MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】

沼津沖のタチウオが11月末ごろからコンスタントに数釣れている。なんといってもここの魅力は、タナが浅いこと。当たりダナは深くても40m。例年、年末頃から地元でジンドウイカといわれるケンサキイカの仔イカが表層付近を群れて泳ぐため、それを捕食するためにタチウオも浮く。水深10m以浅、もしくは水面直下でヒットすることもザラだ。

perm_media 《画像ギャラリー》水深浅く手軽に数釣り、沼津沖の夜タチウオ絶好調!【沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

群れに当たればひっきりなしのタチウオのアタリが楽しめる。防寒対策をして気軽にチャレンジだっ!

沼津沖は夜タチウオ船でにぎわう。

ダイワ松永プロ! パターンを掴むと連続ヒット!!

手応え抜群だっ!

歓喜の瞬間だ。

ソナーには時間経過するにつれタチウオの群れが濃く映るようになる。

食べごろ美味タチウオ乱舞!

当日は指3〜4本サイズが多かったが、シーズンが進むにつれドラゴン級もまじるようになる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

「エサはサンマの切り身を使います。タチウオのサイズは指3本〜4本サイズがメインですが、食べておいしいので、お客さんには喜んでもらってますよ」とは、静浦港「真成丸」の高橋判船長。
エサ釣りの釣り方は2通り。ルアーのように積極的に動かしながら活性の高い個体を選んで掛ける方法と、指示ダナ付近で置き竿でアタリを待つ方法。
どちらかといえば、前者のルアー的な釣り方が好調のようで、群れに当たればひっきりなしのタチウオのアタリが楽しめる。
「真成丸」のキャビン内にはポットと電子レンジはむろん、キャビンの外の手すりのなかにはヒーターを通してあり暖かい。これを掴むだけでも手がかなり温まる。
春まで楽しめる夜タチウオ。サイズ数ともに上昇してくるのはこれから。防寒対策をして気軽にチャレンジ!

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル