MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。

昼間に極上寒ブリを狙うならジギングでっ! 貴重なシケの合間の凪ぎ日に注目

山々はすっかり雪化粧中。車での釣行はスタッドレスタイヤで。

スキルジグに12㎏と10㎏が同時ヒット。最高級のブリだ。

ヒットレンジはボトムから中層までさまざま。中層ヒットが多かった。

れも10kgオーバーのブリ。ボトムから20m上でヒット。

タモに収まればほっと一安心。

前半戦にヒットしたブリ。とにかくデカイ。これ以下のサイズはこの日は1本も掛からなかった。

サイズは150〜200g。セミロングタイプがベター。

ブリを3本ヒットさせたジグはコレ。スキルジグだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「八海丸」。

10年に一度の当たり年といわれるほど、今期はブリが上越沖に回遊している。このブリは極上だ。見事なボディに見合った極上の味で、肉厚の身には脂がたっぷり。師走になると富山の氷見のブリや佐渡島のブリが話題になるが、まさにそのブランドブリと同じ個体なのだ。
このブリを昼間に狙って釣るのは、ジギングのみ。上越・有間川漁港の「八海丸」では、このブリを専門に釣らせてくれる数少ないルアー船である。
秋元誠船長は、
「うちのメインは青物ですが、今期は過去最高レベルのブリの群れが回遊してきましたね。7㎏以上のブリばかり入れ食いで船中何十本なんて、ワラサならともかく過去に経験がありませんよ」と、ブリ爆釣日を振り返る。
例年、上越沖には11月半ばから年始にかけてブリが回遊する。とはいえ、ここは日本海。季節風の影響のため、なかなか出船ができない時期に突入している。凪ぎさえすればチャンス! ということだ。
ポイントは有間川沖水深50〜70m。メタルジグ150〜200gをボトムからシャクリあげ、水深の約半分くらいまで誘うを繰り返す、がここのパターン。
寒ブリを食べたいなら、とにかくここでジグをシャクルしかない

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読