MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型アマダイの引きと味を堪能だ【相模湾・江ノ島沖〜城ケ島沖】

大型アマダイの引きと味を堪能だ【相模湾・江ノ島沖〜城ケ島沖】

年末を締めくくるターゲットとして人気があるのが赤い魚。オススメのひとつがアマダイだ。相模湾ではベストシーズンに突入、各船宿で好釣果を記録。葉山あぶずり港「たいぞう丸」では11月17日からアマダイ船をスタート。当宿は大型アマダイにこだわって狙っており、コンスタントに50㎝オーバーまじりで大型アマダイを取り込んでいる。

perm_media 《画像ギャラリー》大型アマダイの引きと味を堪能だ【相模湾・江ノ島沖〜城ケ島沖】の画像をチェック! navigate_next

狙いは50㎝オーバー! デカアマポイントは 江ノ島沖〜城ケ島沖

菊池美景さんは40㎝に迫る良型を手にした!

途中、「グイグイ」と抵抗する引きはアマダイだ!

取材当日最大は44cm。

アマダイは昆布締め、酒蒸しなどが美味しい高級魚だ。

アマダイ名人の末岡 兼さんは、置き竿釣法で40cm級の良型。

当日は前半に末岡さんが40cm級を連発。

二子新地で居酒屋「銀の蔵」を経営する菊池親子も釣果はバッチリ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

葉山あぶずり港「たいぞう丸」では、キハダ&カツオが終了してからマルイカが開幕するまでの間、アマダイを狙って出船している。当宿のウリは大型狙い! 50㎝オーバーの大型にこだわって狙っている。
今シーズンは11月17日からアマダイを開始。開幕から二日後には51㎝の大型が取り込まれた。その後もコンスタントに50㎝オーバーが取り込まれている。話題に上がるのは50㎝オーバーになるが、40㎝台後半もコンスタントに取り込まれているのだ。
「たいぞう丸」が狙っているポイントは江ノ島沖〜城ケ島沖。水深はおもに100〜120mだ。
山本真一郎船長によると、今後は城ケ島沖を狙う機会が多くなるという。ただし城ケ島沖のポイントは潮がカッ飛んで釣りにならない。また、シケの日は行けないので凪の日限定だ。城ケ島沖に行けないときは、葉山沖〜江ノ島沖を狙う。

竿は先調子気味がオススメ、道糸が細ければLTもOK。仕掛けは2本バリ、全長は2m前後

末岡さんは先調子のイカ竿を使用。

付けエサはオキアミ。1匹掛けが基本。

「たいぞう丸」では通常タックルの場合、オモリは80号を使う。そのため竿は、オモリ80号に対応した7対3〜8対2調子の2m前後。ビギナーは7対3調子がオススメだ。なかには6対4調子の竿を使う人もいるが、軟らかい竿は中級者以上向きだ。竿が軟らかいと誘いづらく、またアワセも効きづらくなる。
リールは小型電動。仕掛けの上げ下げが多い釣りなので、電動リールがオススメだ。
道糸はPEラインの3〜4号を300mは巻いておこう。
また「たいぞう丸」では、道糸がPEラインの2号以下ならオモリ60号でもOK。この場合はLT(ライトタックル)でも大丈夫だ。竿はオモリ60号に対応したライト用ロッドの1.5〜2m。リールは小型電動がオススメ。しかしオモリが80号から60号に変わったことで巻き取りが苦でなければ、小型の手巻きリールの使用でも問題ない。PEラインの0.6〜1号を道糸にする場合は、フロロカーボンの5〜6号を先糸として結んでおくこと。
仕掛けの全長は2〜2.2mぐらい。ハリスは3〜4号。あくまでも狙いは50㎝オーバーの大型。また場所によってはマダイもまじる。水深100m前後で掛かるマダイはサイズがいい。やり取りに自信がない人は、迷わずハリス4号を使おう。
ハリはチヌ(4〜5号)、丸カイズ(13号前後)などが一般的。このほかマダイバリやイセアマなどもオススメだ。ただし小さいハリは飲まれやすくなるので注意しよう。
基本の仕掛けは2本バリ。枝スを出す部分は小型の親子サルカン、または三又サルカンを介するのが一般的。
仕掛けを軽いバランスにしたいときは、直結で枝スを出すのもアリだ。ただしこの場合、枝バリにトラギスやアカボラなどの小型魚が掛かったときに高速で巻き上げると仕掛けがヨレやすくなるので注意しよう。
下バリから10〜20㎝の位置にガン玉を付けるのもOK。潮が速いときに仕掛けの浮き上がりを抑えるのに有効だ。1号〜3Bぐらいまでを用意しておくといいだろう。
付けエサはオキアミ。ひとつのハリに1匹を付けるのが基本。尾羽をハサミでカットして、その切り口からハリ先を刺し入れ、ハリの軸に対してまっすぐ刺す。オキアミが曲がっていると、仕掛けの上げ下げ時に回ってしまい、絡むので注意すること。

タナはオモリを海底から1〜1.5m巻き上げた位置

「たいぞう丸」の山本真一郎船長によると、タナはオモリを海底から1〜1.5m巻き上げた位置だという。仕掛けが2m前後なので、仕掛けの長さの半分ぐらい巻き上げるのが基本だ。
あとは潮の速さ、エサの取られ方、掛かるゲストの種類、ハリにゴミや泥がついてくるかによって微調整する。
アカボラ、イトヨリ、アラなどが掛かるタナは正解。ガンゾウビラメ、ムシガレイ、トラギスなどがあまりにも連発するなら、タナを少し上げよう。

居食いもあるので、変化を感じたらアワせる!

アマダイ釣りではアワセも大事である。アマダイは海底付近にいる魚。36ページで解説したタナで海底付近にエサを漂わせて狙う。潮が流れないときなどは、ハリスが弛むなどしてアタリがはっきり出ないときもある。
また活性が低いようなときは、アマダイがエサを食べて居食いしていることもある。居食いしているときもアタリが表れにくい。
このように条件によってはアタリが明確に出ないこともあるので、少しでもアタリのような変化があった場合は、必ず竿を立ててアワせてみよう。アワせることでアタリがはっきりと出たり、魚が動きだしてアタったのが確認できるのだ。
アワセのタイミングにもよるが、しっかりアワせたほうがハリを飲まれにくくなるだろう。

大型が掛かったときのやり取りについて

見事アワセが決まってフッキング。いきなり電動のスイッチを入れたら、魚が急に強く引いてプッツン…。アマダイ釣りで、よくあるバラシのパターンがコレだ。
大型アマダイの突っ込みは、良型マダイに匹敵するぐらいに強い。ハリス3号で、ドラグを締め気味にしていては簡単に切られてしまう。
そのためタナを取ったらまずはドラグを調整をすること。
そしてアタリがあってアワせたら、すぐに電動巻きするのはNG! 最初の10〜20mは手巻きでやり取りをすること。
この間に魚の大きさを判断しよう。魚が小さいとわかれば、その後は電動巻き。魚が大きいときは電動巻きでもいいが、やり取りに自信がなければ最後まで手巻きのやり取りがオススメだ。
やり取り(糸を巻き上げるとき)は、左のイラストのように、竿先を上方に向けること。この状態で巻き上げると、魚が急に引いてドラグで対応できないときに、竿先を下げることで対応できるのだ!

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル