MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】

シーズンの南房総のヤリイカは、例年になく早い時期からスタートした。昨年の11月ぐらいからポツポツと顔をだしはじめ、12月に入ると本格化。トップ20杯台から30杯台をコンスタントに記録しはじめた。

perm_media 《画像ギャラリー》南房総のヤリイカはこれから春先まで熱い【南房総・布良沖〜白浜沖】の画像をチェック! navigate_next

サバ対策を万全にして、爆発的な乗りを楽しもう!!

「シバちゃん」こと本誌ライター芝真也さんは、ウネリをモノともせず直結仕掛けでガンガン乗せた!

ソフトなシャクリで誘おう!

たまらん瞬間!

「今シーズンの初物です」と永井名人。

サバが少なければ、ビギナーはプラヅノ11cmの5本ヅノ仕掛けがおすすめ。

若船長の智也さんもこのとおり。

竿先に出る変化に注意しよう!

今後は、この大型が多くなっていく!

当日は水深150〜200mを攻めたが、これから春に向かって釣れる水深が浅くなっていくのが例年のパターン。また、今後は中層に反応が出ることもある。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・布良「松栄丸」。

今シーズンは例年になく早めにスタートした南房総のヤリイカ。昨年11月の前半にポツポツと顔を出し始め、12月に入ると一気に本格化。新年を迎えてもスルメイカまじりでまずまずの好調ぶりだ。
「日によってはサバが多くなります。ブランコ仕掛けでは、釣りにならないこともありますから、必ず直結仕掛けを持ってきてください。朝一番はチャンスタイムですから、直結仕掛けでスタートして、サバがいなければブランコに変えるといいですよ」と話すのは、布良「松栄丸」の黒川一夫船長。
1月前半の時点では、釣れている水深は150〜200m。今後は釣れる水深が浅くなって、最終的には100m前後まで浅くなる見込み。それにともなって中層に反応が出る機会も増えてくるだろう。
これからトップシーズンを迎える南房総のヤリイカ。爆発的な乗りに期待したい!

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル