MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】

冬将軍の到来とともに、寒さがこたえる時期になってきた。底冷えのする夜にはストーブの効いた部屋で鍋でもつつきながら暖まりたいところだが、その前に極上の鍋ネタを調達しなければいけない。鍋ネタにうってつけのターゲットと聞かれれば、私は迷い無くこの魚を挙げる。それがオニカサゴだ。南房で鍋ネタ魚が好調だ!

perm_media 《画像ギャラリー》南房のオニカサゴは寒い季節だからこそ釣れるのだ!【南房】の画像をチェック! navigate_next

取材日はダブルあり大型ありでトップは8匹。これが最近の平均的な釣果なので魚影の濃さが伺える

寒い季節、鍋ネタに最高のオニカサゴ。冬の澄み潮がオニカサゴ釣りには良い条件となり好釣果が続いている。

フラッシャーサビキでサバを釣ってエサにする。サバを切るときはケガをしないよう十分注意。

オニとノドグロカサゴの一荷。ノドグロもとてもおいしい魚だ。

オニカサゴの一荷釣りもある。魚影が濃い証だ。

繊細なアタリのあと、ゴンゴンと重量感のある引きが竿を叩く、これがオニカサゴ釣りの魅力だ。

50㎝の大型も出た! これなら1匹で鍋ネタがたっぷり取れる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・乙浜港「真寿海丸」。

寒さが増し、冷たい北風に手が凍える季節だが、白浜沖のオニカサゴは元気いっぱいだ。乙浜港の「真寿海丸」では、キロオーバーの良型オニカサゴの好シーズンに入った。ほぼ周年オニカサゴを狙っている前川忠夫船長は数多くのポイントを熟知し、潮の速さや濁り具合によってその日ベストなポイントに船を出す。温和な前川船長だが、「鬼ヶ島への案内人」の名が似合う。
まめにタナを取り直して待つと、いかつい姿に似合わない繊細なアタリがやってくる。すぐにはアワせず、食い込みを待って竿を立てれば、ゴンゴンと重量感のある引きが竿を叩く。これがオニカサゴ釣りの楽しさだ。
取材日はダブルあり、大型ありでトップは8匹。これが最近の平均的な釣果なので魚影の濃さが伺える。カンコ、ユメカサゴもまじり、皆のクーラーは赤い魚で埋まっていた。
年明けから水温が下がり、澄んだ冬潮が白浜沖を流れる。これがオニカサゴ釣りには良い条件で、しばらくは安定した釣果が見込めるだろう。「真寿海丸」では冬場に2㎏オーバーの大鬼の実績も高い。
オニカサゴは魚屋では売っていない、まさに釣り人にしか味わえない魚と言える。特に鍋ネタとしては超一級品で、沖で冷えた体をオニ鍋で温めれば至福の瞬間を味わうことができるはずだ。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル