MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のイシモチはビギナーも満足のお手軽ターゲット【東京湾】

東京湾のイシモチはビギナーも満足のお手軽ターゲット【東京湾】

ビギナーや家族連れ、グループ釣行におすすめな、お手軽な釣り物が少なくなる冬場。救世主的な存在が東京湾のイシモチだ。釣り方は簡単で釣果がほぼ確実な上、釣り場が近く比較的穏やかな海で楽しめるから船酔いが心配な方にも安心だ。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のイシモチはビギナーも満足のお手軽ターゲット【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

イシモチ釣りは派手なアタリと強い引きでビギナーでも釣った感を十分に味わえる。さらに、数も釣れます!

東京湾のイシモチ。手軽に数釣れて食べてもおいしい。冬のお手軽ターゲットとして家族連れや団体さんにもおすすめです!!

ガツガツ、ゴンゴン! 引きも強くて楽しいよ~。

でっぷりした良型。脂が乗ってそうだ。

血抜きしてからクーラーへ。このひと手間で刺身も塩焼きも、グンと味が良くなります!

トップ30〜40匹釣れる日が多く、お土産十分。

ちびっこが大きなアジをゲット。まじりのアジにおいしいぞ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

東京湾、八景沖のイシモチは冬でもバッチリ! お手軽な釣り物が少なくなるこれからの季節、オイラにお任せあれ! と元気ハツラツだ。
派手なアタリと強い引きでビギナーにも釣った感を十分に味わえ、数も釣れる。それでいて食い逃げアタリも多くカリカリと熱くさせられ、それをどうやって攻略するか腕の見せ所もある釣りだ。
「引きが強くて面白いってところは皆分かってくれてるけど、味の良い魚ってことではまだまだ認知されてないんだよなー。どんな料理にしても旨いけど、まずは刺身にしてみてよ。ホントに旨いから」とはイシモチに人一倍の情熱を持つ金沢八景「黒川丸」の黒川欣也船主。釣ったらすぐに血抜きするのが刺身で美味しく食べるコツで、わからなければ船長に聞こう。
「黒川丸」で普段イシモチ船を担当するのは佐々木丈志船長。ソフトな人柄で誰にでも釣り方などを優しく教えてくれるゾ。
「今のところ八景沖から本牧や横浜沖と広く探っていますが、そろそろ八景沖で群れが固まって安定して釣れるようになると思います」と佐々木船長。
束釣りの声が聞かれるのも毎年この季節。釣り場も近く手軽に釣れるイシモチは、冬場でも安心してビギナーにおすすめ出来る釣り物だ。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル