ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

これからが本番のヤリイカ。この釣りの魅力は、比較的簡単に「乗る」「釣れる」ことと、食べておいしく、料理も簡単なこと。保存もOKのヤリイカを初めての人でも簡単に多点掛けして、満足してもらうために、基本釣法を優しく紹介。ベテラン釣り師も基本をおさらいしていざ、ヤリイカ釣りへ!!


石花海に負けじと急浮上したヤリイカポイントが伊豆沖だ。 波勝崎沖水深180〜200mで、大型ヤリイカばかり入れ乗り爆釣に!

身厚のジャンボヤリイカがアベレージの伊豆沖。多点掛けが当たり前だ。

山の稜線から顔を出す富士山。

こんなでっかいヤリイカがノリノリ! 多点掛けで数を伸ばせ!!

ポイントの水深は180〜200m。中層にはサバの反応もあった。

藤井伸一郎若船長も絶好調! 多点掛けを連発中。6点7点掛けもあり。

釣り座のオケは瞬く間にイカでいっぱいになった。

50ℓクーラーが隙間なく満タンになった富士宮市の佐野充寿さん。64杯あげた。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・安良里港「ふじなみ丸」。

パラソル級ヤリイカが入れ乗り! そんな夢のような体験が可能なのが駿河湾だ。
大型クーラーが満タン、そんな爆釣が毎年繰り返されてきた、駿河湾の大場所は、湾内の真ん中に位置する石花海。ここでは、身厚のヤリイカが釣れるのが特徴だ。今期は残念ながら大爆釣ということはなく、トップ30杯程度の平均釣果が連日続いているのが現状だ。
その石花海に負けじと急浮上したヤリイカポイントがある。伊豆沖だ。
波勝崎沖水深180〜200mで、大型ヤリイカばかり、入れ乗り爆釣になったのだ。
「波勝崎沖から石廊崎沖にかけて、ヤリイカのポイントは広範囲にあります。昨年ぱっとしなかった分、楽しみです」とは、安良里港「ふじなみ丸」の藤井明男船長。
その爆釣とは、仕掛けが底まで落ちれば、即入れ乗り開始。じわじわとゆっくりと上げてくれば、追い乗りして、リールが唸るほど、ずっしりとした重みで上がってくる。多点掛けは当たり前だ。
釣り方のコツは、ダブルカンナヅノ使用で、1回の投入でできるだけ多くイカを乗せること。
なお、「ふじなみ丸」では、ここ伊豆沖のほか、大本命の石花海も状況次第で狙い分けるという。今期の駿河湾のヤリイカは、伊豆&石花海がキーワードだ。

必釣ヤリイカタックルはこうだっ!

ここでは魚型の11㎝ダブルカンナヅノが定番仕掛け。乗りが渋くなったら、浮きスッテをまぜるといい。

ヤリイカ釣りで使用する竿は、アタリの見やすさ、シャクリやすさという点から、やはり専用タイプがベスト。長さは、ブランコ仕掛けを主に使う場合は1.8~2m前後が扱いやすい。直結仕掛けを主に使う場合は、それよりも少し短い1.7m前後が使いやすい。
リールは、一日中手持ち竿で釣り続けることを考えれば、小さく軽いほうがよいに決まっている。しかし、この釣りの醍醐味は多点掛けにあると言っても過言ではないので、多点掛けしたときにちゃんと巻き上げられるパワーがなければ話にならない。
最近は、最上位機種でなくても小型ながらパワーのあるモデルが続々登場している。ぜひ利用しよう。
ヤリイカ釣りで使用する仕掛けは、プラヅノ11㎝のブランコがベーシック。そして、もうひとつ直結があるが、こちらはサバが多くブランコでは釣りにならないときが主な出番となる。
その他、ヤリイカのアベレージサイズが大きいときや、スルメの割合が高いときは14㎝のツノが有利となることが多い。
したがって、11㎝のブランコと直結、14㎝のブランコと直結の合計4タイプが用意できればベターだ。さらに余裕があるなら、完全にスルメイカだけとなってしまったときのために、18㎝の直結仕掛けも用意できればベストである。
ツノ数は、ブランコの場合は5~8本が一般的。直結の場合は8~12本だ。仕掛けの扱いに慣れていない人は、迷わず一番少ないツノ数から始めよう。ツノ数を多くして手前マツリしたり取り込みに手間取ったりするよりも、少ないツノ数で手返しよく釣ったほうが釣果は伸びやすい。また、仕掛けがトラブっている時間が長いよりも、釣っている時間が長いほうが精神的にも気持ちいい。
ツノの配色は、ピンク、ブルー、ケイムラの3色を基本に、赤白の糸巻きスッテや、イエロー、グリーンやオレンジなど、アクセントとなるものを入れて、バランスよく配色してみよう。
仕掛けは、たとえば11㎝のブランコは、最低でも3組作っておきたい。したがって、前出の4タイプ×3組で、合計12組の仕掛けを用意できればベストだ。
このように書くと「こんなにたくさん仕掛けを用意しなくちゃいけないの? イカ釣りって結構めんどくさい」と思うかもしれないが、もちろんすべて自分で作る必要はない。最近では優れた市販仕掛けが多数発売されているので、大いに利用しよう。
自分で作る場合は、イカの仕掛け作りは単純作業の繰り返しなので、テレビをみながらでも作ることができる。やってみると、きっとそれほど時間をかけずにできてしまうはずだ。

釣り座は自分が「釣りやすい」が一番!

水深は200m近くのポイントも。

乗船したら、まずは釣り座のセッティングだ。
釣り座は、「自分が釣りやすい」が一番。しかし、風によって仕掛けがオマツリしにくいのは、イラストのようなセッティングだ。つまり、自分のミヨシ側にロッドキーパー、トモ側に投入器を配置する。
ただ、このセッティングでは左舷の釣り座の場合は投入時に左手でオモリを投げることになる。左手でオモリを投げられない人は、投入器をミヨシ側にもってきてももちろんOKだ。
そして、釣り座のセッティングというよりは仕掛けのひと工夫だが、ぜひ「先糸」をつけることをオススメする。先糸を付けることで、取り込みが飛躍的にスムーズで楽になる。ぜびお試しを!

ヤリイカ必釣の釣り方! まずは素早く確実な投入。竿を止め、竿先注視!

伊豆沖の穴場ポイントへGO! 仕掛けが底に着いたら入れ乗り確定だ!!

ポイントに到着したら、いよいよ釣り開始。船長の合図とともに、軽く前方にオモリを投げ入れる。イカ釣りで最も重要なのがこの瞬間。「素早く確実な投入」ができれば、最大のチャンスタイムが待っている。「着乗り」だ。
オモリが海底に着いたら素早く糸フケを取り、竿先を注視! ここでアタリがあればシメタもの。ブランコ仕掛けなら追い乗りを狙い、その後電動オン。中速で巻き上げる。
直結の場合は、アタリがあったらすかさずアワセを入れ、電動オン! 最初は低速で、そして徐々にスピードを上げて、中速で巻き上げる。
誘いは、ブランコの場合は、ツノが横向きになったときイカは最も乗りやすい。したがって、その姿勢をできるだけ作るよう意識する。
最近は、ブランコでも竿一本分ほどゆっくり大きく誘い上げ、そこからストンと落とす誘いを行う人が多い。重要なのは、誘い上げたところでいったん動作を止め、竿先を注視! このとき竿先はわずかに跳ねて沈むという動きをし、ツノはフッと少し浮き上がって横を向いてカンナ側から沈む。このツノが横を向いた瞬間にイカが乗りやすい。アタリは必ず竿先に出るので、アタリを逃さないようにしよう。
竿を下げて止めた瞬間は最もツノが横を向きやすいので、ここでも竿先を注視! アタリを見極めよう。
直結の場合は、オモリを1mほど底から切り、大きく竿いっぱいにシャクってすぐさま水平の位置まで下げ、止めてアタリを見る。竿先にアタリが出たら、すぐさまアワセを入れる。
さて、イカ釣りにおいてもうひとつ重要なテクニックを紹介したい。「巻き落とし」だ。
しばらくタナで誘ってもイカが乗らないときは、20~30m、ときには水深の半分ほど一気に仕掛けを巻き上げ、再び落としてみよう。今まで攻めていた所とは違う場所にオモリが落ちるので、ツノを見ていない別のイカに対してアプローチすることができる。

取り込みは 習うより慣れろ!

取り込みは慎重にゆっくりと。深場の釣りなので慌てることはない。

最後の難関は取り込みだ。コツは、とにかく「慌てない」「焦らない」こと。ゆっくりでいいので、ひとつひとつの動作を確実に行うことが大切だ。
ブランコの場合は、多少のことではイカはバレないので、とにもかくにも慌てないこと。イカを外しながらツノを一本一本投入器に収めていく、もしくはツノマットに順番に引っ掛けていこう。
直結の場合に重要なのは、「絶対に仕掛けを下げない」こと。100m以上の水深からイカを上げてきて、水面で仕掛けを下げたとたんにサヨウナラ~ではあまりにも悲しい。
直結は仕掛けが絡まってもほどけやすいので、ツノは足下や後方に放っておいてもいい。とにかくイカを船内に入れることを優先しよう。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


イワシ回遊! 食わせサビキ釣りで根魚五目を満喫【西伊豆沖】

イワシ回遊! 食わせサビキ釣りで根魚五目を満喫【西伊豆沖】

食わせサビキ釣りとは何か!? イワシや小アジなどの小魚をサビキにかけて、その魚を回収せず、そのまま生きエサにして、ヒラメやカサゴ、青物などを狙う釣り方だ。エサの生きのよさはもちろんのこと、そのベイトに群がるフィッシュイーターたちを即座にターゲットにできる、マッチ・ザ・ベイトの優れた釣法なのだ。


今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

今年もロングランに期待! LTも楽しめる日立沖のヤリイカ【日立沖】

ここ数年、ヤリイカの本格的な開幕は「春」と言っていいほどシーズンが後にずれ込む傾向がある。駿河湾から相模湾、南房から外房へと、〝ヤリイカ前線〟は西から東へと移動していくが、最後に釣れだすのが、ここ常磐エリアだ。


パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

パラソル級主体のヤリイカ、爆乗りシーズン大詰め!【外房・川津沖】

早春の時期から開幕している外房のヤリイカ。4月に入ると絶好調。パラソル級の大型主体に数釣れている。


これからが本番! 西伊豆のアコウダイ好機到来!【西伊豆】

これからが本番! 西伊豆のアコウダイ好機到来!【西伊豆】

「ダメだ、波勝崎に戻りましょう」藤井明男船長が転進を告げたのは昼過ぎ。 久々の「ヘビータックル深海釣り」は西伊豆安良里港出船のアコウダイ。


パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読