MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

冬将軍の到来とともに、寒さがこたえる時期になってきた。底冷えのする夜にはストーブの効いた部屋で鍋でもつつきながら暖まりたいところだが、その前に極上の鍋ネタを調達しなければいけない。鍋ネタにうってつけのターゲットと聞かれれば、私は迷い無くこの魚を挙げる。それがオニカサゴだ。南房で鍋ネタ魚が好調だ!

perm_media 《画像ギャラリー》南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】の画像をチェック! navigate_next

取材日はダブルあり大型ありでトップは8匹。これが最近の平均的な釣果なので魚影の濃さが伺える

寒い季節、鍋ネタに最高のオニカサゴ。冬の澄み潮がオニカサゴ釣りには良い条件となり好釣果が続いている。

フラッシャーサビキでサバを釣ってエサにする。サバを切るときはケガをしないよう十分注意。

オニとノドグロカサゴの一荷。ノドグロもとてもおいしい魚だ。

オニカサゴの一荷釣りもある。魚影が濃い証だ。

繊細なアタリのあと、ゴンゴンと重量感のある引きが竿を叩く、これがオニカサゴ釣りの魅力だ。

50㎝の大型も出た! これなら1匹で鍋ネタがたっぷり取れる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「真寿海丸」。

寒さが増し、冷たい北風に手が凍える季節だが、白浜沖のオニカサゴは元気いっぱいだ。乙浜港の「真寿海丸」では、キロオーバーの良型オニカサゴの好シーズンに入った。ほぼ周年オニカサゴを狙っている前川忠夫船長は数多くのポイントを熟知し、潮の速さや濁り具合によってその日ベストなポイントに船を出す。温和な前川船長だが、「鬼ヶ島への案内人」の名が似合う。
まめにタナを取り直して待つと、いかつい姿に似合わない繊細なアタリがやってくる。すぐにはアワせず、食い込みを待って竿を立てれば、ゴンゴンと重量感のある引きが竿を叩く。これがオニカサゴ釣りの楽しさだ。
取材日はダブルあり、大型ありでトップは8匹。これが最近の平均的な釣果なので魚影の濃さが伺える。カンコ、ユメカサゴもまじり、皆のクーラーは赤い魚で埋まっていた。
年明けから水温が下がり、澄んだ冬潮が白浜沖を流れる。これがオニカサゴ釣りには良い条件で、しばらくは安定した釣果が見込めるだろう。「真寿海丸」では冬場に2㎏オーバーの大鬼の実績も高い。
オニカサゴは魚屋では売っていない、まさに釣り人にしか味わえない魚と言える。特に鍋ネタとしては超一級品で、沖で冷えた体をオニ鍋で温めれば至福の瞬間を味わうことができるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル