MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【マダイ】釣り方・仕掛け・餌・料理(レシピ)

【マダイ】釣り方・仕掛け・餌・料理(レシピ)

新年のスタートにふさわしいのがマダイ釣り。東京湾口の久里浜沖では12月に入ると安定して好釣果が記録されるようになり、トップ10枚以上の日もあった。

ポイントは久里浜沖。青物のヒットもあるぞ!

東京湾のマダイは、ふっくらしてきれいな魚体が多い。

目下のポイントは久里浜沖。

こちらもきれいなキロ級のマダイ!

当日は水深40m前後から50m前後を狙った。

この日は飯田純男さんもチャレンジ! 後半に連発させた!!

取材当日は開始早々にアタった!

当日最大は、この2㎏オーバー。

1㎏前後のサイズはタモで確実に取り込もう!

常連さんの釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大津港「小川丸」。

東京湾口・久里浜沖のマダイが好調に釣れるている。とくに12月に入ると安定した釣果が記録されている。
「マダイは順調に顔を出しています。そして、今年はイナダとワラサが多く、とくにイナダはお土産になっていますね。年明けもマダイは期待できますし、イナダもいれば狙っていきますよ」とは今回取材した大津港「小川丸」の三上哲弥船長。
12月中旬の取材では、まず久里浜沖水深48m前後でスタート。ここで正午前までじっくりと粘って、その後イナダがアタっているポイントを回ってから、再びマダイポイントに戻るというコース。マダイはトップ6枚。サイズは0.4〜2.3㎏。これにイナダ、ワラサがまじった。
年明けころは、水深60〜70mの場所がメインになりそうな見込みだ。

コマセマダイ用ロッドに小型電動の組み合わせ。ビシはFL80号、ハリスは3〜4号

ビシはFLサイズを使用。

付けエサのオキアミは、1匹をまっすぐに付ける。

ロッドはコマセマダイ用。オモリ80号に対応したものならOK。
長さは自分の釣りスタイルや好みによってセレクトするといいだろう。置き竿メインで狙うのなら3.3〜3.6m。また長めの竿はビシをバタバタと動かさず安定させやすいので、シケてウネリがあるときにもおすすめ。
竿を手持ちで狙うスタイルの人は2.4〜2.7mの短めが扱いやすいだろう。置き竿、手持ちのどちらでも対応しやすいのは3mだ。
リールは小型電動。近年、水深80m以上の深場をメインに狙うことが少なくなったので手巻きリールでもOKだが、電動リールのほうが手返しが楽だろう。
リールはドラグ性能がいいものを選ぶこと。また青物のヒットが多いようなときはパワーのあるものをセレクトするといいだろう。
道糸はPEラインの3〜4号を300巻いておこう。
「小川丸」では、ビシはFLサイズを使っている。近年はビシの小型化が進み、「小川丸」をはじめ、東京湾でマダイを狙う多くの船がFLサイズを使っている。
重さは80号。下の隙間は全閉。上の穴を3分の1〜半分くらい開けて、コマセの出を調整する。
仕掛けはクッションゴムを介して繋ぐが、クッションゴムは使用ハリスに適合した太さのものを使うこと。このバランスが合っていないと、ハリスやクッションゴムが切れてしまうので注意しよう。
ハリスは3〜4号が標準。イナダ、ワラサなどの青物のヒットもあるので、ハリスはあまり細くしないほうがいいだろう。やり取りに自信がなければ最初から4号ハリスで挑戦するのが望ましい。
またイナダ、ワラサが回遊して連発するような状況では、ハリス5〜6号を使用するといいだろう。
ハリはマダイバリの8〜9号。ハリも青物のヒットに対応できるように軸の細いものは使用を避けよう。イナダ、ワラサが連発するような状況では、マダイバリ10号以上でもOKだ!
付けエサはオキアミ。ひとつのハリにオキアミ1匹を付けるのが基本。オキアミの尾羽を切り取り、その切り口からハリ先を刺し入れ、ハリの軸に対してまっすぐ刺すようにする。

海面からのタナ取りをマスターしよう!

「小川丸」では海面からのタナ取りをおこなっている。近年、コマセマダイでは多くの船宿が海面からのタナ指示でタナ取りをおこなっているので、ぜひマスターしよう。
このタナ取りの一番の特徴は、ビシを海底まで落とさないこと。ビシを海底まで落とすと、着底時の衝撃でマダイが逃げることもある。また、ビシを底に落としてからタナまで巻き上げると、エサ取りを浮かせてしまうことにもつながる。海面からのタナ取りは、これらの欠点がなく、マダイを狙うには最適なタナ取りなのだ。
一般的なタナの取り方は左のイラストのとおり。指示ダナよりもハリスの長さの半分ぐらいまでビシを下し、ハリスがなじむのを待ってから、コマセをまきながら指示ダナまで巻き上げる。
このとき大事なのが、水深の確認は道糸のマークを見ておこなうこと。電動リールのカウンターは誤差が生じやすいので、こちらは大体の目安程度にすること。
正確にタナを取ることだけでなく、ビシを下げる位置も正確に守らないと、マダイを驚かしたり、エサ取りを浮かせるなどしてしまうので注意すること。

船長の指示に従ってタナを取る。タナを探るのもOK。アタったらサイズを見極める

前述したように「小川丸」では海面からのタナ指示でタナを取る。取材当日はエサ取りがいたので、タナを取る際、ビシは指示ダナよりも2〜3m下までおろす指示が出た。2〜3mよりもさらにビシをおろすとエサ取りを浮かせてしまうからだ。
また、このようなときはコマセをまくのも控えたほうがいいだろう。
船長からの指示がとくになければ、指示ダナよりもハリスの長さの半分ぐらいまでビシを落としてからタナまで巻き上げる。
エサ取りの状況次第で、タナの取り方を工夫することも大事だ。
指示ダナでアタリを待つのが基本だが、「探見丸」を見て反応が浮いていたり、底ベッタリにあるときは、常識の範囲内でタナを探るのもOKだ。
「タナを探ることができる人は、指示ダナの上も下も探っていいですよ。必ずしも指示ダナで待っていないとダメということはありません」とは三上船長。
食いがたっているときは、手返しよく仕掛けを入れ替えるのも大事。仕掛けを入れ替えることは、コマセをまくだけでなく、付けエサのチェックにもなるからだ。
また、アタリを待つときは必ずドラグを調整すること。置き竿にして糸が出ていかないぐらいにしておく。
アタリがあったら、竿を手に持ち、竿を大きく起こしてハリ掛かりさせる。それからラインを巻き取りはじめるが、まず魚のサイズを確認すること。大きいとわかれば無理に巻き取らず、ラインを出しながらやり取りする。
4〜5㎏クラスの大型マダイは、一気に10m以上走ることもあるので、無理に走りを止めず、止まるまでラインを出すようにする。そして走りが止まってから巻き上げるようにする。
やり取りに自信がなければ、竿を起こしたまま、ドラグを調整した状態で電動で巻き上げるようにするといいだろう。慣れないポンピングをするよりは、このほうがラインが弛むことなくバラシが少ないだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

釣った魚を料理する|マダイのおすすめレシピ

マダイの潮汁風雑煮

上品に輝く脂が潮汁の真骨頂!すっきり素朴な味わいのマダイ雑煮

【手順】
①マダイの兜とアラは血合いなどをきれいに落とす。
②鍋に水と昆布を入れ沸騰したら昆布を取り出し、兜とアラを加える。
③再度、沸騰したら中火にしアクを取り約15分ほど煮る。
④塩と酒で味をととのえ、焼いた持ちと兜と一緒に器に盛り付ける。

【秘密の裏技】
関東風の雑煮は、あっさりとした醤油味が多いですが、マダイの潮汁で作った雑煮も、とてもさっぱりとしていて、ホッとする味です。
中骨やアラは湯引きしてから出汁をとらないと濁るので要注意。
基本は塩だけの味付けですが、醤油とみりんを少し加えるとまろやかになりますよ。

刺身盛り合わせ

【手順】
①マダイとマハタは下処理をし三枚おろしにしておく。
②血合い骨の部分を切り取り五枚おろしにする。
③それぞれサク取りしてから皮をひく。
④マダイとマハタを刺身にして盛り付ける。

【料理ポイント】
やはり祝い膳には、マダイの刺身が一番ですね。今回は、それにマハタを一緒に盛り付けました。
今の時期のマハタは脂がのっていて非常に美味しいですよ。釣りたてのマダイの場合は、薄造りにしてもいいですね。

鯛味噌

炊きたて熱々のご飯にピッタリ!自分好みの味に仕上げる「鯛味噌」

【手順】
①下処理したマダイの身を適当な大きさに切り分ける。
②フライパンに油をひきマダイの身を炒めてそぼろにする。
③マダイをそぼろにしてから合わせ味噌と良く混ぜる。
④酒、みりん、砂糖で味をととのえる。

【料理ポイント】
そぼろにしたマダイに味噌を混ぜるだけのお手軽お料理です。ただ、そぼろにするまでには多少時間がかかりますね。
また、鍋が非常に熱くなるので要注意です。
味噌は、ブレンドしてお好みの味で作ると楽しいですよ。

料理人:兼子佳大 撮影:池川一夫 デザイン:今井里美 プロデュース:盛川徹

【協力】
焼き鳥さいか
住所:千葉県市川市欠真間 2-19-16 TEL:047-727-8120

割烹「㐂む良」
住所:千葉県市川市南行徳1-16-8 TEL:047-357-4311

居酒や「兼子」
住所:千葉県市川市福栄1-17-12 TEL:047-397-4553

関連記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
平塚港「庄治郎丸」LTアマダイ船では、開幕から50㎝オーバーの大型まじりで度々好釣果を記録。シロアマダイも5日連続でゲット!一日で2匹取り込まれることも何度か!
最新記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル