MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!

アタリでアワせれば楽しさ倍増! 良・大型主体? 小型の数釣り? いずれにしてもお土産バッチリ!!

アタリを見極めアワせて掛けるから面白い!

「ショウサイフグ釣りがこんなに面白いとは思わなかった!」とコジレイ。

思わず笑顔がこぼれます。

コジレイの釣果。「みな大型でしょ!」。

エサのアオヤギはたっぷりとつけよう。

どうですこのサイズ! 5匹も釣れば十分なお土産だ。

外房には珍しいほどの凪となった。こんな日はアタリで掛けやすい。

いいタイミングでアワセが決まると口の周りにカットウバリが掛る。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

「今日はだいぶ渋いね。でも、こんな日は不思議と大型がそろうんですよ」と、禁漁期間以外はすべてフグを追いかける「敷嶋丸」山本幸夫船長がいうように、12月下旬の取材日は写真の通り良・大型揃い。ちなみにこれは、大型だけを撮影しているのではなく、本当に、こんなサイズばかりだったのだ。
一方で、「小型が多い日は、不思議とフグの活性が高く数釣りとなるんです」とのことだから、いずれにせよお土産はバッチリなのだ。
この日、初めて大原沖のショウサイフグを楽しんだ児島玲子さんは
「ショウサイフグって、アタリで掛けるとこんなにもおもしろい釣りなんですね。サイズも大きかったし、また絶対に来たい!」と大満足。今回のような大型サイズなら、一般的な家庭なら10匹もあれば食べきれないほどだ。
どちらかといえばさっぱり系の味のショウサイフグにあって、大原沖産はしっかりとした味で人気がある。鍋にも唐揚げにも、そしてもちろんお刺身も最高だ。例年4月頃まで続く。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読