MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。

青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功

ポイントは東京湾口一帯。マダイとイナダ、ワラサは同じポイントで狙うことができる。

タイラバ初チャレの坊内聡太くんのやり取りを見つめる田岡船長。

朝一番のひと流し目。いきなりのヒット! 船長の熱血指導のもと、頑張る!

見事、取材日の最大魚を仕留めたのは新宿区の坊内聡太くん。船釣り2回目。タイラバ初挑戦での快挙だ。

「息子のマダイより小さいですね」と、新宿区の坊内良太郎さん。いえいえ、一枚は一枚です。

小型でも玉網のアシストを仰ぐのが正解。大事な一枚、丁寧に取り込もう!

秋田県から引っ越してきたばかりという鎌ヶ谷市の吉川喜悦さん。「小さくて、ちょっと恥ずかしいですね」。

貴重な東京湾の冬のマダイが無事にタモに収まり、船上に感喜の声が響きわたる。

タイラバのヘッドは80〜100gがメイン。今季はオレンジ系のスカートが実績大、と船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

ひと月以上に渡って湾奥でイナダ、サワラを中心とした青物ゲームを展開していた同船が、湾口へと釣り場を変更。取材日はマダイ&青物狙いへとゲーム内容を変えたばかりだった。
快調な滑り出しに、期待感が膨れたが、その後はポツリポツリの拾い釣り。青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功した。
「これからはマダイと、イナダ、ワラサをメインにした青物中心に狙っていきます。サワラが出ればリレー形式で追いかけることもあると思います」
とは田岡要司船長。
近年、マダイはとても安定している。型を問わなければ一枚を手にすることはそれほど難しくはない。状況や希望次第では、アオリイカやモンゴウイカを同時に狙ったりもする、という。ターゲット豊富だからこそ、いろいろな楽しみ方ができる。
東京湾のルアーゲームは冬でも熱く楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
東京湾のタチウオゲームが好調継続中だ!横浜新山下「渡辺釣船店」では連日、良型中心にトップ30本前後!120㎝オーバーもコンスタントに釣れている!
最新記事
東京湾 剣崎沖でカワハギが秋最盛期目前!最強の戦略!エサをルアーのように動かす「横の釣り」をがまかつテスター・鶴岡克則さんが解説!
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読