MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗り急上昇! 9杯掛けも! 相模湾のヤリイカ【相模湾】

乗り急上昇! 9杯掛けも! 相模湾のヤリイカ【相模湾】

秋から春の沖釣りターゲットとして欠かせないのがヤリイカ。特に冬場はその肉厚の身がグルメ釣り師を魅了する。師走に入って、いよいよ釣果上昇中。今、狙うべきはヤリイカだ!!

投入のたびにヤリイカが顔を出す。3点掛け、4点掛けが連発、ついには9点掛けの離れ技も飛び出した!

相模湾のヤリイカ釣りが本格シーズンに入った。おいしいヤリイカを釣りに行こう!

ポイントは城ヶ島沖の130〜160mダチ中心。季節風の影響も比較的少ない。

おいしいサイズが多点掛け。

次から次と連なって上がってくるヤリイカ。この日最多は、なんと9点掛け!!

めちゃくちゃおいしそうなヤリイカちゃん。刺身はもちろん、煮ても焼いてもおいしいんだ! コレが。

こちらはヤリが2杯と、左はマルイカ。

ピンポイント狙いで、船長はここぞという反応に当てる。投入は素早く!

スルメイカもポツポツまじる。

電動レンタルタックルのほか、船宿仕掛けには「ビギナー用5本ヅノ仕掛け」なども用意してある。

相模湾のヤリイカが本格シーズンに入った。
手馴れた人はコンスタントに20杯以上釣っているが、イカの反応は小さい。相模湾ヤリイカは群れを追ってのピンポイント狙いで、潮流や風向きを見極め、ここぞという反応に当てる。イカの群れが小さいときは苦労する釣りだ。
それでも慎重に反応に当てた甲斐あって、投入のたびにヤリイカが顔を出す。3点掛け、4点掛けが連発し、ついには9点掛けの離れ技も飛び出した。足元のタルで元気に泳ぐ身厚のヤリイカは、今が一番美味しい季節だ。
現在のポイントは城ヶ島沖の130〜160mダチ。港からも近く、季節風の影響も少ないポイントなので、ヤリイカ入門の釣り人にもお勧めしたい。
この釣りの魅力はその食味にもあり、イカ刺を食べたいがためにリピート釣行する人も多い。釣り人にしか味わえない超新鮮なヤリイカ刺身を堪能するなら今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2013年1月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
最新記事
東京湾のタチウオが好調!今シーズンも走水沖〜猿島沖で連日ドラゴン級が取り込まれている!好機継続中!タチウオとのカケヒキと強い引きを楽しもう!!
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読