沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

この時期、相模湾のビシアジはサイドメニューが豊富。小坪港「洋征丸」では「アジ&マダイ五目」で出船している。このメニューはイワシミンチコマセでアジ、マダイを狙うというもの。アジは一般的なビシアジだが、マダイは通常のビシアジ仕掛けを太くして、サバの切り身エサで狙う。アジのポイントで掛かるマダイはサイズがいいのが特徴だ。


「今何がアタるのか」を的確に判断して狙いを変えていくのがコツ

アジがアタったら、すぐに巻き上げず、追い食いを狙う。

当日は鎌倉沖でアジの食いが活発だった。

35㎝級の良型。

一荷連発!

こちらはトリプル。

貸し竿のビギナーがワラサをゲット!

イナダは群れが回遊すればダブル、トリプルも!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪「洋征丸」。

相模湾東部のアジはまずまずの好調ぶり。今回取材した小坪港「洋征丸」では、連日トップ40匹台〜50匹台を記録している。
ポイントは小坪沖から城ケ島沖。例年なら城ケ島沖がメインとなるが、今シーズンはちょっと様子が違うようだ。いつも釣れているポイントにワラサ、イナダといった青物が多く、アジの反応がなかったり、あっても動きが速くて食いが長続きしないことがしばしばあるそうだ。
そのため12月中旬の取材では、港からほど近い小坪沖でアジが好調に釣れた。三戸輪沖では海底付近でアジの反応が出て、海底から10〜20m上ではイナダの反応が出た。タナを上げればイナダが掛かるという状況だった。さらに城ケ島沖ではワラサがアタった。泳がせ釣りだけでなく、コマセ釣りでもアタったのだ。
「今何がアタるのか」を的確に判断して狙いを変えていくのがコツだ!

ビシアジ仕掛け、マダイ狙いの仕掛け、タナの取り方

船で用意しているビシアジ仕掛け。食い渋りにはハリス1.7号で!

コマセはイワシミンチ。ビシはポリビシを使う。

船で支給される付けエサはアカタン。アオイソメも持参すれば万全。

マダイを狙う時は、サバの切り身を1㎝角に切ってハリに刺す。サバの切り身は受付時に購入できる。

タックルはビシ130号に対応したビシアジ用があれば、アジ、マダイ、イナダ&ワラサも狙える。アタったときに手持ちで食い込みをサポートすれば、ハモノ狙いの泳がせ釣りにも対応できるだろう。
竿は1.5〜2m前後のビシアジ用がオススメ。このほか130〜150号のオモリに対応した7対3調子の1.5〜2m前後の竿でもOKだ。
リールは小型電動。130号のビシを一日何度も上げ下げするので、パワーのあるモデルがいいだろう。
狙う水深は浅くても60mぐらい。主に水深80〜90mを狙うので、手巻きリールは不向きだ。
道糸は、PEラインの3〜4号を300m以上巻いておくこと。
ビシはボディが樹脂でできたポリビシを使用する。「洋征丸」では130号を使っている。
片テンビンにビシを装着し、クッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。
クッションゴムは1.5〜2㎜の30㎝前後を使う。
仕掛けはハリス1.7〜2号、全長2m前後。ハリはムツ10号の2〜3本バリ。ビギナーは3本バリよりも、2本バリの方がトラブルが少なく扱いやすいだろう。
ここで重要なのがハリスの太さ。「アジはハリスが太いと食いが悪いときがあります。2号を基準に、食いが渋いときは1.7号の仕掛けを使ってみてください」と話す高木船長。
「洋征丸」で支給される付けエサはアカタン。米粒大ぐらいの大きさにカットされているので、一つのハリに1個付ける。
船で支給されるのはアカタンたけなので、アオイソメも持参するといいだろう(船では用意していない)。アオイソメは潮が濁ったときに有効と言われる。また、アカタンで食いが悪いときにアオイソメに頻繁にアタることもよくある。
取材当日、最初に狙った小坪沖でのタナは海底から5mだった。このとき高木洋征船長から「コマセはハリのある位置に狭い範囲でまいてくださいね! ビシが着底したら、すぐに糸フケを取って3m巻き上げて、そこでコマセをまいてください。そしてもう1m巻き上げてコマセをまいてください。そしてタナまで巻き上げてアタリを待ってください」と指示があった。
アジはコマセに反応しやすい魚。そのため、幅広い範囲にコマセをまくよりも、ハリのある位置を予想して、その付近に狭い範囲でまいたほうがアタりやすいのだ。
タナでアタリをまつのは1〜2分。アタらなければ仕掛けを回収して再投入。とくに釣り開始時、またはポイントを移動した直後は手返しよく仕掛けを入れ替えて、アジを船に寄せるようにしよう!
食いがたっているときは、アタったらすぐに巻き上げず、追い食いを待とう。うまくすれば2匹目、3匹目が掛かる。
アジを狙っていると、マダイが掛かることもしばしば。水深80m以上で掛かるマダイはサイズがいいのが特徴。周囲でハリス切れが連発するようなら、仕掛けを太くしてマダイを狙うのもいいだろう。
マダイ仕掛けは、ハリス3号以上、全長2m前後。ハリは太地のムツ10〜12号の1〜2本バリ。エサはサバの切り身。1㎝角ぐらいにカットしてハリに刺す。「洋征丸」では受付時にサバの切り身を購入できるので、マダイを狙う人は買っておこう。
釣り方はアジとほぼ同じ。ただし、アジの反応が高いときは少し低めのタナを狙ってみるのも手だ。
前述したように水深80m以上で掛かるマダイはサイズがいい。ハリス3〜4号でもドラグを締めていてはハリスを切られてしまう。アジとは違う強い引きの場合は、すぐにドラグを緩めること。

イナダ・ワラサの仕掛けと釣り方

ワラサらしきアタリがあると、高木船長がドラグを調整して、やり取りをサポート!

イナダ、ワラサがアタるときの付けエサはヒイカやサバの切り身を付けよう!

アジを狙っているとイナダ、ワラサが回遊してくることもある。そんなときはテンビンから下の仕掛けを替えてイナダ、ワラサを狙ってみよう。
仕掛けはハリス4号以上、全長4.5〜6m。ハリはイセアマ太地10〜12号。エサはヒイカ、サバの切り身、イカのタンザクなど。ヒイカ、サバの切り身は受付時に購入できる。サバの切り身は海中でヒラヒラ漂うように薄く切るのがコツ。
イナダは海底より10m上や20m上に反応が出ることもあるので、指示されたタナの範囲を誘いながら探ってくる。このとき、付けエサがしっかり動くように大きく誘ってくるのがコツ。

ブリ・ワラサ狙いの泳がせ釣り

アジの泳がせ釣りでもワラサはアタる!

泳がせ釣りの場合、仕掛けは孫バリ仕様で! ハリを刺す位置は写真のとおり。

イナダ&ワラサをコマセ釣りで狙う時の仕掛け。

「洋征丸」では、釣れたアジを泳がせてハモノ狙いもできる。12月中旬の時点でハモノ狙いでアタっているのがワラサ、イナダ。また高木船長によると本誌発売頃にはブリ級も期待できそうだとのこと。
仕掛けは上のイラストのとおり。ヒラメのヒットもあるので、孫バリも付けたほうがいいという。ワラサ、イナダがアタるときはハリスは8〜10号。ブリ級がまじるときは12号がオススメ。
エサは釣れた小型のアジがよく、親バリは鼻か上アゴに刺し、孫バリは臀ビレ付近に刺す。
タナは海底から5〜6mオモリを巻き上げた位置。アタったら即アワセは禁物。食い込むまで待ち、竿が絞り込まれたらアワせて、やり取りを開始する。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。


大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。


相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

仕掛けはテンビン吹き流し、ハリス長は約2m。ハリは2本。ボトム釣りなのでいたってシンプルな釣りだが、この単純さゆえにテクニックで釣果に差がはっきりと出てしまう、奥の深い釣りだ。


最新の投稿


波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

波崎沖は釣り初めの候補地筆頭! おすすめジギングゲーム(征海丸)

水温が17度を下回ってからは、ちょっとヒラマサが厳しくなってきましたね。今後はワラサ、ブリを中心に狙っていくと思いますよ」12月中旬に行った取材時、波崎港「征海丸」須之内哲也船長の言葉だ。


ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

ハイパフォーマンスコンセプトロッド「フネタツ 船タコ攻」!

常磐ダコの餌木&テンヤに最適な専用ロッド!FuneTatsuシリーズは、ビギナーからベテランまで、全ての船釣師にご満足頂ける一本を目指したハイパフォーマンスコンセプトロッドのラインアップです。


釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

釣り納めは一発狙いも面白い! 良型・大型コマセマダイ(正一丸)

葉山沖のコマセマダイは、80号のオモリに対応した、標準的なコマセマダイ用タックルがあれば楽しめる。竿は80号のオモリに対応したコマセマダイ用で、長さは2.4〜3.6m。長さは各自の好みで選ぶと良い。


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読