MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
お手軽釣れて、食べても美味! 東京湾のLTアジに行こう【東京湾】

お手軽釣れて、食べても美味! 東京湾のLTアジに行こう【東京湾】

今回の釣行は11月の飛び石連休最終日。釣りに行くには最高の日だが、残念ながら強風予報。出船そのものを取りやめた船宿が多いなかで、周りを囲まれた東京湾奥のLTアジ船は心配ご無用。多少の風ではびくともしない。前日に船宿に電話すると「午後は風が強くなりますがアジを狙うポイントは全然大丈夫ですよ!」と力強いコメント。やった!

perm_media 《画像ギャラリー》お手軽釣れて、食べても美味! 東京湾のLTアジに行こう【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

連日束(100匹)前後のアジが釣れていて状況はかなり良しだっ! しかもポイントが港のすぐそばだから、半日船でも長く楽しめる!

東京湾のLTアジはファミリーでも手軽に楽しめる!

お父さんにサポートしてもらってアジの引きを楽しむ!

女性アングラーもこのとおり!

LTだからアタリがよくわかり、引きも楽しめる。

一荷も珍しくない。

20〜25㎝がアベレージ!

「つり幸」ではビシ40号を使用。

付けエサはアオイソメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」。

東京湾内のブランドアジ「金アジ」が現在絶好調。冬の厳寒期に備えて身体に脂肪をたっぷりと蓄え、脂がノリノリ。
川崎「つり幸」の竹中亮船長に話をうかがうと、「連日束(100匹)前後のアジが釣れていて状況はかなりいい! しかもポイントが港のすぐそばだから、半日船でも長く楽しめる!」とのこと。
「つり幸」のアジ船は使用ビシが40号のLT(ライト)釣法。初心者や子供でも簡単にトライできるとあって、友人グループや家族連れで賑わう。
好調さを裏付けるかごとく、釣行日は2隻出しの満員御礼で朝から船宿は大賑わい。一匹の魚を虎視眈々と集中して狙うのももちろん釣りの醍醐味ではあるが、仲間内でワイワイやる釣りも最高に楽しい。
アジのタナに仕掛けを投入して待つこと数秒。「ブルブルッ」とアジからの魚信がすぐにきて、想像以上の強い引きにハマること必至。取材当日も終日コンスタントにアジが顔を出して、みんな笑顔の絶えない釣りとなった。
釣りを楽しんだ後は、クーラーにたっぷりと入ったお土産のブランドアジの食味を堪能。刺身はもちろん、フライや焼き物も絶品だ!
朝から晩までみんなが楽しめる身近なレジャー・LTアジ。今が旬です!!

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル