MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アタリでアワせれば楽しさ倍増! 良・大型主体? 小型の数釣り? いずれにしてもお土産バッチリ!!

アタリを見極めアワせて掛けるから面白い!

「ショウサイフグ釣りがこんなに面白いとは思わなかった!」とコジレイ。

思わず笑顔がこぼれます。

コジレイの釣果。「みな大型でしょ!」。

エサのアオヤギはたっぷりとつけよう。

どうですこのサイズ! 5匹も釣れば十分なお土産だ。

外房には珍しいほどの凪となった。こんな日はアタリで掛けやすい。

いいタイミングでアワセが決まると口の周りにカットウバリが掛る。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

「今日はだいぶ渋いね。でも、こんな日は不思議と大型がそろうんですよ」と、禁漁期間以外はすべてフグを追いかける「敷嶋丸」山本幸夫船長がいうように、12月下旬の取材日は写真の通り良・大型揃い。ちなみにこれは、大型だけを撮影しているのではなく、本当に、こんなサイズばかりだったのだ。
一方で、「小型が多い日は、不思議とフグの活性が高く数釣りとなるんです」とのことだから、いずれにせよお土産はバッチリなのだ。
この日、初めて大原沖のショウサイフグを楽しんだ児島玲子さんは
「ショウサイフグって、アタリで掛けるとこんなにもおもしろい釣りなんですね。サイズも大きかったし、また絶対に来たい!」と大満足。今回のような大型サイズなら、一般的な家庭なら10匹もあれば食べきれないほどだ。
どちらかといえばさっぱり系の味のショウサイフグにあって、大原沖産はしっかりとした味で人気がある。鍋にも唐揚げにも、そしてもちろんお刺身も最高だ。例年4月頃まで続く。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル