MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

秋から冬にかけてシーズンを迎える東京湾のアオリイカ。キロ級の良型が竿を止める衝撃は他の釣りでは味わえない快感だ。鴨居港の「きよし丸」はアオリイカ釣りを得意にしていて、シーズンになると毎年通っている船宿だ。今年のアオリイカの模様はどうだろうか?

perm_media 《画像ギャラリー》キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

船を流し変えるたびに竿が曲がり、トップはなんと18杯。キロ前後の良型主体に平均で約6杯、船中33杯と近年稀にみる好釣果だった

たまらん引きにたまらん味です。

ロングロッドは軽いシャクリで餌木を鋭く動かせる。また、釣趣も満点。

墨まみれの笑顔! やっぱ釣れればウレシイもんね。

ピンク、オレンジの定番系はもちろんだが、グリーン、茶、紫などカラーは豊富にそろえておきたい。

アオリはおいしい高級イカ。刺身が最高、バター炒めなど火を通しても旨い!

見てみ、この釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居港「きよし丸」。

東京湾のアオリイカが盛期に入り、鴨居港「きよし丸」ではキロ前後のアオリイカが順調に釣れている。乗せた瞬間にドスンと衝撃が伝わるアオリイカは釣趣もさることながら、抜群の食味で人気が高い。スルメやヤリイカのように大群をなすことはないため、1杯の価値が高いイカ。まずは最初の1杯を釣り上げることを目標としよう。
取材日には、船を流し変えるたびに竿が曲がり、トップはなんと18杯も釣り上げる絶好調日。キロ前後の良型主体に平均で約6杯、船中33杯と近年稀にみる好釣果だった。潮が濁ってトロトロ流れる条件の良い日なら、こんな釣果も夢ではない。
「今年はまだ港前で数が出てないんです、本番はこれからだと思います」とは、小田 淳船長。水温が下がって鴨居前の50m前後で乗り出してくれば、スミイカも多くまじる餌木イカ釣りが楽しめる。年末から年始にかけても狙い目だ。イカの中でも最高級と称されるアオリイカで正月の膳を飾ろう!

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル