MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。

perm_media 《画像ギャラリー》極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】の画像をチェック! navigate_next

外房は20㎏、30㎏という巨大ヒラマサが釣れている豊穣の海だ

CB-ONEテスターの佐野ヒロム氏。昨年12月に2回の2日間連続釣行を敢行。その最終日の午後船でようやくキャッチしたのがこの10㎏。

佐野氏のヒットルアーは「ロデオ145」(CB-ONE)。

左の山口氏とほぼ同時ヒットだった。山口船長は山口氏のヒラマサを取り込み、すかさず駆けつけ見事に決まった!

見事10㎏を手にした山口氏。幣誌取材で毎回会うほどに通い詰めているアングラーのひとり。山口徹船長も認めるエキスパートだ。

花園智絵さんは得意の「オシアペンシル」(シマノ)でグッドサイズのサワラ!

なんとネットが破れてしまうというアクシデント発生! 慌ててギャフでランディング

「一生に一度の出会い」の可能性を常に秘めている外房の海。タックルセッティングは完璧にしておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。日々、精進してまいります。

都心からでも2時間足らずというアクセスのよさでありながら、ここは20㎏、30㎏という巨大なヒラマサがキャッチされている豊穣の海である。それでも、とくに10㎏オーバーともなれば、もしかしたら一生のうちに一度も出会えない人もいるかもしれないほどなのである。
そんな外房のヒラマサを一年中ルアーで追いかけているが、大原港の「山正丸」だ。その山口徹船長に、外房のヒラマサを手にするための秘訣を聞いてみると
「通うことです」ときっぱり。
だからこそ、幾多の海で経験を積んだエキスパートたちもさえも、時間を見つけてはこの海へと通い続ける。
通い続けて獲った一本だからこそ、その喜びも大きいのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル