沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

寒ブリ大回遊!10年ぶりの当たり年だっ【新潟県上越・有間川沖】

上越沖では、毎年、11月半ばからブリが回遊する。全国的にもブリは年々増加しているが、ここのブリはちょっと違う。あの有名な高級ブリ、富山の氷見の寒ブリと同じなのだ。丸々とした魚体、そして、身にはたっぷりと脂を蓄え、最高級ブリの名のとおり、食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしの魚だ。


昼間に極上寒ブリを狙うならジギングでっ! 貴重なシケの合間の凪ぎ日に注目

山々はすっかり雪化粧中。車での釣行はスタッドレスタイヤで。

スキルジグに12㎏と10㎏が同時ヒット。最高級のブリだ。

ヒットレンジはボトムから中層までさまざま。中層ヒットが多かった。

れも10kgオーバーのブリ。ボトムから20m上でヒット。

タモに収まればほっと一安心。

前半戦にヒットしたブリ。とにかくデカイ。これ以下のサイズはこの日は1本も掛からなかった。

サイズは150〜200g。セミロングタイプがベター。

ブリを3本ヒットさせたジグはコレ。スキルジグだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「八海丸」。

10年に一度の当たり年といわれるほど、今期はブリが上越沖に回遊している。このブリは極上だ。見事なボディに見合った極上の味で、肉厚の身には脂がたっぷり。師走になると富山の氷見のブリや佐渡島のブリが話題になるが、まさにそのブランドブリと同じ個体なのだ。
このブリを昼間に狙って釣るのは、ジギングのみ。上越・有間川漁港の「八海丸」では、このブリを専門に釣らせてくれる数少ないルアー船である。
秋元誠船長は、
「うちのメインは青物ですが、今期は過去最高レベルのブリの群れが回遊してきましたね。7㎏以上のブリばかり入れ食いで船中何十本なんて、ワラサならともかく過去に経験がありませんよ」と、ブリ爆釣日を振り返る。
例年、上越沖には11月半ばから年始にかけてブリが回遊する。とはいえ、ここは日本海。季節風の影響のため、なかなか出船ができない時期に突入している。凪ぎさえすればチャンス! ということだ。
ポイントは有間川沖水深50〜70m。メタルジグ150〜200gをボトムからシャクリあげ、水深の約半分くらいまで誘うを繰り返す、がここのパターン。
寒ブリを食べたいなら、とにかくここでジグをシャクルしかない

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

日本海の極上寒ブリを狙うなら上越沖! 仕掛けと釣り方(第二八坂丸)

タックルは、「日本海電気釣り仕様」といわれる4mを超える長尺竿に実績がある。リールはPE8号300m以上巻ける中大型電動リール。道糸のPEラインは一生に何度もないブリとの対峙に備えて新品を用意したいもの。


冬の風物詩、夜のイカブリ好調! 仕掛けと釣り方を解説(秀正丸)

冬の風物詩、夜のイカブリ好調! 仕掛けと釣り方を解説(秀正丸)

イカブリ仕掛けは独特だ。ハリス26号以上、長さ3〜4.5m。イカエサのため、親バリと孫バリを打ち、親バリ近くに6〜8号のナツメオモリを付ける。昼間のコマセ釣りに比べると太仕掛けだが、ハリスを細くする必要はない。理由は夜だからだ。


寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

寒ブリの落とし込み釣法! 仕掛け&釣りの流れ(湘南 海成丸)

落とし込み釣りに適した竿は専用竿だが、使用オモリに対応した7対3〜6対4調子の竿があれば楽しめる。長さは1.6〜2.5mくらい。「竿はコマセのキハダで使っていたものやビシアジ用なんかでも十分に対応できます」という「湘南 海成丸」の鈴木敦船長。


寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

寒ブリを落とし込み釣法で釣る! 仕掛け&釣り方(湘南 海成丸)

モリは150号。そのため、竿は150号オモリに対応できるものを使うこと。落とし込み釣りに対応した青物専用竿、コマセのキハダ用、軟らかめのビシアジ用などさまざまなタイプの竿が使える。


”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

”イワシ”がキーワード !-食わせサビキ釣り-(ディープオーシャン)

「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。


最新の投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

11月3日(土)に開催された「第8回 鋸南町カワハギフェスティバル」の結果報告です。


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

11月25日に波崎沖大根周辺海域で開催される「2018テイルウォークカップ 『北村秀行』チャーマスフェスティバル 」の参加者募集内容です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読