MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。

外房は20㎏、30㎏という巨大ヒラマサが釣れている豊穣の海だ

CB-ONEテスターの佐野ヒロム氏。昨年12月に2回の2日間連続釣行を敢行。その最終日の午後船でようやくキャッチしたのがこの10㎏。

佐野氏のヒットルアーは「ロデオ145」(CB-ONE)。

左の山口氏とほぼ同時ヒットだった。山口船長は山口氏のヒラマサを取り込み、すかさず駆けつけ見事に決まった!

見事10㎏を手にした山口氏。幣誌取材で毎回会うほどに通い詰めているアングラーのひとり。山口徹船長も認めるエキスパートだ。

花園智絵さんは得意の「オシアペンシル」(シマノ)でグッドサイズのサワラ!

なんとネットが破れてしまうというアクシデント発生! 慌ててギャフでランディング

「一生に一度の出会い」の可能性を常に秘めている外房の海。タックルセッティングは完璧にしておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。日々、精進してまいります。

都心からでも2時間足らずというアクセスのよさでありながら、ここは20㎏、30㎏という巨大なヒラマサがキャッチされている豊穣の海である。それでも、とくに10㎏オーバーともなれば、もしかしたら一生のうちに一度も出会えない人もいるかもしれないほどなのである。
そんな外房のヒラマサを一年中ルアーで追いかけているが、大原港の「山正丸」だ。その山口徹船長に、外房のヒラマサを手にするための秘訣を聞いてみると
「通うことです」ときっぱり。
だからこそ、幾多の海で経験を積んだエキスパートたちもさえも、時間を見つけてはこの海へと通い続ける。
通い続けて獲った一本だからこそ、その喜びも大きいのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読