MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】

相模湾東部のヤリイカ釣りは、一昔前なら初秋頃から釣れ出していたが、現在は水温がなかなか下がらないからか、年末年始頃に本格化するのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾東部でヤリイカ開幕&ポイントも拡大中【相模湾・長井沖】の画像をチェック! navigate_next

相模湾東部エリアのヤリイカの釣期はGW頃まで! これからだっ!

多点掛けもたびたび見られた。追い乗りさせて狙おう。

いい群れに当たると、片舷全員に乗ることも。取材日は2回ほどあった。今後はますますこんな光景が増えることを期待したい!

当日はこんなちょうど食べておいしいサイズが主体だった。

「お、ヤリイカだ!」。

こんな大型も!

マルイカもまじった。こちらにも期待したい。

当日のポイントは、朝方まで残った南西強風の影響で港の目の前の長井沖に限られたが、状況次第で城ヶ島沖や沖の瀬なども積極的に攻めるのも良いだろう。
さらに、取材日に入った僚船の情報では、長井西沖を攻めたところいい手ごたえがあったそうだ。つまり、相模湾の東部エリアにも次々とヤリイカが押し寄せて来ているのだ。
近年の傾向では、このエリアのヤリイカの釣期はGW頃まで。まだまだ始まったばかりの相模湾ヤリイカ。いよいよこれからです!

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル