MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今シーズンはチャンス、高級魚アマダイが絶好調【相模湾・江の島沖】

今回の取材釣行は、湘南片瀬港「島きち丸」のアマダイだ。「今年の相模湾は異常だよね」という会話が、アマダイ釣りを好む釣り人たちの間では、もはや挨拶がわりとなっている。それほどまでに釣れている相模湾のアマダイ。取材日のような好ましくない潮流でさえも凌駕してしまうのだろうか?

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アマダイは刺身で食せば、その名の通り、甘い味わいが口いっぱいにひろがる。小型が釣れたら背開きにして一夜干しも最高

高級魚アマダイが相模湾で絶好調に釣れている。

嬉しい良型のアマダイをゲット!

島きち丸」は航程10分程度の江の島沖をメインに狙っている。

本当に綺麗、美しい色だ。

仕掛けは2m前後の2本バリ。付けエサはオキアミ。

今シーズンは全員が型を見ることも珍しくない。

うまく誘って食わせよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬「島きち丸」。

「1〜8、1〜12、2〜7、3〜11、2〜12・・・・・・」
これが何の数かおわかりになるだろうか? 片瀬港「島きち丸」のアマダイ船の釣果だ。
キロあたり八千円もの値が付く超高級魚アマダイが、相模湾で異常なほどの好釣果が記録されている。昨年11月頃から始まったアマダイが、年が変わり1月に入ってもいまだ衰えることなく、この好釣が継続しているのだ。
アベレージサイズは30〜40㎝。小型もそれなりにまじるが、それは来シーズン(今後)にも高い期待が持てるという証だ。
「島きち丸」のアマダイ船は、その日の状況にもよるが、航程10分程度と港から近い江の島沖をメインポイントとしていることが嬉しい。また、釣り方はそう難しくはなく、初めての乗船客に対しても船長が親切に教えてくれる。沖釣りビギナーが高級魚を狙うには、まさにうってつけの釣り物なのだ。
アマダイはお刺身で食せば、まさにその名の通り、甘〜い味わいが口いっぱいにひろがる。また、小型が釣れたら背開きにして一夜干しも最高だ。
高級魚アマダイを手にするには、今シーズンは最高のチャンス! この機会を逃す手はない。

以上の記事は「つり丸」2013年2月1日号の掲載情報です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル