MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
富山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

富山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】

日本海は大荒れの季節だ。だが、富山湾内はちょっと様子が違う。季節風である西風を能登半島がさえぎり、なんと寒さはともかくとして、高出船率で冬絶品ターゲットが狙える。まさに、北陸の救世主的な釣り場なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》富山湾で狙うはタチウオ&アマダイ・アカムツだ【富山湾・新湊沖】の画像をチェック! navigate_next

お土産確実のおいしいタチウオを狙い、そのあとにアマダイやアカムツを、じっくりと狙うリレースタイル

冬の富山湾の風物詩、「毛嵐」。凍り付く冷たい空気のなか、幻想的な光景がしばらく続いた。

豆アジエサにヒットした指5本クラスの良型タチウオ。湾内のタチウオは激ウマという。

一荷連発! 入れ食い中!!

手返しの早さで数釣りが可能だ。

良型アマダイのキャッチを目指せ!

小型にまじり良型がヒットする。アマダイの魚影もすこぶる濃いという。

絶景! 名所“新湊大橋”と夕日で紅く染まる北アルプス。

浅場で狙うアカムツは静かに釣る。

船上のカップラーメンの味はサイコー。ポット完備。

タチウオは市販の仕掛けでOK。エサはサンマの切り身がベター。船で仕掛けもエサも購入可能だ。

ソナーに映し出されたタチウオの群れ。魚影はかなり濃いのがお分かりいただけるだろう。

今回、取材にご協力いただいたのは、富山・富山新港「北龍丸」。

この時期、寒ブリで有名な富山湾だが、沖釣りのターゲットは、タチウオ・アマダイ・アカムツだ。
これらすべて、港から近くの波静かな富山湾内で狙える。しかも、冬の日本海というのに、出船率は高い。
能登半島の陰で冬の西風の影響が少ないのだ。沖釣り師にとって、冬場の救世主的な船宿がこの「北龍丸」なのである。
「アカムツは昨年に比べてあまりパっとしませんが、タチウオは絶好調ですよ。朝2時間くらい、お土産確実のおいしいタチウオを狙って、そのあと、アマダイやアカムツをじっくりと狙う、このリレースタイルで出船してます」とは、富山新港から出船している「北龍丸」安藤岳志船長。
冬場の湾内の魚はすこぶる味がよいという。多少寒くてもこれだけの高級魚が釣れるというのであれば、ちょっと足を伸ばしても損はない。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル