MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

シーズンの南房総のヤリイカは、例年になく早い時期からスタートした。昨年の11月ぐらいからポツポツと顔をだしはじめ、12月に入ると本格化。トップ20杯台から30杯台をコンスタントに記録しはじめた。

サバ対策を万全にして、爆発的な乗りを楽しもう!!

「シバちゃん」こと本誌ライター芝真也さんは、ウネリをモノともせず直結仕掛けでガンガン乗せた!

ソフトなシャクリで誘おう!

たまらん瞬間!

「今シーズンの初物です」と永井名人。

サバが少なければ、ビギナーはプラヅノ11cmの5本ヅノ仕掛けがおすすめ。

若船長の智也さんもこのとおり。

竿先に出る変化に注意しよう!

今後は、この大型が多くなっていく!

当日は水深150〜200mを攻めたが、これから春に向かって釣れる水深が浅くなっていくのが例年のパターン。また、今後は中層に反応が出ることもある。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良「松栄丸」。

今シーズンは例年になく早めにスタートした南房総のヤリイカ。昨年11月の前半にポツポツと顔を出し始め、12月に入ると一気に本格化。新年を迎えてもスルメイカまじりでまずまずの好調ぶりだ。
「日によってはサバが多くなります。ブランコ仕掛けでは、釣りにならないこともありますから、必ず直結仕掛けを持ってきてください。朝一番はチャンスタイムですから、直結仕掛けでスタートして、サバがいなければブランコに変えるといいですよ」と話すのは、布良「松栄丸」の黒川一夫船長。
1月前半の時点では、釣れている水深は150〜200m。今後は釣れる水深が浅くなって、最終的には100m前後まで浅くなる見込み。それにともなって中層に反応が出る機会も増えてくるだろう。
これからトップシーズンを迎える南房総のヤリイカ。爆発的な乗りに期待したい!

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読