MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【駿河湾のアカムツ釣り】ポイントは陸近く、仕掛けと釣り方も公開!

【駿河湾のアカムツ釣り】ポイントは陸近く、仕掛けと釣り方も公開!

こんな陸近くでアカムツが釣れるの? 目の前の船は何? コマセマダイ船団かあ」、こんな会話が世界遺産になっている三保の松原をすぐ目前にする海上で交わされる。駿河湾は急深のところが多く、水深200mまで一気に掛け下がっているところも珍しくない。陸近くであっても、そこはアカムツのポイントとなるという。

冬型の気圧配置でも出船率大。極上アカムツが釣れるぞ!

今夜はこいつをアテに一献。

朝陽をあびて紅く染まる名峰富士山。絵に描いた絶景を見ながらの釣りとなる。

アカムツ釣り名人の龍ヶ崎市の栂安さんは、三保沖で見事本命をキャッチ。誘って掛けた。

ポイントは清水港のすぐ沖。陸から至近だ。

栂安名人は、小さなアタリも逃さずかけて、シロムツ、クロムツ、アカムツのムツ御三家の3点掛けに成功。

こんな近場と思っても水深はこのとおり。急深だ。

レンタルロッドのアングラーが良型アカムツとメイゴ(クログチ)を一荷で釣りあげた。メイゴは非常に美味だ。

丸々としたアカムツが浮上。主食はサクラエビだとか。2kg近い大型も釣れるという。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水「大宝丸」。

タックルはオモリ200号をベースとしたものを。付き仕掛けと吹き流し仕掛けの2種を用意する

オモリは200号。PEラインが3号以下なら150号使用も可能。

毎年、冬季は釣り物に悩まされる。というより、冬型の気圧配置だと西風が吹いて沖へはなかなか出船できないからだ。
しかし、清水「大宝丸」のアカムツは大丈夫。なぜかって!? ポイントが陸近くだからだ。
「海がおだやかな季節は沖へ大型アカムツや大アラを狙いに行きますが、いまの季節は近場の釣り物をメインとしてます。その筆頭がアカムツです。沖へ行かなくても、すぐそこで釣れるんですよ」とは、長橋寿光船長の言葉。

すぐそことはどうういことか? 実際、朝6時巴川河口の船着場に集合。遅い日の出のため、ゆっくりと支度をして出船。クロダイのカセ釣りが盛んな波静かな清水港内を出て、進路を一路右方向へ切り、景勝地三保の松原に沿って進む。
すでに前方には船団が形成されていた。聞くと、三保沖のマダイを狙っているという。
すると、船はストップ。「え? 陸はすぐ目の前だし、すぐそこではコマセマダイ船がいるでしょ??」と思わず口にだしてしまう。
船長の魚探をみると水深230m。ここは一気に掛け下がっているところだという。崖の下に集まるプランクトンやサクラエビなどを捕食するために集まってきたアカムツがターゲットというのだ。

半信半疑で投入すると、第1投目から魚信。40㎝のアカムツが取り込まれた。
長橋船長によると、「ここ周辺のアカムツの主食はサクラエビですね。釣ったアカムツはよくサクラエビを吐き出しますよ。だから、サクラエビの反応が分かればもっと効率よくアカムツが釣れると思いますよ」と話す。

ポイントはもちろん、ここだけではない。陸地にそって急深の200〜300mのそのほとんどにアカムツはいるというのだ。
久能沖から三保沖、興津沖〜由比沖のポイントをめぐれば、半日ではとうてい攻め切れない広さだという。
このポイントの陸地からの近さゆえに西風の影になる。だから、この冬場は出船率が高いのはお分かりいただけるだろう。
ポイントが近いということは、場荒れしているのではないか? とちょっと知識のある人なら思うだろう。船長に聞くと、
「誰もこんな場所攻めませんよ。根とか魚礁とかあるわけではないですから」とのこと。
アカムツは目と鼻の先で生活しているのである。

気になるゲストは、メイゴという大型のグチ。標準和名はクログチ。九州の浅場で釣れる大ニベとは異なる。味はすこぶるよく、魚市場でも高値で取り引きされている高級魚だという。たいていの場合、このメイゴが釣れてお土産になるというのだ。ぜひ、釣ったら食してほしい。

エサはここでもサバの切り身とホタルイカの組み合わせが基本。

さて、タックルについてだが、船長はとくにこだわらなくてもよいと話す。
仕掛けは、胴付き2〜3本バリとテンビン吹き流し用の2種を用意。どちらもオモリ200号を使用する。

よって、200号オモリを操作できる竿ならなんでもよいという。
具体的には7対3もしくは8対2調子の中深場ロッド。泳がせ用でもよい。

リールは中型電動。PE4号を最低でも400m収納してあれば使用可能だ。PE3号でもよい。

長橋船長は、胴付き仕掛けと吹き流し仕掛けの2種をかならず用意してほしいという。
メインは胴付きだが、潮が動かないときやサクラエビの反応があり魚が浮いているときなどはテンビン吹き流し仕掛けで行うという。
胴付き仕掛けは、いわゆる水深200m〜300m用のアカムツ用でオーケー。
幹糸8〜10号。ハリス6〜8号50㎝。ハリは2〜3本。ステ糸は6号を1mほどとればよい。ハリは好みだが、ムツの17号が基本だ。これに浮力系アイテムであるマシュマロボールやフロートパイプを付ける。

吹き流し仕掛けは、幹糸8号、ハリス6号。全長3〜4mでハリスは30〜40㎝。ハリはムツ17号3本バリ。
やはりこれにも、胴付き仕掛け同様フロートアイテムをハリスに装着する。
エサは、オーソドックスなサバの切り身とホタルイカゲソの組み合わせでよい。

ボトムメインに攻める。吹き流しは底からハリスの長さ+1〜2mあげるのみ。海が凪ぎれば、沖の大型アカムツ&オニカサゴもOK

さて釣り方だが、胴付き仕掛けから解説する。
ここのアカムツのほとんどがボトム付近で釣れることから、茨城で行われているタルマセやゼロテンション釣法が有効だ。
そのための10号前後の中オモリを仕掛けと道糸の間に付けるのもオススメだ。

潮の流れがあまり速くないので、オモリをボトムに付けた状態で誘いをいれるのが基本。激しい動きの誘いはNG。誘い動作はスローを徹底する。
「大宝丸」では、一流し1投入という、深場釣りの順番投入方式をとっているので、しっかりとした魚のアタリ以外は投入後すぐに回収することはオススメではない。
ハリは2〜3本あるのだから、本命以外の魚、たとえば、シロムツやギンメダイ、ユメカサゴなど小さい魚が掛かっていたとしても船長の上げての合図までリールは巻かないほうがよい。
アカムツやメイゴの場合、小さくてもかなり明確に竿先に魚信が出る。

さて、テンビン吹き流し仕掛けを使う場合、胴付き仕掛けと吹き流し仕掛けが同時投入されるとオマツリするため長橋船長からテンビン仕掛けに替えて下さいとの指示が出る。
「やはりタナはベタ底ですから、ハリスの長さ分あげていれば十分でしょう。探るならハリスの長さ分+1〜2mでよいでしょう」という。
それ以外は、サクラエビなどの明確な反応が出た場合は、具体的に「底から〇〇mあげてください」との指示が出る。
吹き流し釣りの最大のメリットは追い食いをさせられること。

一匹ヒットしたら、そのタナで待っていると追い食いさせることが胴付き仕掛けよりも簡単だ。
「大宝丸」は沖の深場も得意としているので、海が凪ぎれば希望で石花海周辺のアカムツやオニカサゴも釣らせてくれる。
とくに、オニカサゴは定評があり、小型リリースを徹底することが条件で大オニを釣らせてくれる貴重な船宿でもある。興味ある人は問い合わせてみるとよいだろう。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読