MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

今回もしっかりと着込む準備をして向かったのは茨城の日立港。ただでさえ寒いのに、より寒そうな茨城北部エリアへ何故行くの? と聞かれれば、行く価値大有りだからである。市場でも常磐物と呼ばれワンランク上の扱い、大ビラメの確率が高く10㎏オーバーも夢ではない、味良し型良しなのが日立沖のヒラメだ。

perm_media 《画像ギャラリー》そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】の画像をチェック! navigate_next

連日3kg級が顔を出し、数もトップ5枚〜6枚と安定。初釣りは、大ビラメを狙ってみてはいかがでしょう?

まだ冬の海に変わらず、遅れ気味だった日立沖のヒラメだが、そろそろ本番気配。大ビラメ狙いに出かけてみては。

大ビラメの引きは強い。ハリス切れもあるので、慎重にやり取りしよう。

このサイズはコンスタントに数釣れている。今後は型に期待!

ポイントは港近く。こんな堤防近くも釣り場なので、多少風が吹いても安心。

ゲストでソイなどの根魚も。

イナダも。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立港「日立丸」。

毎年大ビラメに沸く日立沖。今季はイワシの回遊が遅れ、目下は根着きのヒラメを狙っている状態だが、連日3kg級が顔を出し数もトップ5枚、6枚と安定している。
「毎年今時期は親潮の影響を受け、近場でも北から南に流れる潮になるんだけど、今年は黒潮の影響が強くまだ南からの潮なんですよ。こんなことは20年以上経験無いんだけどねー。その影響かイワシの回遊が遅れている。まあ、今年は海が一ヶ月遅れていたから、年末から年始にかけてイワシも回ってくるんじゃないかな。その頃には水温も下がって、日立らしい大ビラメがバンバン上がるようになると思うよ」とは日立港「日立丸」の稲川浩延船長だ。
イワシを追って渡りのヒラメが回って来れば、いよいよ日立沖の大ビラメシーズン開幕。日立沖のヒラメ釣り場は港から10分程度の近場が多く、沖堤の内側などはまるで港内のような静かな海で釣りが楽しめる。
新春の釣りは、大ビラメでどう!?

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル