片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

片貝沖のハナダイ五目はゲストも多彩で楽しめるぞ!【片貝沖】

新年初釣りはこれで決まり! 2018年のスタートにオススメなのが片貝沖のハナダイ五目だ。縁起のいい看板ハナダイやマダイは良型揃い。イシダイ、イシガキダイやハタ、青物など高級五目釣りが楽しめる。連日、クーラーボックスは色とりどりの魚種で大賑わいの欲ばりメニューだ!


ハナダイは刺身はもちろん、皮を引かない湯引きは皮の脂部分が絶品のうまさ。小型は三枚におろしてテンプラや唐揚げもオススメだ

片貝沖では大型ハナダイが好調だ!

ハナダイは引き味も抜群。

こちらも良型!

掛かり所がよければ抜き上げてもいいが、サイズのいいハナダイはタモで確実に!

40㎝に迫る大型ハナダイ!

ポイントは片貝沖の水深25〜30m。

空バリ+オキアミで狙う。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

片貝旧港「直栄丸」では、ハナダイ五目が連日絶好調。狙うポイントは片貝沖の30m前後、良型のハナダイ主体にイシダイ、イシガキダイ、ハタや青物など高級魚揃いで楽しめる。40㎝を超えるハナダイやマダイも顔を出し、ハリス切れやバラシも続出している。
釣り方は、ビシの着底を確認したら、素早く糸フケを取る。シャクリは「1、2」と優しくシャクッて「3」で食う間を作ってアタリに集中する。
「今の時期は食う間を長めに取って、竿先に変化が出たらそれがアタリです。アタリがあったらアワせずに、ゆっくりと巻きアワせることが大切です」と山本義雄船長。
アワせると魚が散ってしまい、巻きアワセの場合はアワセが決まらなくても再びアタリが訪れるという。
また活性が上がればダブル、トリプルもあるので、そのような時は手返しのいい釣りをして数を伸ばそう。
ハナダイは刺身はもちろん、皮を引かない湯引きは皮の脂部分が絶品のうまさ。小型は三枚におろしてテンプラや唐揚げもおすすめ。昆布締めや酢締め、カルパッチョも試していただきたい。どんな料理にもマッチするのがハナダイの特徴だ! 「この時期は味噌仕立ての鍋がいいですね。お腹がパンパンのウマヅラハギは肝和えも最高です」と船長が教えてくれた。

以上の記事は「つり丸」2018年1月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝沖のハナダイ&イサキでクーラーボックスいっぱいだ(勇幸丸)

片貝港「勇幸丸」で出船しているイサキ、ハナダイのリレー船が好期に入った。特にイサキは抱卵時期で、白子、真子を持った良型イサキが釣れ盛っている。


メッチャ楽しい五目釣り! 大型イサキ&大型ハナダイ中心(勇幸丸)

メッチャ楽しい五目釣り! 大型イサキ&大型ハナダイ中心(勇幸丸)

これから6月いっぱいぐらいは、片貝沖のイサキがベストシーズン。片貝旧港「勇幸丸」は、イサキに加え片貝沖でほぼ周年狙うことのできるハナダイもリレーで狙うイサキ五目乗合で出船している。


初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

初夏のイサキ&ハナダイ五目、豪華リレーで出航だ!(勇幸丸)

片貝旧港「勇幸丸」では、今の時期、イサキ・ハナダイ五目という豪華なリレーメニューで出船している。最初は航程1時間ちょっとの太東沖でイサキ狙い。その後、片貝沖でハナダイメインの五目釣りだ。


良型多くLTだから面白い! 午後船で狙うハナダイ&アジ【片貝沖】

良型多くLTだから面白い! 午後船で狙うハナダイ&アジ【片貝沖】

片貝沖のハナダイ&アジの午後船が、4月に解禁した。12月いっぱいまでと期間限定だが、片貝旧港「勇幸丸」ではLT五目船として出船している。


絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

気温が上がり、水温も上昇していよいよ沖釣りの本格シーズンに突入した。好調な釣り物は数あれど、「絶好調」なものは意外に少ない? そんな中、絶好調の釣り物がありました。それが、片貝沖のハナダイ五目だ。そんな情報を得て、4月17日に「直栄丸」に急行した。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読