MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

茨城県のヒラメ釣りは12月に全面解禁を迎えたが、各地で好調な釣れっぷりを見せている。鹿島沖もまたアツい釣りが展開されている。

perm_media 《画像ギャラリー》鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

第1投からヒットがあり、バタバタと連続して釣れる。1㎏クラスが主体だが、時折2㎏級も!

この日、前半は30mダチで良型狙い、後半は港前でイワシの反応にぶつける作戦が見事に奏功し、3㎏近い良型が連発した。

実測で2.8㎏クラスが多かった。

イワシ反応では高いタナで良型が果敢にアタックしてくる。1月はさらにアツくなるぞ!

重量アップで引き味も抜群だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

「今年は数は例年並み。特別多いというわけではありませんが、サイズはそろっていますよ」と、鹿島港「植田丸」の植田竜也船長は言う。
この日は、「サイズが良い」という北寄りのポイントへ。水深は30mほどだ。ここでは第1投からヒットがあり、バタバタと連続して釣れあがる。1㎏クラス主体だが、時折2㎏級も。
「数もいいですが、やっぱりここは良いサイズを狙いたいですね」
そしてラストは港の目の前へ。ここにはイワシの群れが入ってきているようで、反応を見て直撃。イワシを追ってきた良型ビラメが連発した。
「これから身がどんどん厚くなっていきます。1月はイワシも多くなり大型のチャンスです」

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
最新記事
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル