MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】

「いきなりゴツゴツと来ました! 重かったです!」と、息を弾ませながら答えてくれたのは、新宿区の坊内聡太くん。11月下旬、マダイ狙いに出た「フレンドシップ」船上。朝一番、ひと流し目の出来事だった。マダイは2㎏ジャスト、初挑戦での快挙だった。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のタイラバゲームは冬の陣突入中!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功

ポイントは東京湾口一帯。マダイとイナダ、ワラサは同じポイントで狙うことができる。

タイラバ初チャレの坊内聡太くんのやり取りを見つめる田岡船長。

朝一番のひと流し目。いきなりのヒット! 船長の熱血指導のもと、頑張る!

見事、取材日の最大魚を仕留めたのは新宿区の坊内聡太くん。船釣り2回目。タイラバ初挑戦での快挙だ。

「息子のマダイより小さいですね」と、新宿区の坊内良太郎さん。いえいえ、一枚は一枚です。

小型でも玉網のアシストを仰ぐのが正解。大事な一枚、丁寧に取り込もう!

秋田県から引っ越してきたばかりという鎌ヶ谷市の吉川喜悦さん。「小さくて、ちょっと恥ずかしいですね」。

貴重な東京湾の冬のマダイが無事にタモに収まり、船上に感喜の声が響きわたる。

タイラバのヘッドは80〜100gがメイン。今季はオレンジ系のスカートが実績大、と船長。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

ひと月以上に渡って湾奥でイナダ、サワラを中心とした青物ゲームを展開していた同船が、湾口へと釣り場を変更。取材日はマダイ&青物狙いへとゲーム内容を変えたばかりだった。
快調な滑り出しに、期待感が膨れたが、その後はポツリポツリの拾い釣り。青物の気配が薄かったため、タイラバ一本に絞って展開。小型ながらもマダイはほぼ全員がキャッチに成功した。
「これからはマダイと、イナダ、ワラサをメインにした青物中心に狙っていきます。サワラが出ればリレー形式で追いかけることもあると思います」
とは田岡要司船長。
近年、マダイはとても安定している。型を問わなければ一枚を手にすることはそれほど難しくはない。状況や希望次第では、アオリイカやモンゴウイカを同時に狙ったりもする、という。ターゲット豊富だからこそ、いろいろな楽しみ方ができる。
東京湾のルアーゲームは冬でも熱く楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル