MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】

相模湾から東京湾口エリアのヤリイカが本格的な開幕を迎えるのは、暮れから年明けにかけて、というのがここ数年のパターンになっている。狙う海域の洲崎沖、城ヶ島沖、沖ノ瀬は、いずれも黒潮の影響を受けやすく、厳冬期でも高水温をキープしていることが、ヤリイカシーズンが遅れる理由とも言われている。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾から東京湾口エリアのヤリイカ、本格開幕!【城ヶ島〜洲崎沖】の画像をチェック! navigate_next

「ヤリイカ」だったり「スルメイカ」だったり、日によってメインのイカが異なるのだ

一投目から11cmでヤリイカを狙ったダイワの北本茂照さんは大型ヤリとスルメゲット。

深場では大きく誘って乗せよう。

船長の狙い通り、大型が目立った。

水深は180m前後メインに狙った。

朝イチから18cmで通した土屋正さんは、スルメメインで30杯以上。

ソナーでイカの群れを追う。

スルメの寒風干しはうまいぞ。日により状況が変わるので、ヤリ、スルメ、どちらにも対応できるようにしておくとベスト。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「春盛丸」。

「ポイントの水温は依然高めです。少し下がってきて、ようやくヤリイカの姿が目立ってきました」と、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は言う。
このエリアの釣果を見ると、「ヤリイカ」だったり「スルメイカ」だったり、日によってメインのイカが異なる。これはスルメが多いということでもあるが、「どちらも釣れている」状況の時は、どちらが多いか見極め、それに対応した仕掛けで攻められるかで釣果が大きく変わってくる。仕掛けサイズは各種用意して挑もう。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
アカカマはススズキ目カマス科カマス属。北海道から沖縄までの日本列島周辺。朝鮮半島、中国沿岸、東シナ海、南シナ海からインド洋、西太平洋に広く生息域を持つ。
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル