MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
特許技術が生み出す「生体波動」で喰わせるタイラバが登場

特許技術が生み出す「生体波動」で喰わせるタイラバが登場

生体波動とジェット水流で生命観を演出するタイラバ。特許技術のJETホール(穴)がジェット水流を生み出し、生命感を演出。

「pudlee(パドリー) タイラバJET」の特徴

タイラバヘッドの特許技術のJETホールがジェット水流を発生。ヘッドの後方に生体波動を作り出す。

これによりネクタイやスカートも活発化、まるで生き物の泳ぎに演出。

ターゲットの狩猟本能を刺激し捕食スイッチを入れさせる。

サイズは50g、60g、80g、100g、120g、150g。

カラーはレッドオレンジ、オレンジ、ライムチャートの3色。

価格=1350円〜1850円(税別)

スタジオ ディーピーアイ [TEL]093-962-8891

関連記事
世界基準のオフショアスタンダードロッドシリーズ誕生!
更新: 2019-02-02 13:24:07
電動ジギング専用ジグ登場!
更新: 2019-02-02 13:24:36
近海の小物釣りに最適は軽量178gの両軸リール!
更新: 2019-02-02 13:25:24
不動の日本海オキメバル釣りの決定版ロッドに乗せ調子アイテム登場!
更新: 2019-02-02 13:25:43
深場のエサ釣りに欠かせない掛け枠の最終形!
更新: 2019-02-02 13:26:09
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読