MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のサビキカマスは夏のファミリーフィッシングに最適【相模湾】

相模湾のサビキカマスは夏のファミリーフィッシングに最適【相模湾】

うだるような暑さの日々が続いている。こんな日はじめじめした陸よりも、海の上で潮風に吹かれていた方が過ごしやすい、といつも思う。学校は夏休みに入り、釣り船には親子連れのファミリーアングラーも目立ち始めてきた。江の島沖のカマス釣り、浅場のサビキ釣りで多点掛けが楽しめる、まさに夏休みのファミリーにぴったりなのだ。

江ノ島沖のカマス釣りは、浅場でズラズラ多点掛けが楽しいぞっ! ファミリーフィッシングにおすすめです

夏休みに親子で楽しむなら、この釣りゼッタイおすすめ!

コマセも使わずエサ付けも不要のフラッシャーサビキ。ビギナーでも簡単にできる釣りだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「多希志丸」。

向かった先は腰越港の「多希志丸」。周年根魚を看板にしている老舗だが、大船長と若船長の二隻出しで浅場の釣りにも出船している。現在出船中のカマス船の他、季節によってマルイカやカワハギ、シロギスなど季節に応じたターゲットを狙い分けている船宿だ。
7月28日のカマス乗合は釣り客6人ほどと、ゆったりとした釣り座で出船となった。浅場のカマスといえば、てっきり烏帽子岩近辺がポイントだと思っていたが、港を出て5分もしないうちにエンジンがスローになった。江の島のヨットハーバーが近くに見える、ここらへんで釣りをするのは私は初めてだった。鈴木猛船長によると、最近見つけたカマスの寄るポイントらしい。すぐに投入の合図が出た。
夏場のカマス釣りは、フラッシャーサビキを使う。腰越漁港はシラスの産地として有名だが、相模湾の魚たちもこのシラスが大好き。フラッシャーサビキは水中で細長くたなびき、シラスを模した動きをする。カマスを初め、アジやサバなどにも効果の高い仕掛けだ。エサ付け不要、さらにコマセも使わない。沖釣りの中では、最も手軽な仕掛けの釣りと言えるだろう。
水深は5mほどと浅い、底は根があるのでオモリが付いたら少しタナを切って、竿をゆっくりと上下してサビキに動きを与える。釣り方も簡単だ。
すぐに竿先がガクガクと揺さぶられた。ずらずらと上がってきたのはウルメイワシ。サビキ五目ではよく掛かる魚だ。虹色に輝く魚体は刺身ですこぶる美味。ただし、鮮度落ちが速い魚なので、釣ったらすぐに氷を効かせた海水に入れてやる必要がある。

食い渋りの一日だったが、60匹、70匹という日もあるそうだ。最新釣果をチェックしてファミリーでゴー!

相模湾の浅場でカマスが釣れている。腰越港「多希志丸」が狙うのは、港の目の前。水深5~10m前後だ。

この日はカマスの食いが渋かったかわりに、刺身が美味しいウルメイワシが鈴なりで釣れた!

大型カサゴ。ウレシイゲストだ。

いい思い出になったかな!?

気がつくと、周りは6隻ほどの船団となっている。他港のカマス船も腰越沖に集結しているようだ。しかし、カマスはなかなか当たらない、仕掛けが底に着く前にウルメイワシが食って、カマスのタナに届かないのかもしれない。
やや遅れて私も竿を出した。さっそく穂先がガクガクと震えるアタリで上がってきたのはアジ。そして、タナを底から2mほどの高めに取ると、今度はウルメイワシが鈴なりだ。
親子連れの少年が本命のカマスを上げた、25㎝と夏の時期にしては良型のヤマトカマスだ。ウルメイワシの食いが収まり、これからカマスが顔を出してくるかと期待したが、その後はアタリが遠くなってしまった。前回出船の際には、50~60匹前後と絶好調だったカマスだが、この日は潮が明るくなってしまったせいか、反応があっても口を使わない状態だそうだ。その後、15mの深場などあちこちと探索するが、たまに顔を出すのみとなってしまう。アジの他に、カサゴやニベもまじり、五目釣りとなって沖揚がりの時間を迎えた。
数日前までトップ60匹、70匹と絶好調だったのに、この日は残念な結果に終わってしまった。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読