MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
茨城海域ヒラメ全面解禁中! 良型を確実にキャッチせよ!【波崎沖】

茨城海域ヒラメ全面解禁中! 良型を確実にキャッチせよ!【波崎沖】

解禁した後、12月に茨城県内全域(一部を除き)でヒラメ釣りができるようになった。波崎沖いわゆる神栖沖〜波崎沖も12月からの解禁エリアで、波崎を基地とする遊漁船は地先でのヒラメ釣りが可能になった。

これからはイワシの回遊がある。それに期待。イワシに付いた大型ヒラメがたまらない魅力だ!

ポイントを知り尽くす船長の操船が有名は「庄栄丸」は土日は混雑必至。ポイントは陸近く。浅場では横流し釣りが主流。

朝いちにヒットした良型ビラメ。

このように確実釣果を求めるなら波崎沖がオススメだ。

肉厚食べごろサイズが立て続けにヒットした。

茨城ヒラメはますます美味しくなっている。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「庄栄丸」。

12月1日、ヒラメファン待望の茨城海域がほぼ全面解禁した。
波崎「庄栄丸」幸保重行船長は、一年の約半分を漁師として過ごす。もちろんヒラメ漁も行っており、ヒラメに関してはすこぶる詳しい。
「12月はうちの地先の海が解禁したけど、広範囲にヒラメがいるね。数年前の爆釣をイメージする人は多いけど、今年はいつもの海に戻った感じだよ。浅場で小ぶりのヒラメを数釣り、大型は魚礁や根周りで。なんといってもこれからはイワシの回遊があるからね。それに期待したいね。イワシに付いた大型ヒラメが魅力だよ!」と船長。
この大型ヒラメ狙いでは4㎏オーバーはザラだ。だから、8号以上のハリスは必携。イワシの反応で船を流すときは、船長からアナウンスされるので、即座に仕掛けを替えよう。万全の大物対策を忘れずに!!

横流し釣りがメイン、横流しの意味を再確認。風下側は船の流れる速さによりオモリを変える

陸近くの浅場での横流し釣りで流れが速いときは、小さなアタリを逃さず捉えることが大事だ。

12月に解禁した波崎沖は横流しに適したポイントがほとんどであるため、ほぼ半日横流しオンリーと思ってよい。
ここでよく理解しづらいのは、横流し時の右舷と左舷の呼び方。イラストのとおり、横流し釣りは、船は風を船の側面に受けて“風”の力を利用して船を流しているので風を土台にした解説になることを改めて理解しておこう。
つまり、右舷と左舷の説明は、潮上側、潮下側ではなく、風上側と風下側ということになるのだ。
例をあげると、左舷に風を当てて船を流せば、左舷が風上側、右舷が風下側になる。この場合風下側にあたる右舷が先にポイントに入るので、有利になる。
このまま、船を流し続ければ、風下側の人にばかりヒラメが釣れてしまうこととなるので、各船長は、ポイントを流し終える度に船の向きを180度変えて、全員が平等にチャンスがあるように操船することとなる。
ここでよく問題にされるのが、有利な釣り座である風下側。船は風の力で流されぱなしなので、いわゆるトローリング状態になっている。つまり、ある程度船が流れると道糸が斜めになってしまうのだ。風下側の釣り人の道糸は船下に食い込むこととなる。この状況を釣りにくいと感じる釣り人が多いのが理由だ。逆に風上側は道糸が沖目に出ていくので釣りやすい。
茨城海域の船宿は、使用オモリは80号が標準だ。もちろん、これはポイントの水深によるものではなく、横流し釣りを行うからだ。
だが、風下側(道糸が船下に食い込む側)の釣り座では、さらに重いオモリを推奨する船宿も多い。
「うちでは120号まで状況に応じて使ってもらっているよ」とは、「庄栄丸」幸保船長。
風が強くなればなるほど、船は速く流れることとなる。流れが速いときはオモリ80号でもすぐに海底から吹き上げられてしまうからだ。
「風上側はオモリは軽めでもいいけど、風下側の人が軽めを使うと底ダチ取りのためどんどんと道糸を伸ばしてしまって、風上の人の仕掛けをオマツリしてしまうんだよね。せっかく、有利な釣り座なんだから、できるだけ道糸は伸ばさないほうがいい。だから、オモリを重くするんですよ」と船長は話す。    
この考えで釣りをすると、船の流し変えのたびにオモリを交換することとなる。

「庄栄丸」幸保重行船長のヒラメ必釣法

横流し釣りでは、マダイ竿の流用もオーケー。とくに風下側では効果的だ。

横流し時のヒラメ釣りには絶対の自信があるという、「庄栄丸」幸保重行船長に必釣法を聞いた。
まずは、仕掛けは捨て糸は7号40㎝ほど。ハリス6号90 ㎝。孫バリにはトリプル8号を付けるという一般的なもの。
「仕掛けにそんなこだわりはありません。捨て糸に7号を使うのは根掛かりしたときのオモリのロストを少なくするためです。まずはエサ付けかな。横流しでは孫バリは絶対にイワシの背びれに打つほうがいいよ。どうしてかって? 下ビレ付近や肛門に打つと根掛かりが多くなるでしょ。これからの季節はタコ漁のポイントも流すこともあるから、タコ壷の縄にすぐ引っかかってしまうよ。そして、大型を狙うなら孫バリは背側で胴部に打つ。尻尾のほうに打つほどハリが外れることが多くなるよ」という。
タナ取りは、底をオモリトントン。置き竿が基本。船長はアタリが出てからが勝負だという。
「たいていの人は、アタリが出てからハリ掛かりまでいたらないのがほとんどです。いかにハリ掛かりさせるかがこの釣りの最大の肝かな」
では、どうやっているのか。
「まずはヒラメがイワシをどうやって食うかをイメージしてください。ヒラメがイワシに食いついたあと、たいていの場合、その後、食いなおしをします。初めの食いつきのときの釣り人の竿を操作がここではカギになる。いかに、最初の食いから二度目の本気食いにさせるか、なんです。本気食いに持ち込めばハリ掛かり率はかなりアップします」
具体的にはこうだ。
竿はできるだけ水平より少し下で持ち、静かに待つ。すぐに食い込まなければ、海面まで竿を送りこむ。ここからが大事。送りこんだ直後にリールから道糸を引っ張りだして竿先をもとの位置に戻す。ここで待ち、食い込まなければ、もう一度この動作を繰り返す。この2度の送り込みで食い込まなければ、ほぼ食い込まないヒラメと判断。
食い込んだらすぐにアワセはいれずに2度ほどグイグイと強い引きこみがあったところで、竿を持ち上げるようにアワセを入れる。このアワセもあまり強くなくてよい。
一連の動作で大事なことはけして道糸のテンションを緩めていないこと。
船の流れが速いからといって、クラッチフリーで道糸を出しオモリを底に置いて食わせるようにはしないという。
さらにタナについてこんな話もしてくれた。
「一般的には捨て糸長めで高ダナ狙いは大型って説があるけど、捨て糸短めでベタ底狙いの人ばかり良型ばかり来て、捨て糸長めの人にはソゲばかり釣れた、なんてこともあった。12月なってからも濁り潮がきつかったからね。潮がにごっているときは、タナは低めのほうがよいですよ」という。
これとは逆のケースもある。それは、イワシ回遊時の渡りビラメ狙いのときだ。
このときばかりは、気持ちタナは高めに設定しよう。ヒラメはベイトのイワシを見ている。だから、タナは高めでよいのだ。捨て糸を長めにとるなどして、高ダナ攻めを意識しよう。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読