MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
3時半出船・10時帰港! 暑さ知らずのリレー釣り 【南房太海沖】

3時半出船・10時帰港! 暑さ知らずのリレー釣り 【南房太海沖】

午前3時20分、早朝とも呼べぬ真っ暗闇の中で出船。日中はうだるような暑さが続いているが、さすがにこの時間帯ならば、猛暑にやられることもない。早出・早帰りのサマータイム乗合、夏の避暑釣りやってみました。

まずはムツ狙い。渋いながら3点掛けのシーンもあった。そして、イカへのリレーを告げた

3時半出船、10時帰港、出船が早い分帰港も早い。暑い日中の釣りが避けられる夏向きの釣りだ。

薄暗いうちに行うフラッシャーサビキのクロムツ狙い。この日は食いが渋かったが3点掛けも飛び出した。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・太海港「聡丸」。

まだ夜も明けやらない早朝にフラッシャーサビキでクロムツを、そして後半には釣況に応じてスルメイカもしくはオニカサゴを狙おうという贅沢な釣りが、南房太海沖のフラッシャー五目のリレー釣りだ。
出船する「聡丸」の集合時間は朝3時だ。受付で手続きを済ませ、台車で荷物を運んで釣り座の準備が整うと、もう出船だ。時刻は3時20分だった。
3時20分出船だが、それでもドタキャンがあり、当事者への確認で遅くなったとのこと。この釣りは早く出船し、速く上がってくる「サマータイム」な釣りなのだ。
さてさて、船は真っ暗な海を20分少々走って、まずはフラッシャーサビキでクロムツ狙いの開始となる。「聡丸」ではゆったりと釣りを楽しんでもらいたいと、大型船に12名限定で予約出船させている。
「水深は94m。底から20mくらい上まで誘って」の指示どおりに攻めるが一流し目は船中空振り。二流し目で、私に尾頭付き塩焼きサイズ25㎝級の本命が上がる(しかしこいつの顔は何度見てもギャオス(古っ!)を彷彿させる、と思うのは私だけだろうか?)。船長からはすかさず「クロムツが顔を出しましたよ」とアナウンスが出るも、その後が続かない。
30分ほどして左隣氏も私と同級をスレ掛かりで釣るが、船長の「反応はあるんだけど…」の言葉と合わせ、食い渋りの典型的なパターンだ。「魚が居ても食わない」は沖釣りというか釣りではよくあること。これがやる気の有る無しに関わらず、根こそぎ捕ってしまう網漁との違いなのだ。だから釣りで種の絶滅なんてあり得ない、釣りは自然に優しいんだ! なんて八つ当たり気味に叫ぶつもりはこの時点ではなく、自然に優しい釣り人からの脱却を図るべく誘いを掛けまくっていたのだが…釣れない。普段ならクーラーにもう入り切らないと、船長の目を盗みつつ? 放流するサバやアジも私だけでなく、船中でもほとんど釣れていない。
ようやく魚たちが口を使いだしたのは、曇天の空に明るさが戻って来た5時前のこと。まずは中型のサバに始まり大型のウルメ、そしてサバも大型が回りだすと、これに触発されたかのようにムツも上がりだした。ポツポツと単発が多い中、右舷トモ寄りでは3点掛けのシーンもあっていよいよ本調子…と思ったのもつかの間、この時合いもほんの一瞬で、またも沈黙の時間に逆戻りしてしまう。船長は「食いの渋い時は型も悪いね。あきらめてイカに行きましょう」とイカへのリレーを告げた。

リレー釣りといってもタックルは同一でOK

タックルはイカ竿やアジ竿など1本でどちらの釣りもできる。仕掛けをファラッシャーサビキからイカサビキに換えるだけだ。

リレーのイカも渋かった。本来はこんなもんじゃないハズだ

おいしい高級魚。脂が乗っていて、刺身、塩焼き、煮付け、なんでもおいしい。

ところが移動前にちょっと話を伺うと「イカもイマイチの無線が入った」とのこと。前々日はトップ56杯の釣果があり、前日は定休日も他エリアの船がやはり50~60杯釣っているというのに。
これを聞いて私はイカヅノは14㎝、色も濃いブルー、ピンクが中心ながらケイムラや淡いブルーも入ったアンテナショップ的な? 仕掛けを選択した。本来なら18㎝、ツノ色も濃いブルーとピンクの2色で十分な時期だが、乗り渋りそしてイカのサイズも中型以下であろうことを想定してのことだ。
釣り場の水深は120mほど。直結10本仕掛けを放り込み、電動シャクリでガシガシと探るも予想通り? 反応はない。それじゃあってんでスルメ釣りでは滅多に使わない、タナを決め打ちシャクリの後イカの乗りをキャッチし掛けて行く釣り方を試すもこれまた反応が無かった。
 それでも何度目かの投入時、100m付近で仕掛けの落下に変化が出た。道糸がわずかにふけ、落下速度がやや遅くなったのを見て、リールのクラッチを入れひとシャクリするとズン! と来た。そのまま何度か手巻きアシストのシャクリ、そして中速での電動シャクリに移行し20mほど追い乗りを待ってから、巻き上げに入った。途中スルメらしいグングン! を楽しみ取り込んだのは、上から2本目に1杯、下の方に2杯の3点掛けのスルメだった。サイズはニセイカの親分級。乗っていたツノは濃いブルー、ピンク、ケイムラと3本バラバラ。アンテナ仕掛けが功を奏したとでも言うべきかも知れないが、イカが乗っていた位置といい、なんだかな~としっくり来ない感じだった。
残念ながらこの違和感は終日晴れることはなく、1杯を追加しただけで9時半に沖揚がり。船中釣果はクロムツが0~8匹、スルメも0~8杯と激渋デーに当たってしまった。しかし南房のフラッシャーリレーがこんなものでないことは何度も経験済み。近い内に「20Lのクーラーでは役不足」の本来の状況に戻っているはずだ。

以上の記事は「つり丸」2012年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
アタリが頻繁、数もまとまり、食べれば超美味!東京湾のハゼが、連日、束超えを記録!ビギナーでも20や30匹は軽く釣れる。しっかり釣り方を覚えて、江戸前のハゼを天ぷらなどで存分にいただきましょう!!
最新記事
魁明丸(新潟西港)の釣果情報を掲載
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
御宿沖でイサキ釣りが爆釣で開幕!御宿沖のイサキといえば御宿岩和田港の「義丸」。解禁後初出船日は、7人中6人が定数50匹の釣れっぷり!今季もイサキはストレス発散の数釣りが楽しめそうだ。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読