイトを併用。

40㎝クラスが連発。

最後までやり取りが楽しめる。

海面まで暴れ続ける。取り込み時は絶対に緩めない。バレちゃうよ。

白浜沖のオニカサゴが好シーズンを迎えた。このエリアでは周年オニカサゴを狙うこともできるが、やはり鍋のシーズンにうってつけの釣り物だろう。
取材日は潮が流れず大苦戦したが、それでも乗船客全員がこの超高級魚を手にすることができた。海況さえ良くなれば、この釣り場のオニカサゴの魚影の濃さに驚くことになるだろう。
さらに、白浜沖のオニカサゴは型が良く、この日のアベレージはキロ前後、1.5㎏の垂涎サイズも釣り上げられた。
オニカサゴがスーパーなどでお目にかかることができないのは、水揚げされたオニカサゴはそのまま高級料亭などに直送されてしまうからだ。つまりそれほど価値の高い魚だということで、この魚を食することができるのはまさに釣り人の特権であると言っていいだろう。
オニカサゴを釣ったら、頭で取った出汁で、お刺身と一緒にぜひシャブシャブも堪能していただきたい。そして最後に雑炊も。これらを一度食せば、アナタも家族もオニカサゴの大ファンになることは間違いなしだ!

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読