MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

新年初釣りはこれで決まり! 2018年のスタートにオススメなのが片貝沖のハナダイ五目だ。縁起のいい看板ハナダイやマダイは良型揃い。イシダイ、イシガキダイやハタ、青物など高級五目釣りが楽しめる。連日、クーラーボックスは色とりどりの魚種で大賑わいの欲ばりメニューだ!

ハナダイは刺身はもちろん、皮を引かない湯引きは皮の脂部分が絶品のうまさ。小型は三枚におろしてテンプラや唐揚げもオススメだ

片貝沖では大型ハナダイが好調だ!

ハナダイは引き味も抜群。

こちらも良型!

掛かり所がよければ抜き上げてもいいが、サイズのいいハナダイはタモで確実に!

40㎝に迫る大型ハナダイ!

ポイントは片貝沖の水深25〜30m。

空バリ+オキアミで狙う。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

片貝旧港「直栄丸」では、ハナダイ五目が連日絶好調。狙うポイントは片貝沖の30m前後、良型のハナダイ主体にイシダイ、イシガキダイ、ハタや青物など高級魚揃いで楽しめる。40㎝を超えるハナダイやマダイも顔を出し、ハリス切れやバラシも続出している。
釣り方は、ビシの着底を確認したら、素早く糸フケを取る。シャクリは「1、2」と優しくシャクッて「3」で食う間を作ってアタリに集中する。
「今の時期は食う間を長めに取って、竿先に変化が出たらそれがアタリです。アタリがあったらアワせずに、ゆっくりと巻きアワせることが大切です」と山本義雄船長。
アワせると魚が散ってしまい、巻きアワセの場合はアワセが決まらなくても再びアタリが訪れるという。
また活性が上がればダブル、トリプルもあるので、そのような時は手返しのいい釣りをして数を伸ばそう。
ハナダイは刺身はもちろん、皮を引かない湯引きは皮の脂部分が絶品のうまさ。小型は三枚におろしてテンプラや唐揚げもおすすめ。昆布締めや酢締め、カルパッチョも試していただきたい。どんな料理にもマッチするのがハナダイの特徴だ! 「この時期は味噌仕立ての鍋がいいですね。お腹がパンパンのウマヅラハギは肝和えも最高です」と船長が教えてくれた。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読