東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。


青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功

ポイントは東京湾口一帯。マダイとイナダ、ワラサは同じポイントで狙うことができる。

タイラバ初チャレの坊内聡太くんのやり取りを見つめる田岡船長。

朝一番のひと流し目。いきなりのヒット! 船長の熱血指導のもと、頑張る!

見事、取材日の最大魚を仕留めたのは新宿区の坊内聡太くん。船釣り2回目。タイラバ初挑戦での快挙だ。

「息子のマダイより小さいですね」と、新宿区の坊内良太郎さん。いえいえ、一枚は一枚です。

小型でも玉網のアシストを仰ぐのが正解。大事な一枚、丁寧に取り込もう!

秋田県から引っ越してきたばかりという鎌ヶ谷市の吉川喜悦さん。「小さくて、ちょっと恥ずかしいですね」。

貴重な東京湾の冬のマダイが無事にタモに収まり、船上に感喜の声が響きわたる。

タイラバのヘッドは80〜100gがメイン。今季はオレンジ系のスカートが実績大、と船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

ひと月以上に渡って湾奥でイナダ、サワラを中心とした青物ゲームを展開していた同船が、湾口へと釣り場を変更。取材日はマダイ&青物狙いへとゲーム内容を変えたばかりだった。
快調な滑り出しに、期待感が膨れたが、その後はポツリポツリの拾い釣り。青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功した。
「これからはマダイと、イナダ、ワラサをメインにした青物中心に狙っていきます。サワラが出ればリレー形式で追いかけることもあると思います」
とは田岡要司船長。
近年、マダイはとても安定している。型を問わなければ一枚を手にすることはそれほど難しくはない。状況や希望次第では、アオリイカやモンゴウイカを同時に狙ったりもする、という。ターゲット豊富だからこそ、いろいろな楽しみ方ができる。
東京湾のルアーゲームは冬でも熱く楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読