MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功

ポイントは東京湾口一帯。マダイとイナダ、ワラサは同じポイントで狙うことができる。

タイラバ初チャレの坊内聡太くんのやり取りを見つめる田岡船長。

朝一番のひと流し目。いきなりのヒット! 船長の熱血指導のもと、頑張る!

見事、取材日の最大魚を仕留めたのは新宿区の坊内聡太くん。船釣り2回目。タイラバ初挑戦での快挙だ。

「息子のマダイより小さいですね」と、新宿区の坊内良太郎さん。いえいえ、一枚は一枚です。

小型でも玉網のアシストを仰ぐのが正解。大事な一枚、丁寧に取り込もう!

秋田県から引っ越してきたばかりという鎌ヶ谷市の吉川喜悦さん。「小さくて、ちょっと恥ずかしいですね」。

貴重な東京湾の冬のマダイが無事にタモに収まり、船上に感喜の声が響きわたる。

タイラバのヘッドは80〜100gがメイン。今季はオレンジ系のスカートが実績大、と船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

ひと月以上に渡って湾奥でイナダ、サワラを中心とした青物ゲームを展開していた同船が、湾口へと釣り場を変更。取材日はマダイ&青物狙いへとゲーム内容を変えたばかりだった。
快調な滑り出しに、期待感が膨れたが、その後はポツリポツリの拾い釣り。青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功した。
「これからはマダイと、イナダ、ワラサをメインにした青物中心に狙っていきます。サワラが出ればリレー形式で追いかけることもあると思います」
とは田岡要司船長。
近年、マダイはとても安定している。型を問わなければ一枚を手にすることはそれほど難しくはない。状況や希望次第では、アオリイカやモンゴウイカを同時に狙ったりもする、という。ターゲット豊富だからこそ、いろいろな楽しみ方ができる。
東京湾のルアーゲームは冬でも熱く楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル