MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、オオニベという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、オオニベという魚を知ろう!

オオニベは、スズキ目スズキ亜目ニベ科オオニベ属の魚。 千葉県外房・相模湾(少ない)、土佐湾から九州南岸までの太平洋岸、瀬戸内海(少ない)、東シナ海に分布。

オオニベ(スズキ目ニベ科オオニベ属)の生態

相模湾以南、瀬戸内海に生息するが、土佐湾から九州東岸、南岸に多い。体長1.5m、重さ30kg以上になる。
高知県ではヌベ。宮崎県では養殖が行われていて、ミナミスズキという商品名で流通していたことがある。
ニベ科の魚の胃袋からは「にべにかわ」という膠(にかわ)が取れる。主に漆器などを作るときの接着剤として盛んに使われていた。また頭部にある耳石という乳白色の石は江戸時代には漢方薬として将軍家にも献上されていた。
九州では人気の食用魚でスーパーなどにもよく並んでいる。特に大分県竹田市名物にハタや本種などの頭、内臓をゆでて冷やして食べる頭料理がある。大型のオオニベなら頭だけで10人前になるという。

オオニベの値段は?

関東には主に養殖物が入荷してきて天然ものは希。近年、三重県や大分県から活け締めものが入荷してくるが、馴染みがないために、それほど高くない。5㎏前後で1㎏あたり800円くらい。1尾4000円くらいする。九州では大物釣りの人気ターゲット。値段よりも、大物狙いで世界記録に挑戦してはいかがだろう。伊豆諸島のモロコ釣りに優るとも劣らずの面白さだとのこと。

「オオニベ」の寿司…甘味が来て後からうま味が感じられる

自宅で仕事、ときどき都心で仕事して、ときどき旅に出て、電話で打ち合わせする、という慌ただしさの最中、九州から魚が届いた。

デカイ発泡の箱を開けてみたら、中から魚の輪切りが、ゴロンゴロンと二つ出てきた。種類は書いていないが、ウロコを見れば一目瞭然、オオニベである。手紙が入っていて、「二十二キロあったー! すごいだろう。小太郎」とある。

福岡市天神の屋台で知り合った飲み友達で、大物専門の釣り師だ。男女群島の磯釣り、奄美大島周りの船釣り、大分県佐賀関の船釣りなどに通っている。

これが大いに迷惑。実は九州旅行に出る当日だったのだ。急ぎ『市場寿司』に置き、福岡に着いたら、たかさんから、文句のケータイが入る。

「鱗も内臓もそのままだからさ、身はボロボロ、血だらけで汚い。まともに使えるところがほとんどねーよ。こんなもん持ってくるなー」

小太郎氏はキャッチアンドリリースの人で、魚を食べない。当然、魚の扱い方など知るわけがない。

お詫びに小倉の魚屋に「オオニベがあったら送ってね」と頼んで帰宅する。そして数日後、丁寧に梱包された見事なオオニベ半身、約二キロが我が家に届いた。余談だが、北九州小倉の魚屋さんはとても優秀。城下ガレイや長崎のクエなど、いいものを少量欲しいときには、いつも小倉の魚屋さんに相談している。

これを『市場寿司』に持ち込んで、まずは試食。ちなみにボクの職業は水産物(魚や貝など)の味の評価と、料理写真入りの図鑑を作ること。その味の評価には少なからず、すし職人たかさんの意見が入っている。

とりあえず刺身で食べてみる。これがまことにうまい。珍しく近所のイエローまつ毛長すぎの女子大生が居合わせたので、お裾分けしたら、「おいしいわ、おいしいわ」と大好評。たかさん一人だけ首をひねり、握りを二かん、ボクと彼女の前に。いつもながらに女子大生に弱い、還暦オヤジなのである。

「握りもいいね。甘味がある」

「こーんなにおいしいの初めて!」

血合いが美しい上に口に入れた途端に甘味が来て、後からうま味が感じられる。とろっとした舌触りは、産卵前、旬で脂がのっているせいかもしれない。とにかくうまい。女子大生に「どんな魚ですか? どこで取れるんですか」と聞かれ、

「四国や九州などが産地。これも大分県でとれたものだよ。体は黒ずんだ銀色で地味。だけど宮崎の漁師さんに聞くと体長二メートル五十キロ近くになるって言う巨大魚なんだ。宮崎県では養殖もしてる」

腕組みをして、たかさん曰く、

「たぶんだけど、一日寝かした方がうまいと思うな。大型魚って基本的にそうさ。血合いの色なんかは悪くなるだろうけど、これじゃ握りにしても、すし飯との馴染みが悪い」

「それじゃ、明日も来るから」

そして翌日朝、なぜかまた昨日の女子大生が、今日は虹色のまつ毛をパタパタさせて座っている。

本日もまずは刺身。血合いの色は悪くなっているが、うま味、甘味とも明らかに増している。そして次に来た握りが見事だった。

食感も昨日よりも悪いが、その分すし飯との馴染みがいい。喉にすし飯とネタが同時に消えていく。一かんとしてのまとまりがある。卵焼きで口直しして、お茶を飲み、もう一かん。やはりうまい。

「たかさん、さすが名人だね」

「ほんと、たかさん素敵!」

今時の女の子が席を立つと、たかさんうれしそうに手を振る。

「この前、ゴールドだろ、昨日は黄、今日は虹色。次は何色かなー」

うーん、名人は取り消しだ。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2014年7月15日号の掲載情報です。

関連記事
スミイカは、コウイカ目コウイカ科コウイカ属。関東以南。南はインドネシアやベトナムなどの東南アジアまで生息している。
更新: 2019-01-29 07:00:00
ヒガンフグは、フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属の魚。日本各地の岩礁または藻場に分布していて、浅海にすむ。甲殻類や軟体動物、海底生物をおもに食べる。市場ではトラフグに次いで値段が高い。
更新: 2019-01-18 11:20:47
ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。
更新: 2019-01-07 00:57:19
ユカタハタは、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ユカタハタ属の魚。八丈島、駿河湾以南の太平洋岸、琉球列島。~インド-太平洋。紅海にも分布。
更新: 2018-12-12 04:42:17
タカノハダイは、スズキ目タカノハダイ科に所属する魚類の一種。南日本の沿岸で普通に観察される海水魚である。
更新: 2018-09-11 01:00:07
最新記事
千倉沖のヒラメ釣りは、年が明けて後半戦! 千倉港「千鯛丸」ではヒラメとマハタの両狙いが人気の釣り。元々ヒラメの多い海域だが、特に千倉沖の根周りには良型マハタが棲み、取材前には3.7㎏が上がっている。
更新: 2019-02-23 12:00:00
日本各地で人気の高いタチウオのルアーゲーム。近年は専用のタックルが販売されるほど盛んになってきました。いろいろなゲストが登場するのも楽しみの一つです。
更新: 2019-02-23 07:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
更新: 2019-02-22 07:00:00
今期は至る所で絶好調のカワハギ。東京湾の例年のパターンは、夏の終わりに30mダチ前後で大型が釣れ、次第にサイズダウン。厳寒期に入ると深場に魚が集まり再び良型があがる傾向にあるが、果たして今年は?
更新: 2019-02-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読