マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

この時期、相模湾のビシアジはサイドメニューが豊富。小坪港「洋征丸」では「アジ&マダイ五目」で出船している。このメニューはイワシミンチコマセでアジ、マダイを狙うというもの。アジは一般的なビシアジだが、マダイは通常のビシアジ仕掛けを太くして、サバの切り身エサで狙う。アジのポイントで掛かるマダイはサイズがいいのが特徴だ。


「今何がアタるのか」を的確に判断して狙いを変えていくのがコツ

アジがアタったら、すぐに巻き上げず、追い食いを狙う。

当日は鎌倉沖でアジの食いが活発だった。

35㎝級の良型。

一荷連発!

こちらはトリプル。

貸し竿のビギナーがワラサをゲット!

イナダは群れが回遊すればダブル、トリプルも!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪「洋征丸」。

相模湾東部のアジはまずまずの好調ぶり。今回取材した小坪港「洋征丸」では、連日トップ40匹台〜50匹台を記録している。
ポイントは小坪沖から城ケ島沖。例年なら城ケ島沖がメインとなるが、今シーズンはちょっと様子が違うようだ。いつも釣れているポイントにワラサ、イナダといった青物が多く、アジの反応がなかったり、あっても動きが速くて食いが長続きしないことがしばしばあるそうだ。
そのため12月中旬の取材では、港からほど近い小坪沖でアジが好調に釣れた。三戸輪沖では海底付近でアジの反応が出て、海底から10〜20m上ではイナダの反応が出た。タナを上げればイナダが掛かるという状況だった。さらに城ケ島沖ではワラサがアタった。泳がせ釣りだけでなく、コマセ釣りでもアタったのだ。
「今何がアタるのか」を的確に判断して狙いを変えていくのがコツだ!

ビシアジ仕掛け、マダイ狙いの仕掛け、タナの取り方

船で用意しているビシアジ仕掛け。食い渋りにはハリス1.7号で!

コマセはイワシミンチ。ビシはポリビシを使う。

船で支給される付けエサはアカタン。アオイソメも持参すれば万全。

マダイを狙う時は、サバの切り身を1㎝角に切ってハリに刺す。サバの切り身は受付時に購入できる。

タックルはビシ130号に対応したビシアジ用があれば、アジ、マダイ、イナダ&ワラサも狙える。アタったときに手持ちで食い込みをサポートすれば、ハモノ狙いの泳がせ釣りにも対応できるだろう。
竿は1.5〜2m前後のビシアジ用がオススメ。このほか130〜150号のオモリに対応した7対3調子の1.5〜2m前後の竿でもOKだ。
リールは小型電動。130号のビシを一日何度も上げ下げするので、パワーのあるモデルがいいだろう。
狙う水深は浅くても60mぐらい。主に水深80〜90mを狙うので、手巻きリールは不向きだ。
道糸は、PEラインの3〜4号を300m以上巻いておくこと。
ビシはボディが樹脂でできたポリビシを使用する。「洋征丸」では130号を使っている。
片テンビンにビシを装着し、クッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。
クッションゴムは1.5〜2㎜の30㎝前後を使う。
仕掛けはハリス1.7〜2号、全長2m前後。ハリはムツ10号の2〜3本バリ。ビギナーは3本バリよりも、2本バリの方がトラブルが少なく扱いやすいだろう。
ここで重要なのがハリスの太さ。「アジはハリスが太いと食いが悪いときがあります。2号を基準に、食いが渋いときは1.7号の仕掛けを使ってみてください」と話す高木船長。
「洋征丸」で支給される付けエサはアカタン。米粒大ぐらいの大きさにカットされているので、一つのハリに1個付ける。
船で支給されるのはアカタンたけなので、アオイソメも持参するといいだろう(船では用意していない)。アオイソメは潮が濁ったときに有効と言われる。また、アカタンで食いが悪いときにアオイソメに頻繁にアタることもよくある。
取材当日、最初に狙った小坪沖でのタナは海底から5mだった。このとき高木洋征船長から「コマセはハリのある位置に狭い範囲でまいてくださいね! ビシが着底したら、すぐに糸フケを取って3m巻き上げて、そこでコマセをまいてください。そしてもう1m巻き上げてコマセをまいてください。そしてタナまで巻き上げてアタリを待ってください」と指示があった。
アジはコマセに反応しやすい魚。そのため、幅広い範囲にコマセをまくよりも、ハリのある位置を予想して、その付近に狭い範囲でまいたほうがアタりやすいのだ。
タナでアタリをまつのは1〜2分。アタらなければ仕掛けを回収して再投入。とくに釣り開始時、またはポイントを移動した直後は手返しよく仕掛けを入れ替えて、アジを船に寄せるようにしよう!
食いがたっているときは、アタったらすぐに巻き上げず、追い食いを待とう。うまくすれば2匹目、3匹目が掛かる。
アジを狙っていると、マダイが掛かることもしばしば。水深80m以上で掛かるマダイはサイズがいいのが特徴。周囲でハリス切れが連発するようなら、仕掛けを太くしてマダイを狙うのもいいだろう。
マダイ仕掛けは、ハリス3号以上、全長2m前後。ハリは太地のムツ10〜12号の1〜2本バリ。エサはサバの切り身。1㎝角ぐらいにカットしてハリに刺す。「洋征丸」では受付時にサバの切り身を購入できるので、マダイを狙う人は買っておこう。
釣り方はアジとほぼ同じ。ただし、アジの反応が高いときは少し低めのタナを狙ってみるのも手だ。
前述したように水深80m以上で掛かるマダイはサイズがいい。ハリス3〜4号でもドラグを締めていてはハリスを切られてしまう。アジとは違う強い引きの場合は、すぐにドラグを緩めること。

イナダ・ワラサの仕掛けと釣り方

ワラサらしきアタリがあると、高木船長がドラグを調整して、やり取りをサポート!

イナダ、ワラサがアタるときの付けエサはヒイカやサバの切り身を付けよう!

アジを狙っているとイナダ、ワラサが回遊してくることもある。そんなときはテンビンから下の仕掛けを替えてイナダ、ワラサを狙ってみよう。
仕掛けはハリス4号以上、全長4.5〜6m。ハリはイセアマ太地10〜12号。エサはヒイカ、サバの切り身、イカのタンザクなど。ヒイカ、サバの切り身は受付時に購入できる。サバの切り身は海中でヒラヒラ漂うように薄く切るのがコツ。
イナダは海底より10m上や20m上に反応が出ることもあるので、指示されたタナの範囲を誘いながら探ってくる。このとき、付けエサがしっかり動くように大きく誘ってくるのがコツ。

ブリ・ワラサ狙いの泳がせ釣り

アジの泳がせ釣りでもワラサはアタる!

泳がせ釣りの場合、仕掛けは孫バリ仕様で! ハリを刺す位置は写真のとおり。

イナダ&ワラサをコマセ釣りで狙う時の仕掛け。

「洋征丸」では、釣れたアジを泳がせてハモノ狙いもできる。12月中旬の時点でハモノ狙いでアタっているのがワラサ、イナダ。また高木船長によると本誌発売頃にはブリ級も期待できそうだとのこと。
仕掛けは上のイラストのとおり。ヒラメのヒットもあるので、孫バリも付けたほうがいいという。ワラサ、イナダがアタるときはハリスは8〜10号。ブリ級がまじるときは12号がオススメ。
エサは釣れた小型のアジがよく、親バリは鼻か上アゴに刺し、孫バリは臀ビレ付近に刺す。
タナは海底から5〜6mオモリを巻き上げた位置。アタったら即アワセは禁物。食い込むまで待ち、竿が絞り込まれたらアワせて、やり取りを開始する。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

相模湾のエキサイティングな夏がやってきた! 名物シイラ釣り(昇丸)

キハダで大盛り上がりの相模湾だが、今期はシイラやカツオも絶好調! これはぜひ取材しなければ…と考えていると、長井漆山港「昇丸」でシイラメインのチャーター船が出船するという情報を聞きつけ、早速取材をお願いして乗船した。


今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

今期絶好調! 相模湾シイラゲームで遊ぶ夏のススメ(庄治郎丸)

不安定が定番のシーズン初期のシイラゲーム。しかし、嬉しいことに今期はシーズン初期から安定感がある。「うちでは5月の終わりから出船を始めました。多少は上下するけど、シイラの数は多い。楽しんでもらえると思いますよ」と話す、平塚港「庄治郎丸」でシイラ船を担当する、世古勇次郎船長。


釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

釣れるものはみんなターゲットだ! 相模湾のLTルアー(島きち丸)

さあ、夏休み目前。子供と一緒に夏の思い出づくりのプランを練っているお父さんお母さんも少なくないのではないだろうか? そんなお父さんお母さんにオススメなのが、片瀬港「島きち丸」のLTルアーだ。


スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

スルメイカ多点掛けが醍醐味! 仕掛けから釣り方まで(春盛丸)

夏を代表的するスルメイカ。相模湾では、これから本格シーズンに突入する。6月後半の時点では、相模湾東部では、長井沖がまずまずの好調ぶり。トップ40杯以上を記録する日も珍しくない。釣れているサイズはムギイカを1、2回り大きくしたニセイカサイズが主体となっている。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読