MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

外房は20㎏、30㎏という巨大ヒラマサが釣れている豊穣の海だ

CB-ONEテスターの佐野ヒロム氏。昨年12月に2回の2日間連続釣行を敢行。その最終日の午後船でようやくキャッチしたのがこの10㎏。

佐野氏のヒットルアーは「ロデオ145」(CB-ONE)。

左の山口氏とほぼ同時ヒットだった。山口船長は山口氏のヒラマサを取り込み、すかさず駆けつけ見事に決まった!

見事10㎏を手にした山口氏。幣誌取材で毎回会うほどに通い詰めているアングラーのひとり。山口徹船長も認めるエキスパートだ。

花園智絵さんは得意の「オシアペンシル」(シマノ)でグッドサイズのサワラ!

なんとネットが破れてしまうというアクシデント発生! 慌ててギャフでランディング

「一生に一度の出会い」の可能性を常に秘めている外房の海。タックルセッティングは完璧にしておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。日々、精進してまいります。

都心からでも2時間足らずというアクセスのよさでありながら、ここは20㎏、30㎏という巨大なヒラマサがキャッチされている豊穣の海である。それでも、とくに10㎏オーバーともなれば、もしかしたら一生のうちに一度も出会えない人もいるかもしれないほどなのである。
そんな外房のヒラマサを一年中ルアーで追いかけているが、大原港の「山正丸」だ。その山口徹船長に、外房のヒラマサを手にするための秘訣を聞いてみると
「通うことです」ときっぱり。
だからこそ、幾多の海で経験を積んだエキスパートたちもさえも、時間を見つけてはこの海へと通い続ける。
通い続けて獲った一本だからこそ、その喜びも大きいのだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル