MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
年末年始に「夢」を狙え! 冬の勝浦沖で夢の大アラを追う【勝浦沖】

年末年始に「夢」を狙え! 冬の勝浦沖で夢の大アラを追う【勝浦沖】

深海釣り集団「TEAM OKAMOTO」恒例行事のひとつが外房勝浦「初栄丸」で初夏と冬の2回、幻魚「大アラ」をメインに据え、仕立船で午前午後ぶっ通しで中深場を釣る「12時間耐久フィッシング」だ。

納竿までの2時間で1㎏弱と2㎏、船中2本のアラ、ムツ、青メダイ、大サバと途切れぬアプローチに一喜一憂

浮かんできた何かが海面下で金茶色に変わる。本命だ! やがて海面にはじけるアラの魚体。夢の魚を釣り上げたぞ!

恒例となった「TEAM OKAMOTO」勝浦沖のアラ狙い。今回は私テル岡本が4.5㎏をゲット!

この日は朝のうち風が強く、午後からの出船となった「初栄丸」。勝浦沖水深250~300m前後を狙った。

深場からのシグナルを待つ。大アラのアタリは激しく、一気に竿が突き刺さる。

本命アラを抜きあげる! この日は船中3匹のアラが上がった。

編集部恩田が本命ゲット。大アラとは言えないが2㎏は立派。食べごろサイズだ。

ゲストでけっこうメダイがまじりお土産に。

アラも旨いが、ムツも味では引けを取らない高級魚だ。

者のタックルは、竿がアルファタックル「ディープインパクトライト220」、リールがミヤエポック「コマンドAC‐3JPC」。

ラ用3本バリ仕掛け。橙、青紫、濃緑のフジッシャー毛鈎の鉄板3色に加え、マシュマロボールをセット。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」。

大アラに狙いを定め、これまで何度か「12時間耐久フィッシング」に挑戦し、渡辺和明船長の下、8~9.5㎏と文句なしのビッグサイズ、トップ3本、船中7本等々、「持っている」メンバー達が、ほぼ100%の確率で勝浦沖にアラを浮かべ続けてきた。
もちろん相手は幻の魚だ。全員が幻を手にする事は「夢のまた夢」であり、望むべくもないが、誰もが自身の強運を信じ、この日もディープゾーンに対峙する。
今回挑んだのは11月25日。午前中強風で、午後から出船。「12時間耐久フィッシング」とはいかず「短期決戦」を強いられた。
ところが、開始1時間半ほどで筆者が4.5㎏強のアラを浮かべ、まずは勝ち抜け。
後半、納竿までの2時間で1㎏弱と2㎏、船中2本のアラ、グッドコンディションのムツに青メダイ、大サバと途切れぬアプローチに一喜一憂のメンバー達。今回も夢を叶えた者、破れた者があったが、それぞれの夢の続きを乗せ、またいつか、「初栄丸」は勝浦沖を目指すだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読