MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】の画像をチェック! navigate_next

本命の1つであるワラサを始め、カンパチ、イナダ、そしてヒラメなど、この時期らしい多彩なターゲットを全員キャッチ!

冬場のメインターゲットはこのワラサやブリ。北から降りてきた個体は丸々と太って脂が乗って超美味!

アシストフックを2本付けていると、イナダはダブルでヒットすることも珍しくない!

灘寄りではイナダが高活性! 全員キャッチでお土産は確実。このイナダがまた美味しい!

ポイントは波崎沖の大根や犬吠崎沖など、状況に応じて広範囲を攻めていく。

海水温がまだ高い影響か、カンパチも多い。

タックルは、青物用のスピニングの他に、スローピッチジャーク用もあると攻略の幅が広がる。

水深20〜45mを中心に60m以上を攻めることもあるので、ジグは150gをメインに200g程度まで用意しておこう。

魚探やソナーなど最新鋭機器で魚影を追いかける「征海丸」。魚探がベイトの反応で真っ赤になることも。この周囲にワラサやカンパチ、そしてヒラマサが!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「征海丸」。

12月上旬の取材時の水温は、本来であれば16度前後なのになんと18度。そんな厳しい状況であっても、須之内船長は魚探やソナー、そしてプロッターといった高性能最新鋭機器を駆使して魚影を探していく。そしてアングラーたちも、手を替え品を替え様々な攻略を試みる。
その甲斐あって、本命のひとつであるワラサをはじめ、カンパチ、イナダ、そしてヒラメなど、この時期らしい多彩なターゲットを全員キャッチ!
「遅れているということは、これから! ということす。水温が下がればかなり期待できると思いますよ!!」
実際、北のエリアには確実にブリやワラサがいる。Xデーは近いハズ。準備を万端にして、その時に備えよう!

以上の記事は「つり丸」2018年1月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル